« デラックスな初日♡ | トップページ | 時差ぼけ、右車線との戦い »

2007年8月23日 (木)

記憶に残る夕食

鍋で炊いた白飯
日本食スーパーで買ったキムチ
タラのホイル焼き
カボチャと人参の煮物
ほうれん草のおひたし
インスタントみそ汁

以上がnori-tanが限られた食材の中で、慣れないキッチンで用意してくれた初めての夕食でした。料理が得意なのにその腕を十分に生かしきれないnori-tanに対照的に私や子ども達はnori-tanの努力に感謝し、スーツケースを二つ並べた食卓について楽しく食事をしました。
「これは、死ぬまで忘れられない食事になるね。」と私が言うと、
「死んでも忘れへんと思うわ。」とmoinori。
そう、キリストにあって天国に結びつけられている私達にはそのような希望があるのです。

ユニットバスでキャーキャー言いながら私と子ども達の3人で入った初風呂。

床に直にマットレスを敷いて寝たものの、おじいちゃんやおばあちゃんが恋しくて泣くayumi。
「もう泣くのはおやめ。」という私達に対し、
「涙は出した方がええねんで。」という minori。

私達がこのアパートで暮らす初めての夜は、まさにキャンプに来たような感じですが、これからのセットアップ(今日は、Sさんの助けを借りて、銀行の口座開設とクレジットカードの作成、Social security officeの訪問、日本食スーパーで買い物などをしました。)のひとつひとつが記憶に残るものであるような貴重な日々を過ごしているような気がします。

|

« デラックスな初日♡ | トップページ | 時差ぼけ、右車線との戦い »

生活のセットアップ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/409355/7683033

この記事へのトラックバック一覧です: 記憶に残る夕食:

« デラックスな初日♡ | トップページ | 時差ぼけ、右車線との戦い »