« ところ変わっても・・・ | トップページ | Windy Hill Open Space Preserve »

2008年2月16日 (土)

やっぱり一人でええ‥。

今朝、ラボで仕事のメールを打っていると、chieが出し抜けに、"hide-tan, もしやで。もし、何人でも奥さん持てるとしたら何人がええ?”と問いかけて来ました。

「ひとり!」

というのは、格好よすぎる気がしたので、考えなくてもいいのに考えるフリをして、「誰と結婚しているのかにもよるかもしれないけど。僕は一人でいいかな。」

ふんふん、うなずきながら彼女は去って行きましたが、なんでそんなことを聞いたんだろう?と思っていると、夕方になって、ネットサーフィンをしているjuryが、パソコンに映るチャイナ服を着た美人を見せながら、

「この人、不動産で財を築いたんだって!美人でしかも独身!セカンドチャンスがあったらどう?」

と聞いて来ました。私はそれには直接答えずに、

「昔、ウィンストン•チャーチルという英国の首相が記者からインタビューで”自分自身以外に誰かになれるとしたら、誰になりたいか?”と聞かれて何と言ったとと思う? ”チャーチル夫人の2番目の夫になりたい”と言ったらしいで。」

というと、このポスドクのjuryはうっとりして、
「なんて素敵〜!‥‥わかった。もうそんな野暮なことは訊かないようにするわ。」
世界を牛耳った人の名言は、21世紀を生きる女性の心をも捕らえるんですね‥‥。

話は戻って、それなら妻のnori-tanが家と職場に二人欲しいか?と考えると‥‥
「やっぱり、(別の意味で)一人でええ。」と思ってしまった私でした。

おまけ名言:

「成功とは、意欲を失わずに失敗に次ぐ失敗を繰り返すことである。」(ウィンストン•チャーチル)
"Success consists of going from failure to failure without loss of enthusiasm."(Sir Winston Leonard Spencer-Churchill)

 

His Finest Hour: The Speeches of Winston ChurchillMusicHis Finest Hour: The Speeches of Winston Churchill

アーティスト:Winston Churchill
販売元:Pro Arte
発売日:1996/03/04
Amazon.co.jpで詳細を確認する


|

« ところ変わっても・・・ | トップページ | Windy Hill Open Space Preserve »

ラボのようす」カテゴリの記事

家族」カテゴリの記事

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« ところ変わっても・・・ | トップページ | Windy Hill Open Space Preserve »