« シリコンバレーでお寿司 | トップページ | 日曜礼拝シリーズ:国籍というプレゼント »

2008年2月17日 (日)

日本人のためのBible Study 101

私が通うPeninsula Bible Churchには今まで、聖書にあまり触れる機会がなかった日本人のお友達が来て下さっています。教会でしていることに興味はあるけれど、何を語り合っているのかがわからない。聖書を読もうにもはじめから終わりまで読むのには途方もない時間がかかりそうだし、かといってどこをどのように読めば良いのかわからない・・・そのようなジレンマを少しでも解消していただければと思い、以下のような、聖書入門の集まりをはじめて、勝手にネーミングしちゃいました。

Japanese Bible Fellowship in Peninsula Bible Church (PBC)   〜Bible Study 101 for Japanese〜

今回は第1回として「聖書とは?」(高木慶太著)という小冊子を使いながら、お話をしました。

聖書を読んだことのない方からの素朴な疑問は、しばしば自分はどのように聖書に向き合うべきなのか?という本質的な部分をついているような質問に思えることがあります。

天地創造と進化論のギャップをどう考えているのか?
他の宗教のことはどのように教えているのか?
神が愛であるなら、信じない人も救ってくれないのはなぜか?
・・・・・
・・・・
いろんな質問にクリスチャン歴20年の私でも、クリアカットに説明できないこともあります。
そんなときは、自分なりに調べたり、なぜ自分はそのような疑問を持たないのか、あるいは持ったままで信仰を持ち続けているのかをじっくり考えたりする機会となるのです。

101(ワンオーワン)というのは、入門とか言う意味ですが、自分も新しく聖書を読む人達の新鮮な気持ちを味わいたいという思いとともにUS-101というハイウェイがすぐそばを走るこのカリフォルニアの教会で、聖書を読む人がその著者である神様と"one-on-one"の関係を持てるようにという希望もこめていたりします。

7083

|

« シリコンバレーでお寿司 | トップページ | 日曜礼拝シリーズ:国籍というプレゼント »

聖書・教会」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« シリコンバレーでお寿司 | トップページ | 日曜礼拝シリーズ:国籍というプレゼント »