« Point Loma/Loma Linda | トップページ | 学会レビュー! »

2007年11月 8日 (木)

Loma Linda大学

今日はN先生(昨日のブログ参照)にLoma Linda大学の医学部と付属病院を案内していただきました。
病棟の病床数、医師の数の数の桁が違う、他職種の人たちが参加して回診を行い、薬のオーダーもその場で行えるというシステム、専門看護師の臨床レベルの高さなど、日本とは全く異なる病院診療の形態に驚きました。
4266

日本の大病院(とくに大学病院)ではここまでするのは不可能かも・・・と思ってしまいましたが、そういった限界をなぜ感じるのかということを口にすることさえ恥ずかしくなるような気がしました。ロマリンダ大学病院の良いところは患者さまに奉仕しようという”良きサマリア人”(写真)の精神がスタッフ全体に行き渡っていることだというN先生の言葉に私としても恥ずかしいと思う気持ちとともに胸を熱くさせられました。

4284

冷静に考えると、アメリカと日本の医療の違いは、ひとことで言ってしまうならば、「医療に対する意識の低さ」かもしれません。ここまでのものを築きあげるには一部の心ある人たちの情熱と犠牲だけではとても無理です。やはり社会全体としての意識改革が必要だと思わされました。そもそも医療とはなんなのでしょう? 健康であることを見守ることも、病気や怪我から立ち直る手助けをすることも、そのようなものから身を守る手だてを講ずることも、それらで苦しんでいる人たちとその家族の生活を支えることも、すべては本来、非常に大切なことであるはずです。もっと関心が寄せられ、もっと予算が割かれ、医療に携わる医師や看護師、医療事務を含めたコメディカルに至るまで、もっと厳しく高い水準を突きつけられてもいいし、もっと高い倫理感をもって献身的に働くという姿勢もトレーニングされるべきなのです。そして、はっきり言って、逆に社会としては、そのような医療従事者をリスペクトし、彼らに対する、それなりの報酬を確保すべきだと思うのです。アメリカがこれらを実践しているとは言えませんが、少なくとも中流以上の家庭とある程度の上級医の間ではこのような関係がなりたっているのではと推測したりします。お金を出せる人しかフランス料理を食べることができないけれど、その料理の質はお墨付きということにはなっているのでしょう。

「○○先生がいなくなってから、この病院は変わってしまった・・・」とか「○○先生が院長になってからこの病院もずいぶん良くなった」とかいうことを繰り返すのではなく、次の世代にも引き継いでもらえるような医療のあり方というのはどんなものなのだろう?と考えさせられました。

さて、車をロマリンダから走らせること8時間、無事にパロアルト市内にある我が家に辿り着きました。学会旅行中ずっと曇り空(山火事のせい?)だったサンディエゴ〜ロサンゼルスから抜け出し、ひさしぶりのカリフォルニアサンシャインに喜んだのもつかの間、サマータイムが終わったために5時をすぎると暗くなり、後半の運転を担当した妻nori-tanもヒヤヒヤの運転でした。お疲れさま。
Dscf1154

|

« Point Loma/Loma Linda | トップページ | 学会レビュー! »

医療」カテゴリの記事

コメント

kwadaさん
間違った報道が、医療体制といった概念的なものでなく、結局は患者さんに不幸を招いているのではといつも危惧しています。”真実よりも売れる記事を”という姿勢は、”救命よりも、もうかる医療を”という姿勢に近いものがあると思います。
hide-tan

投稿: hide-tan | 2007年11月12日 (月) 01時39分

日本のちょっと悲しい現実

専門性を持った人がその責任を果たし、それにふれた人が尊敬の念を抱く、その当然の形をかの国の人々は自然に実現している気がします。今日本はどうでしょうか。モンスターペアレントといわれる親たちが教師を疲弊させています。医療においてもそう。先日、我々の身近にもあきれるできごとがありました。昨年、飛び込み分娩であげく医療費踏み倒し、一ヶ月検診にこないので連絡したら逆切れして電話をきった患者”様”。なんと新聞のインタビューで、顔出しでですよ、周産期医療体制の不備を嘆く悲劇のヒロインよろしく登場しているのです!!!。日本をとりまく感謝、尊敬の念の欠如、マスコミの勉強不足、本当に困ったものです。なんとかならないか思案中です。
kwada

投稿: kwada | 2007年11月11日 (日) 18時26分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/409355/8852336

この記事へのトラックバック一覧です: Loma Linda大学:

« Point Loma/Loma Linda | トップページ | 学会レビュー! »