« Stanfordで科学と信仰を考える | トップページ | 論文の書き方セミナー »

2008年2月 7日 (木)

科学英会話>日常英会話

私も含めて、留学をする日本人研究者はたいてい、
「サイエンティフィックなディスカッションはなんとかなるけど、日常会話があかん!」
と言ったことがあるのではないでしょうか?

今日は私がジャーナルクラブの担当だったので、ちょっと長めの論文を紹介したのですが、プレゼンをしていても、簡単な言い回しがなかなか出て来ないのです。
自分って、こんなに英語がへたくそやっただろうか・・・半徹夜で準備したから頭が回転していないのか・・・思っていると、終わったあと、ラボのみんなと雑談をしているときはスラスラ喋っているのです。

・・・・そうなんです。ラボの中であまりにもサイエンティフィックな会話をしていないので、もしかしたら科学英会話<日常英会話という感じで上達しているというかシフトしているかもしれないのです。
本当は論文を読んでいるような文法も語彙も拡張高い英語を身につけたいのですが。

こうなると帰国したときに、なんだか逆に格好悪いかも・・・・。

|

« Stanfordで科学と信仰を考える | トップページ | 論文の書き方セミナー »

アメリカ生活」カテゴリの記事

ラボのようす」カテゴリの記事

語学・英会話」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« Stanfordで科学と信仰を考える | トップページ | 論文の書き方セミナー »