« Men's Retreat (2日目):勝ち試合を応援して下さる神 | トップページ | キッズの申し送り »

2008年1月28日 (月)

Men's Retreat (帰り道で): Eternal Friendship

Men's Retreatの3本柱といえば、以下の3つ。
1:集会とセミナー
2:レクリエーション
3:夜の交わり

このうち、3のことだけ触れていませんでしたが、私はrickと日本人Nさんとの3人で快適なキャビンで過ごしました。毎晩、遅くまで、いろんな雑談とともに、なぜ自分はキリストを信じているのか、日本とインドにおける宣教のことなどを話し合いました。なんで、インドで生まれたrickとアメリカで祖国のことを話し合ってるんやろう・・・と冷静に考えれば、ちょっと不思議ですが、これも留学の醍醐味なのかもしれません。

さて、帰宅の道のりでrickからNさんがはじめて教会に来た頃の話を聞いたりしました。
彼とNさんは10年近くの親友で、Nさんがクリスチャンになったことを喜ぶさまを見て、たしかにクリスチャンどうしの友情は永遠に続くものなんだと思いました。

私の好きなFriends(by Michael W. Smith)という歌の一節を思い出しました。

And friends are friends forever
If the lords the lord of them
And a friend will not say never
cause the welcome will not end
Though its hard to let you go
In the fathers hands we know
That a lifetimes not too long to live as friends.


|

« Men's Retreat (2日目):勝ち試合を応援して下さる神 | トップページ | キッズの申し送り »

聖書・教会」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« Men's Retreat (2日目):勝ち試合を応援して下さる神 | トップページ | キッズの申し送り »