« 日曜礼拝シリーズ:(後半)あなたの心を開くもの | トップページ | One Dollar Coin (続編) »

2008年2月26日 (火)

Susan B. Anthony dollar

アメリカに来てからというもの、いろんな出会いがありますが、今日はちょっと変わった出会いがありました。

それは、なんと1㌦コイン!

自動販売機に1㌦紙幣を入れて返金ボタンを押したら、大抵はクウォーター(25㌣)が4枚落ちて来ると思うのですが、今日はコインが一つだけ。
「なんやねん!これ?」
『1㌦コインやで。』と後ろで待っていた人に教えてもらい、納得。

確かによく見てみると、1㌦と書かれています。どうやら、これはそこそこ珍しいDollar coinのようです。重たくて人気がなく、あまり流通しなかったようで、日本で言うところの二千円札のようなものなのかもしれません。

(写真:上はクウォーターで下がDollar coin。)
7489

この肖像と製造年(1979年)から、Susan B. Anthony dollarというもののようです。Susan B. Anthony女史は19世紀に女性の選挙権獲得のために働いた人のようで、このコインは1979-81年と1999年に発行されたそうです。よくみると、ここには”1979 D”と書かれてあり、これはこの年にDenver造幣局で製造されたもののようで、(ちなみに人気はサンフランシスコ造幣局バージョン。この造幣局最後の流通硬貨のためらしいです。)このタイプは、2億9千個ほど作られたようです。

ひょんなことから自動販売機から現れた、19世紀のおばさん。100年以上前に情熱をもって女性の地位向上のために闘っておられたSusieに敬意を表したいと思ったのでした。

Biography: Susan B AnthonyDVDBiography: Susan B Anthony

発売日:2005/07/26
Amazon.co.jpで詳細を確認する


|

« 日曜礼拝シリーズ:(後半)あなたの心を開くもの | トップページ | One Dollar Coin (続編) »

アメリカ生活」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 日曜礼拝シリーズ:(後半)あなたの心を開くもの | トップページ | One Dollar Coin (続編) »