« One Dollar Coin (続編) | トップページ | 懐疑論の中での信仰 »

2008年2月28日 (木)

お前には見せたらん。

先週の苦労した動物実験の結果が、うまい具合にポジティブデータになりそうな気配です。
実験を手伝ってくれている院生chrisが、

「昨日hide-tanが解析していた、あれ、どうやった?」
と聞いて来ました。
『あーあれか。データはあるけれど見せられへん。」
「&%#!;>?」目を白黒させるchris。coldsweats02
『だって、ブラインドで評価したいやろ。』
「あ、そうか。そしたら早く番号つけて僕に回して!」

治療群と非治療群にわけて、効果を見る実験なので、こんな意地悪も”されてうれしい意地悪”になるわけです。smile

|

« One Dollar Coin (続編) | トップページ | 懐疑論の中での信仰 »

ラボのようす」カテゴリの記事

研究」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« One Dollar Coin (続編) | トップページ | 懐疑論の中での信仰 »