« 蛍の光 | トップページ | Did they know it was Father's Day? »

2007年6月17日 (日)

吹田聖書福音教会のコンサート礼拝

私が通っている吹田聖書福音教会では、年に数回、クリスチャンミュージシャンをお招きして”コンサート礼拝”を行っています。今日はレインボーミュージックジャパンのお二人(佐々木潤さん、佐々木静さん)が来て下さり、美しい賛美を聞かせてくださいました。特に旧約聖書の詩篇103篇は私の好きな聖書箇所ですので、詩篇103篇1~5節にメロディーをのせた賛美「詩篇103」は心に染み入る歌でしたし、教会でよく歌っている「とわに礼拝します」を賛美しているときは本当に神の臨在が会堂に満ちているようでした。佐々木潤さん、静さんも回衆の皆さんが歌い込んでいる曲でスムーズに心を一致させて賛美が出来たことを感じられたのではないでしょうか? 私はいつも、クリスチャンが一流の音楽の才能を発揮して神様に奉仕している姿を拝見すると、必ず感心し、励まされます。おそらく、いくら成熟したクリスチャンであっても、いつも霊的な状態がベストではないと思うからです。苦難の中を通らされたり、こころみの中にあることもきっとあるでしょう。そんなときも賛美によって神の栄光を表し、キリストの愛を伝え、信者の信仰を励ますことは並大抵のことではないと思います。今日のような賛美を聴くたびに、私も常に神様に顔を向けて生活したいと思うわけです。

        詩篇103篇1~5節
    わがたましいよ。主をほめたたえよ。
    私のうちにあるすべてのものよ。
    聖なる御名をほめたたえよ。
    わがたましいよ。主をほめたたえよ。
    主のしてくださったことを何一つ忘れるな。
    主は、あなたのすべての咎を赦し、
    あなたのすべての病をいやし、
    あなたのいのちを穴から贖い、
    あなたに、恵みとあわれみとの冠をかぶらせ、
    あなたの一生を良いもので満たされる。
    あなたの若さは鷲のように、新しくなる。
          (新改訳 日本聖書刊行会)

|

« 蛍の光 | トップページ | Did they know it was Father's Day? »

聖書・教会」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/409355/6822493

この記事へのトラックバック一覧です: 吹田聖書福音教会のコンサート礼拝:

« 蛍の光 | トップページ | Did they know it was Father's Day? »