« サンノゼ:米国最大級のフリーマーケット | トップページ | iPhone activation との戦い−(番外編) »

2007年9月 9日 (日)

日曜礼拝シリーズ:A Man after God's own heart

今日ははじめて教会で礼拝前のフェローシップに出席しました。夫婦で出席する聖書クラスでした。はじめに担当の夫婦が今日のトピックスである「断食祈祷について」の説明をしたあとで、自分の経験や考えをテーブルごとでディスカッションしました。私達のテーブルでは断食の経験者はいなかったのですが、断食をすることで食事のことにとらわれず、聖書の言葉と祈りに専念できるのでは?というディスカッションをしていました。一方で、お腹がすくと食べ物のことばかり考えちゃうよね〜。だから何の為に断食祈祷しているかをしっかりさせておく必要があるよね〜。などとも話し合いました。このフェローシップのあとで、中国系のスタンフォードの教授夫婦がいろいろ話して下さり、学校のこと、かかりつけの小児科医のこと、スタンフォード大学にいる小児科医の知り合いの事などいろいろ教えてくれました。

礼拝は今日も素晴らしいワーシップリードと素晴らしいメッセージでした。今日はダビデとゴリアテの話でしたⅠ Samuel 17(←クリックすると英語の聖書箇所が現れます)からの話でしたが、
後にイスラエルの王となった羊飼いダビデから学ぶ、神のみこころに適う人(A Man after His own heart)は、
1:天国に将来の望みをおき、
2:過去に神様が自分にしてくださったことから学び、
3:今この瞬間、神に信頼をおく
人であるという内容でした。2の内容の時に、数人の礼拝出席者から自分の体験を分かち合ってくださり、アルコールやドラッグから数年前に立ち直らせてくれたこと、そのような経験があったから、同じ問題で苦しんでいる人たちのニーズに応えられるのだということを話される方がいました。「そして、先週、そのような人たちのための集会で15人の人たちがキリストを信じ、変えられたのです!神様はこの教会で素晴らしい働きをしてくださっています!」と証をしておられました。ハレルヤ!

この教会は厳格な教会員制度などなく、”毎週来るつもりならそれで会員”らしいです。なので、今年の教会報にも写真付きで載せてもらえることになりました。今週の金曜日の夕方に教会に行ってきれいな写真を撮ってもらいます。写真を撮ったら、無料でその写真をもらえるらしく、太っ腹な教会に感謝するとともに、今年の家族写真に加えたいのでちょっとこましな格好でいこうと思います。ラッキー!
(写真はスタンフォードショッピングセンター内の”ガラスのパンプキン”ディスプレイ)

Dscf0874
Dscf0872
Dscf0868


|

« サンノゼ:米国最大級のフリーマーケット | トップページ | iPhone activation との戦い−(番外編) »

日曜礼拝シリーズ」カテゴリの記事

聖書・教会」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/409355/7879930

この記事へのトラックバック一覧です: 日曜礼拝シリーズ:A Man after God's own heart:

« サンノゼ:米国最大級のフリーマーケット | トップページ | iPhone activation との戦い−(番外編) »