« 50回目のプログレス | トップページ | アブラハムの信仰(心の留学準備) »

2007年6月24日 (日)

ビザ申請(その1)

ビザ申請に必要なDS-2019が出来上がったようです。あとはこれがStanfordの所属ラボでの確認を受けてこちらに送られてくることになります。ということで、あと1〜2週間で手元に届けば7月中に総領事館で面接し、J1-Visaが発行される見通しです。Visaが無いと、もちろん渡米できないのもありますが、荷物も事前に送ることができません。

最近の留学経験者の先輩方の話によると大学が一番の律速段階になるので、しつこいくらいDS-2019を要求するようにとのことでした。これで、第1関門を突破ということになります。まずは、ほっとしました。

また、嬉しいことに年間約900万円で3年間の研究助成も、第1選考を通過したみたいなので、これからそのグラント申請も向こうのボスとやりとりしながら進めていきます。また私のフェローシップもボスが学振やHFSPより高額の、いいのを見つけてきてくれたので、それも同時進行です。頑張らないと!


|

« 50回目のプログレス | トップページ | アブラハムの信仰(心の留学準備) »

海外留学」カテゴリの記事

渡米準備」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/409355/6854256

この記事へのトラックバック一覧です: ビザ申請(その1):

« 50回目のプログレス | トップページ | アブラハムの信仰(心の留学準備) »