« 落ち葉浴!? | トップページ | ayumi 4歳誕生日 »

2007年12月 2日 (日)

日曜礼拝シリーズ:明日を守られる方

今日の聖書箇所
ヘブル人への手紙1章5~14節

予期せぬ出来事に対処するためにはどのようにすればよいでしょうか?
私たちは、自分の人生をコントロールすることができません。しかし、御子なる神イエスは可能です。

1:イエスは父なる神の長子でありました。
2:イエスは神の正義を世にもたらしました。また世に喜びを与えました。
3:イエスは変わることがありません。明日も頼ることが出来る方です。
4:イエスは王である。

これらのことから、私たちはすべてを支配しておられるイエスを頼ることが出来るのです。
明日には何が起きるか私たちにはわかりません。しかし、明日のことを完全に支配しておられるイエスがおられることを私たちは知っています。

hide-tanから:
今日のメッセージから私は以下のみことばと、歌の一節を思い出しました。

ヘブル人への手紙13章8節
『イエス・キリストはきのうもきょうも、いつまでも、同じです。』

『明日を守られるイエス様』
Ira F. Stanphill作詞作曲

明日は どんな日か 私は知らない
晴れか 嵐か 曇りになるか
私は 明日を 心配しない
イエスが 私を 守られるから

明日は 私には 分からないけど
明日を 守られる イエスが おられる

確かに、明日のことは予想がつきません。願わくば明日も無事で楽しく過ごせれば、そしてできれば、良い実験結果が出せれば・・・と思い、また、できれば3年間の間に少しでも臨床につながるような研究が出来、また自分も研究者として成長できるようにと思ったりします。でも、やはり明日のことはわからないのです。
でも、私のために命を捨てるまでに私を愛して下さる神を知っている私にとっては、そのような厚かましい願いを正直に申し上げることはあっても、同時に「全てをあなたの御手におゆだねしてお祈りします。アーメン。」と祈ることができるのです。

(ポトラックパーティ)
今日は、私のラボと同じ建物にいる日本人研究者の方の送別会のために、Huddart Parkというところでポトラックパーティに行きました。こちらに来てはじめての送別会でした。この方は、私とあって、自己紹介をした瞬間、「あー。ブログの方ですね。」と言ってくださった方です。着いて間のない私にとって、面識もなく、連絡もとってはないのに自分のことを知っている方に迎えてもらえて、ほっとした瞬間でした。
寂しく心細い面もありますが、スタンフォードで得られたことを糧に日本で活躍されるであろう皆様との再会を楽しみにしたいと思います。おつかれさまでした。

|

« 落ち葉浴!? | トップページ | ayumi 4歳誕生日 »

日曜礼拝シリーズ」カテゴリの記事

聖書・教会」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/409355/9234134

この記事へのトラックバック一覧です: 日曜礼拝シリーズ:明日を守られる方:

« 落ち葉浴!? | トップページ | ayumi 4歳誕生日 »