« ところかわれば・・・ | トップページ | そこそこのプログレス »

2007年12月11日 (火)

サイエンティストの足腰

今日は、明日のラボミーティングまでにデータを揃えないといけない私と、明後日からクリスマスバケーションの院生が遅くまで残っていたので、夜22時まで、みんな忙しく動き回っていました。

極力夜間や休日の勤務を避けようとする傾向にあるアメリカのラボにしては非常に珍しい光景です。でもよく考えると、日本の臨床の教室の大学院生は、日中は病棟勤務やバイトに行く人は夜に実験し、夜に当直する人は昼間に実験し、うまい具合に常に夜中まで誰かが実験室にいるような感じになっていました。私もその癖で、朝はのんびり9時半ごろに出勤し、夜遅くまでラボにいるか、あるいは夕食に帰ってから、夜にサンプルを回収しに行くような感じで動いています。

今は当直がない分、体はラクですし、じっくり腰を据えて研究ができるかと思いきや、今は動物と細胞とボスからの指示に追い立てられているような感じです。研究者としての足腰が鍛えられれば、じっくり腰を据えながらサッサと動けるようになるのかなと思いつつ、まだまだ未熟さを実感している今日このごろです。
(写真:私の修行の場です。机のすぐ横が実験台なので便利です。iMacはラボからの支給。)5154

|

« ところかわれば・・・ | トップページ | そこそこのプログレス »

ラボのようす」カテゴリの記事

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

研究」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/409355/9399157

この記事へのトラックバック一覧です: サイエンティストの足腰:

« ところかわれば・・・ | トップページ | そこそこのプログレス »