« 頭が痛いときの頭の痛まない話(その2) | トップページ | 留学と結婚〜その似て非なるもの〜 »

2007年7月 4日 (水)

ビザ申請(その2)

詳細は妻のブログに譲りますが、何とかJ1-ビザの面接予約までこぎつけました。DS-2019を受け入れ先から発行してもらい、DS-156なるものをオンラインで作成し、そこから得られた番号をもとに駐大阪・神戸アメリカ総領事館のウェブサイトから予約を入れるというやり方でした。開いているところに予約を入れようとすると「いっぱいになりました。他で予約を取り直してください。」と表示されましたので、結構みなさん、どんどん予約を入れられているようです。3時間待ちとかいう話も聞くので、予約を入れた7月18日は一日仕事になりそうです。

面接さえパスすれば出発日を固定できるので、一気に準備が進むはずです。それまでに財産証明(私の場合、向こうで給料をもらえるので不要ですが、念のため。)やNo Patient Care Letter (医師でもある私が、今回の渡航では臨床に携わらないことを約束する手紙〜受け入れ側が発行:スタンフォード側は要らないんじゃないかと言っていますが、要るような気がします。でも出さないで済んだドクターもいるようです。)も準備しておこうと思います。

|

« 頭が痛いときの頭の痛まない話(その2) | トップページ | 留学と結婚〜その似て非なるもの〜 »

海外留学」カテゴリの記事

渡米準備」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/409355/7024868

この記事へのトラックバック一覧です: ビザ申請(その2):

« 頭が痛いときの頭の痛まない話(その2) | トップページ | 留学と結婚〜その似て非なるもの〜 »