« クワイアー(聖歌隊)に初参加 | トップページ | Welcome back! 復活のボス »

2007年12月 6日 (木)

ふりかけの文化

国際的な私のラボのみんなのお昼ご飯は、みんなそれぞれバラエティに富んでいます。
日本では食堂で食べるか、コンビニ弁当か、愛妻?弁当ですよね。

中国人チームはタッパーにご飯を入れて、そのうえに炒めた野菜や肉をのせてかき混ぜながら食べるランチです。見た目はぐちゃぐちゃですが、香ばしい、おいしそうな匂いがします。
スウェーデン人のjaneは、パスタが中心のイタリア料理っぽいランチを自分で作って来ます。(インスタントのものが多いようです)
アメリカ人のnickはカフェテリアに出掛けているようです。ドイツ人のchrisはだいたいサンドイッチをカフェに買いに行ってます。ロシア人のrhodaは午前遅く来るので済ませてくるようで不明。(彼女は夕方も早めに帰り、また夜遅くか早朝にラボに来ているようです。)

私はいつも弁当ですが、ご飯と数種類のおかずが所狭しと並んでいる弁当箱は珍しいようで、毎日のようにみんなにのぞかれています。昨日、中国人のjuryがふりかけを見て、「それなんや?」と興味津々でしたので、今日、ふりかけを持っていってあげました。『これはいい!!NijiyaDaisoに行って買ってこよう。』と好評でした。
(写真:私のお弁当。妻のブログの6月の記事から。)4959
そういえば、ふりかけは日本独特の文化かもしれません。お米を主食とするお隣の韓国ではキムチやチャンジャがそのかわりになるのかもしれませんが(これらは日本の漬け物に相当するかもしれません)、インターネットで調べると、ふりかけは大正時代から始まったものらしいですね。意外と新しい食文化のようです。

「日本人はみんなこんなのよくかけるの?」と質問されましたが、私は家ではめったにふりかけを使いません。おかずがたくさんあって、美味しいからね!!あえて言えば、わさびふりかけが好きですが、皆さんはどんなふりかけがお好きでしょうか?

|

« クワイアー(聖歌隊)に初参加 | トップページ | Welcome back! 復活のボス »

アメリカ生活」カテゴリの記事

ラボのようす」カテゴリの記事

コメント

すきやき風味はこちらでも調査してみます!
うちの子は三島食品の「ゆかり」が好きです。
”赤しそ”はこの会社が開発した品種らしいですね。ふりかけのためにそこまでする情熱、科学を追求するために新しい手法を作り出すサイエンティストに通じるような気がしました。

投稿: hide-tan | 2007年12月 8日 (土) 09時42分

最近よく使っているのは、”のりたま”です。

日本でよく食べていたすき焼き風味のふりかけはサンアントニオではみかけません。

牛肉エキスが検疫にひっかかっているのでしょうか...


投稿: かんちゃん | 2007年12月 8日 (土) 05時16分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/409355/9290764

この記事へのトラックバック一覧です: ふりかけの文化:

« クワイアー(聖歌隊)に初参加 | トップページ | Welcome back! 復活のボス »