« 依頼原稿まみれ | トップページ | 国際免許証を取りました。 »

2007年7月22日 (日)

NOVAのポイント消化法

いつでも好きなときに予約がとれる×→とれない、英会話NOVAですが、グループレッスンでポイントが消化しきれないという方で、お茶の間のテレビ電話回線までの出費はいらないというNOVA会員の方におすすめの方法があります。

それは、「ルーム&マルチメディア併用法」です。

ここで言う「マルチメディア」とは教室に備え付けのテレビ電話を使用するレッスンのことです。
こうすれば、これまでのルームレッスン4単位に加えて、マルチメディアで4単位の予約が可能になるので、ルームの予約が入らなくてもマルチメディアで入れることができ、被害が少なくなる可能性があります。
ただし、施設利用料金が1000円/回かかりますが、ポイントを捨てないといけなくなるリスクのある場合は『肉を切らせて骨を切る』と思ってトライしてみてもいいのではないでしょうか?

マルチメディアで強化レッスン(文法、リスニング、語彙、発音など)で弱点を補強すると、普通のレッスンに飽いた方(私などテキストを3周くらいしています。)は違う教材でのレッスンになります。これでも、グループとマンツーマンができますが、マルチメディアで”ラッキープライベート”(グループで申し込んでいたけど、たまたま一人しか予約がないケース)はまずありませんので、マンツーマンをおすすめします。特に文法などは次から次へと例文を消化していかないと意味がないので、グループで他の人が考えているのを待つ時間が無駄になります。インストラクターのレベルの低さでも悪名高いNOVAですが、レベル3対象の強化レッスンにはそれなりに賢そうな先生がついている印象があります。

また、マルチメディアというやりにくい環境の中、マンツーマンで、強化レッスンを40分はそれなりに疲れますが、その後でルームでレッスンをやると、なんともスムーズに会話が弾みます。

私はこの方法で、ポイントを消化し、残すところ、1ポイントのみとなりました。この1ポイントも残り3枚のVOICEチケット(フリーディスカッションのチケット)の有効性を保つ為に残しているのみです。予約を消化させず、利益を得て来たNOVAのやり方に対抗するには、少しもったいないことには目をつぶって、このようにマルチメディアの強化レッスンをマンツーマンで入れながら(ルームレッスンでのマンツーマンはテキストに飽きてくるのとインストラクターに3ポイント消化させる価値がないのでおすすめしません)ポイントを消化するという方法もありますので、NOVA会員でお困りの方、お試しになってください。

|

« 依頼原稿まみれ | トップページ | 国際免許証を取りました。 »

語学・英会話」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/409355/7247022

この記事へのトラックバック一覧です: NOVAのポイント消化法:

« 依頼原稿まみれ | トップページ | 国際免許証を取りました。 »