« ミーティング!ミーティング!!ミーティング? | トップページ | スタンフォードに送り込まれた日本の頭脳たち? »

2007年9月21日 (金)

Oh, I actually have a bad news.

7月末にバタバタと投稿した、kasonと私の力作である初のフェローシップ申請の結果がメールで帰って来ました。

お決まりの褒め言葉がツラツラ・・・と書かれてある時点で、不採択だな、と分かりました。
フェローシップ申請は、先日提出したものに加え、次々とやってきます。そこをPIであるkasonはポスドクのうち、誰に出させるのが適切かを考えて声をかけて下さっているようです。先日提出したものは半年毎に受け付けていますし、このフェローシップも来年もチャレンジできます。

しかしながら、よく考えると論文はある程度は何度もチャレンジできるのに対して、グラント申請や、フェローシップはどちらかというと、一発勝負です。日本で大学院生をしていたときよりも自分が研究に労力を注ぎ込むための資金ということをここに来て実感しています。Podcastで聞けるセミナーでは、グラント申請は締め切りギリギリまで持っていてはいけません!というメッセージを強調していました。次は頑張ります。

|

« ミーティング!ミーティング!!ミーティング? | トップページ | スタンフォードに送り込まれた日本の頭脳たち? »

研究」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/409355/8060144

この記事へのトラックバック一覧です: Oh, I actually have a bad news.:

« ミーティング!ミーティング!!ミーティング? | トップページ | スタンフォードに送り込まれた日本の頭脳たち? »