« ハロウィーンになると思い出す二人 | トップページ | 長距離ドライブにチャレンジ! »

2007年10月31日 (水)

学会ポスターのプリントアウト

11月3日からはじまる学会で日本でいる時に出した演題を発表する私。今日の朝のラボミーティングでみんなに見てもらい、OKをもらいました。(言っても、よそのラボのデータなので、必死で直す必要もないのですが・・・。)

午後4時までに2つの実験と、ボスとのミーティング、発表ポスターのいくつかのマイナーチェンジをしてからFeDexKinkoに走りました。ここはおなじみの運送会社FeDexのビジネスセンターなのですが24時間営業でとても便利です。ラボの人に聞くと、「大学内でも出来るけど、Kinkoの方が早いし、安い。しかも今頃行ったら混んでるよ」と言われ、その真偽を検討する余裕もなく、Kinkoでプリントアウトをしてもらうことにしました。

ポスターは幅5フィートまで(160cmくらい)の印刷が出来るとのことで、今回の発表にはぴったりでした。

ポスターの場合、Proofをもらうまでに24時間かかり、そこからプリントして明くる日に取りに来いと言われたのですが、「明日は取りに来れないので、学会のホテルに送って下さい」とお願いしました。(何と言ってもFedExですから!)
結局はその場でProofのプリントはしてくれたのですが、プリントアウトしたポスターのひな形からFigure(データの図表や写真など)が抜けていました。万事休す??大型ポスターはあきらめるべきか??と一瞬思ったのですが、マックのコンピューターでやり直してもらえるように頼んで、マックが出来る人をよんでもらい、なんとか事無きを得ました。それにしても控えも何も渡されなかったのですが、ちゃんとホテルに配送してくれるのかどうか不安・・・。
(*後日記:きれいに仕上がったポスターがちゃんと送られてきました。)
写真:スタンフォードショッピングセンターでのTrick or Treat!
あちこちの高級ブランド店も店先でキャンディー配りをしていました。期待していたGODIVAからもらえたのは市販の普通のキャンディーでしたが、See's candyでは本当に美味しいビターチョコ味のロリポップをもらえました。「うわ!ロリポップ!ヘンな風に光っているわ!これは、大人しか食べてはいけないキャンディーやでー。」という悪い大人のTrickに快く騙されてくれた二人の娘。おかげで私たち親達も、甘い甘いハローウィーンのおこぼれに与りました。)

3858
3860

|

« ハロウィーンになると思い出す二人 | トップページ | 長距離ドライブにチャレンジ! »

アメリカ生活」カテゴリの記事

研究」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/409355/8723630

この記事へのトラックバック一覧です: 学会ポスターのプリントアウト:

« ハロウィーンになると思い出す二人 | トップページ | 長距離ドライブにチャレンジ! »