« Two are better than one | トップページ | NOVA 潰れゆく母校・・・。 »

2007年10月24日 (水)

アメリカ(人)の散髪屋さん

・・・は質が悪いとは聞いていましたが、そんな情報を時には自分で確かめたい私は、先日、思い切って現地の理髪店に行ってきました。

まずは、髪を濡らすことなくチョキチョキ。前髪は一文字にバチバチと切られ、刈り上げは横と後ろがちぐはぐでした。(家に帰って後ろが異様に残されていることに気付きました。)しかもモミアゲは前が下がっているのならともかく、その反対で前が上がっています。(しかも左だけ!!)

おっちゃん!!身体を曲げて切ったからって、モミアゲまで傾けんでもええやん!(^^)

切ったのは数日前なのに、今日になって、中国人のjuryとchieから、とうとう笑われました。
jury「やっぱり、おかしい。まっすぐやん!」
chie「髪の毛の塊がポツンっと乗っかっているみたい」
hide-tan 『モミアゲなんか反対やで〜。』
chie 「8ドルのアメリカ人の床屋に行ったでしょ!」
hide-tan『アメリカ人のとこやけど16ドル払ったで。』
jury「よけいアカンやん!」

・・・・chieから、今度は東洋人のやっているところに行くようにと強く諭されました。
アメリカ人のnickのヘンな髪型の訳がわかったので、彼にはアドバイスを求めないつもりです・・・。

|

« Two are better than one | トップページ | NOVA 潰れゆく母校・・・。 »

アメリカ生活」カテゴリの記事

コメント

昔、チップを払って驚かれたことがあるので、払わなかったのですが、アメリカ人のラボメンバーによると、「どっちでもいいけど、1〜2ドルくらい払ったらいいんじゃない?それ以上は要らないよ。」と言われました。彼はアトランタ出身です。

投稿: hide-tan | 2007年10月26日 (金) 08時34分

サンアントニオで初めて床屋さんに行ったときは、(床屋に行きたてでまともな髪型の)自分の顔写真を持って行き、”こんなかんじにしてちょうだい”方式でオーダーしました。

ところで、チップってどうされました?

投稿: かんちゃん | 2007年10月26日 (金) 05時42分

kwadaさん
こちらの(日本人の主婦仲間)情報では、日本人のところは50ドルくらいするそうです。(それでも流行るみたいです)
cut my headまではいきませんでしたが、いざリクエストをするとなると難しかったです。恥ずかしながら、eyebrowという単語が出てきませんでした。

投稿: hide-tan | 2007年10月26日 (金) 00時08分

そうそう、そういえば、 LAにいたとき、わたしも日本人がやってる美容院にいきました。安くてよかったですよ。西海岸には日本からも向上心あふれる美容師さんがたくさん修行にきてるばずですので、さがせば結構いると思いますよ。オジさんでも美容院へいけばいいんですよ。ところで、笑い話ですが、日本人が散髪屋へいって、cut my head,please. といってビビらせたとか、、、、。kwada

投稿: kwada | 2007年10月25日 (木) 23時58分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/409355/8607743

この記事へのトラックバック一覧です: アメリカ(人)の散髪屋さん:

« Two are better than one | トップページ | NOVA 潰れゆく母校・・・。 »