« Happy Boss's Day | トップページ | ここだけの話...。 »

2007年10月18日 (木)

Unhappy Cells

私の培養細胞が、なんともUnhappyな顔つきだったので、もしやと思いましたが、やはりFBS(細胞の栄養になる成分)を入れていない培養液で培養してしまっていました。この前の細胞吸い出し事件といい、なんともお決まりのごとく基本的なミスばかりの私です。(反省・・・。)

「細胞も培養液も僕のを使ったらいいよ。」と親切なjinですが、自分の実験で必要なものはすべて自分で作り直し、必要なものをリストアップしてchieにオーダーしてもらいました。

さて、毎週木曜日の夕方は学生〜ポスドク対象の神経科学のクラスに出席しています。
(ポスドクは学生扱いなので、いろんなコースを受講出来て、高い学費を払っている学生達のおこぼれに与っています。そうでなくとも週に2回くらいは神経科学のセミナーが開かれていて、ただでさえ賢いスタンフォードの学生はますます優秀になっていくのです!!)

教授のsuperviseのもとで大学院生が神経科学に必要な様々な実験の手法を基礎から解説してくれる講義で、毎回ジョークまじりのスライドを挟んだり、お互いに質問しあったりしながら楽しく学んでいます。私は院生時代に指導教官のM先生と、他の若い小児神経科医、新生児科医とともに英語の教科書(下記)を通読したことがあるので、良い復習になっています。(写真:講義室のあるClark CenterからMain Quadをみたところ)
Img_0047
・・・とエラそうなことを書いていますが、実際は、講義で「へ〜!」と思ったことが、実は教科書に昔、私が線を入れていたりするので、教科書も読み返さないといけないなと思うこの頃です。

Neuroscience


おすすめポイント:
内容的には神経解剖、細胞生物学、神経生理学など神経科学全般を網羅しています。また基礎から臨床までの記述がなされていますし、その分野も発生学、感覚に関する記述、精神科的なところまで多岐にわたっています。
英語も読みやすくおすすめです。(ただし、私が読んだのは旧版です。)


Neuroscience



Neuroscience


|

« Happy Boss's Day | トップページ | ここだけの話...。 »

研究」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/409355/8501817

この記事へのトラックバック一覧です: Unhappy Cells:

« Happy Boss's Day | トップページ | ここだけの話...。 »