« 2008年2月 | トップページ | 2008年4月 »

2008年3月

2008年3月31日 (月)

Gilroy Garden

今日は以前から気になっていたGilroy Gardenに行って来ました。ここは、ユニークな形をした樹木を配置した庭園と幼稚園児から小学校低学年くらいまでの子どもたちでも喜びそうなアトラクションを混合させた遊園地で、子どもから大人まで一日中楽しめるようになっています。

定番のメリーゴーランドや・・・
8610
温室植物園を汽車やモノレールが走ったり・・・
8580
観覧車からの眺めはこんな感じで、
8574

ちょっとしたリバークルーズも楽しめたりします。
8588

私たちもスワンボートをコギコギしたり、くるくる回るアトラクションにのったりしました。
ジェットコースターも次女が初体験したり、十分に楽しめました。
8602
8584
8622

園内の乗り物は全部フリーで、大人41㌦、子ども31㌦でシーズンパス(11月下旬まで使用可能)はまあまあリーズナブルだと思いました。シーズンパスなら、半日はここで遊んで、あとはGilroy Outletで買い物というオプションも可能なので、今度は水遊びコーナーもオープンする5月下旬に行こうと思います。

ところで、Gilroyはニンニクの栽培で有名です。ニンニク畑が並び、遊園地もほんのり遊園地の香りがします。この地域に住む方は洗濯物は外で干せませんね。(こちらの方はもともと外には干しませんが・・・)

| | コメント (0)

2008年3月30日 (日)

日本の香りを少々...

8561
今日は、Los Altos HillsにあるFoothill CollegeにあるBamboo Gardenに行きました(入場無料)。

8555
全然整備されていなかったのですが、日本の桜やタケノコに触れることができて、なんちゃて日本庭園や、畳の上に座ることもできたので、子どもたちはご機嫌でした。
8565
とくに長女minoriはタケノコフリークなので、満足げでした。

ちょっと足を伸ばせば(それと日本庭園は他にもHakone GardenやGolden Gate ParkにもJapanese Tea Garden がありますよね。日本の植物が楽しめるようなベイエリアのおすすめスポットは他にもあるのかもしれません。
8567

| | コメント (0)

2008年3月29日 (土)

ヘイ!まいど。(Hayride)

8496
今日はアパートのイベントでHayrideがありました。これは秋に予定されていたものが、雨で延期になって今頃に開催されたものでした。
8484
Hayrideとは荷馬車のようなものに干し草を載せて、そこに乗っかっていくだけのものですが、馬車に乗って、みんなでカントリーソングを歌いながらアパートの敷地内を一周するのもアメリカ!!って感じで、とても楽しかったです。(音声ファイルはこちら〜注意して聞けば馬の足音も聞こえますよ〜)
「ヘイライドソング」をダウンロード
その他、ちょっとした軽食や焼きマシュマロ&板チョコクッキーサンド(強烈?)もあり、お腹いっぱいでご機嫌で帰って来ました。
8513

| | コメント (0)

2008年3月28日 (金)

こんなところにも福音

妻が聞いて来た情報で、IN-N-OUT Burgerの創始者がクリスチャンで、お皿の裏かどこかに聖書のことばが書いてあるらしいとのことだったので、よく教会の帰りに立ち寄るIN-N-OUT Burger (ちなみに日本で教会に通っていたときの帰りはたいてい、あきんどという回転寿司で食べていました。)で、毎回探していたのですが、やっと先日、見つけました(写真)。8462_2
ドリンクカップの裏に"John 3:16"と書いてあります。

これはヨハネ3:16のところで、以下のような内容。

神は、実に、そのひとりごをお与えになったほどに、世を愛された。 それは御子を信じる者が、ひとりとして滅びることなく、永遠のいのちを持つためである。

ここは、聖書のダイジェストと言われている箇所なので、限られたスペースで書くには最適の箇所なのかもしれませんね。

ちなみに私にとっての聖書ダイジェスト、カップの裏に書いたり、あと5秒しか命がないとわかったときに口にしたい言葉は、『神は愛なり』です。(ヨハネの手紙第一 4章16節)

| | コメント (0)

2008年3月27日 (木)

要注意!フィッシング詐欺!

Paypalという便利なシステムがあって、SJAの会費の支払いや航空券の予約等でよく使います。
いちいちクレジットカードと睨めっこしなくてもよい、クレジットカードの番号を知らせる回数が減るなどのメリットがあります。Paypalだと割引みたいな特典もあるようです。

そんな便利なPaypalですが、今日こんなフィッシングメールが来ました。

From: Admin@paypal.com Subject: Dispute Transaction

Dear PayPal Member,

This email confirms that you have paid W______ (sales@w___sa___.com) $249 USD using PayPal.

This credit card transaction will appear on your bill as "PAYPAL WHOLESALEIPOD*".
PayPal Shopping Cart Contents
Item Name: Apple iPod Video (Black) 30GB MP3 Player
Quantity: 1
Total: $229 USD
Cart Subtotal: $229 USD
Shipping Charge: $20.00 USD
Cart Total: $249 USD

Shipping Information

Shipping Info: J___ B____
1__ union st
benton harbor, MI 490__
United States
Address Status: Unconfirmed
If you haven't authorized this charge, click the link below to cancel the payment and get a full refund.
Dispute Transaction (←ここがリンクになっていました)
Thank you for using PayPal!
The PayPal Team

他の誰かにPaypalを使われている??coldsweats02
えらいこっちゃ!早く断りの手続きをしないと!!・・・と思いますよね。

まず私がとった行動は、
1:リンクを開いてみる。(それらしい。)
2:別ルートからPaypalの本物のウェブサイトを開いてみる。(アニメーションがない以外は宣伝文句もリンクの配置もまったく同じ。)
3:本物のウェブサイトともPaypal.comというURLまでよく似ているけど、本物の方からメンバーログイン。
4:ヒストリーを確認。そんなiPodをオーダーされている形跡がない。
5:Securityタブをクリックし、偽ウェブサイトの報告システムに報告。
6:Securityタブから得たメールまでフィッシングメールらしきものを転送。
7:でも本当のメールだったらどうしよう?と思いながらも、このメールが送られて来たアドレスとPaypalに登録のアドレスが違うことが判明。4のこともあるし、Paypalの返事を待つことに。
8:まもなくPaypalからフィシング詐欺であることのメールが届きました。

Dear hide-tan, Thanks for taking an active role by reporting suspicious-looking emails. The email you forwarded to us is a phishing email, and our security team is working to disable it.

ログインしなくて、よかった〜。でも、かなり手の込んでいる詐欺ですね・・・。
メールの上にあるリンクは本物のPaypalに行くのですから・・・。
ちょっとドキドキしましたが、Paypalからの返事が迅速でよかったです。
Paypalを装ったフィッシングのことはこちらで学べます。Identity Theftって他人事ではないですね・・・。

| | コメント (0)

2008年3月25日 (火)

ラボも春休み?

ラボは今、春休みモードです。
大学院生は先週イースター休暇のようなものを取り、今週は明日からラボメンバー2名と、ボスが休暇でいなくなります。
「hide-tanも子ども休みなんだから休まないと!」
とけしかけられましたが、もうすでに予定が入っているので無理です。

そんなら残りのメンバーでハイキングに行こうということになりました。

その日に昼過ぎに実験を終えるのは至難の業のような・・・。

| | コメント (0)

幻の”ム•シ•バ”

足台に丸い穴が2つ開いていたので、思わず口を書いてしまったのですが、これを次女のayumiが見つけて喜んでいたのが数週間前のこと。
今日、「そんなん、油性のペンで書いたらあかんやん!」と妻nori-tanが叱っていました。annoy
『パパ。あなたがこんなことするから、ayumiも真似して落書きしたで。』
見ると、私が書いた口の歯に色を塗って、「64」と書いています。

なんで、64??
虫歯だから、64??
8460

そこで、私も自分のことは棚に上げて父としての威厳を保とうと、
「ayumi。虫歯やから64は良いけど、ムシバなら648にせなあかんやろ!8も書いときなさい!」smile

戸惑いながら母の顔を見上げるayumiにすかさず、『あかん!!』angrybanとダメ出しが出てしまいました。coldsweats01

(ちなみに反対側はこんな感じです。heart8458

| | コメント (0)

2008年3月24日 (月)

日曜礼拝シリーズ:その「感じ」が安息

今日はイースター礼拝で教会はお祭りのように活気づいていました。
ミニオーケストラ付きのクワイアー賛美もあったので、私たちがお誘いした大人10人と子ども8人のお友達がはじめて日曜礼拝に来てくれました。来て下さった皆様、ありがとうございました。happy01

説教要旨(若干の編集あり):

bookすべて、疲れた人、重荷を負っている人は、わたしのところに来なさい。わたしがあなたがたを休ませてあげます。(マタイの福音書11:28)

私たちの痛みを知っておられ、重荷を担うことができる神であるキリストのもとに来ることによってのみ、私たちは本当の安息を得ることができます。
キリストは十字架上で、「完了した」と言われました。(ヨハネ19:30)
そして、「神よ。わが霊を御手にゆだねます。」(ルカ23:46)と言って息を引き取られたのです。
キリストは私たちのための救いの業を完成し、父なる神に霊をゆだねたのです。
聖書は、Jesus rose from the dead.とは書かずにJesus has been risen from the dead.と書かれています。イエスは自分で甦ったのではなく、父なる神に甦させられたのでした。逆に、キリストもその復活の業を完全に父なる神により頼んでいたのでした。

あなたは自分の人生の中に自分の王国を持ち、その王座から離れたくないと思っていませんか?
自分の人生は自分でコントロールしたい。そんな気持ちがあるので、人生を神にお委ねするということをためらっているのではないでしょうか?
しかし、人生は自分でコントロールできないことだらけです。
私たちを愛し、すべてをコントロールされるできる神に人生の主導権をお任せすることで、あなたに安息がもたらされることでしょう。

キリストの復活は、キリストご自身が言っていたように神の子であり、私たちの罪が完全にゆるされ、神と和解し、永遠のいのちを得ることができるようになったということを証明するできごとです。

だから、私たちはキリストの十字架と復活を仰ぎみることで、魂に安らぎが得られ、本当の安息を得ることができるのです。今日、あなたの心にキリストをお迎えし、永遠の安息への招待を受け取りましょう。

(写真:今日は教会のメンバーからイースターランチに招待されました。他の写真はこちら。)
8407

hide-tanの感想:
mobaqキリストでないと本当の安息を得ることができないのはなぜか?
今回の説教は主にクリスチャンを対象にしていたのか、このような疑問を持つ方も多いと思います。
いつもは理論的に説明したい私ですが、今回は自分の経験で答えたいと思います。

この質問には、本当の安息とは、何か?ということがわからないといけないのですが、実は、私もクリスチャンになるまで、わかりませんでした。本当の安息とは、”神が下さる安心”と理解しています。
キリストの十字架の死によって、神との和解が得られたことを、その復活によって知り、それを受け入れることで、その人にはキリストの霊である聖霊が住まわれます。そして、その聖霊がキリストが神であることをさらに確信させてくれ、神が自分に対して怒っていないだけでなく、自分が今まで経験したことのないような大きな愛の眼差しで自分を見てくれていることがわかるのです。そして神が遠くにいるのではなく、まさに自分の内にいるような、後ろから教えてくれるような、なんかそのような感じです。それだけでなく、その感じは他の人に対して、神がどれほどその人を愛しているのかを感じることもあります。その「感じ」というのは大きくなることも小さくなることもあるのですが、大抵は聖書を読んだり、祈ったりすることが多いとき、悪いことをしたと思っても素直に神の前に「ごめんなさい」と言えるような状態のときに強いものがあります。信仰は「感じ」にたよってはならないのですが、そのような「感じ」があることは確かです。自分の中で、その「感じ」というのが神が下さる安心であり、それが天国の前味のひとつ(もうひとつはクリスチャンが集まっている場所や時間)であると思っています。

| | コメント (0)

2008年3月23日 (日)

愛ゆえの愚かさ

話の流れで、自分がクリスチャンであることを告げるとよく受ける質問がいくつかあります。
一見、これは聖書の真実性やキリストによる救いを揺るがすのではないかという質問に答えることで、自分の中での聖書理解が深まることがよくあります。
今日もポトラックバーベキューパーティに参加した席で、次のような質問を受けました。

「神というものは、なぜ神に逆らうという選択肢を選ぶことができる人間を作ったのか?」

こういった問いに関する大抵のキリスト教書籍におけるこたえはこんな感じではないでしょうか?

”神は自由意志をもって、人間に神を愛して欲しかったのです。神は自分の思い通りになるようなロボットのようなものを作るよりも、人間との人格的な交わりを求めておられるからです。”

・・・後半部分は納得ですが、前半部分はちょっと違うかもしれません。この答えだと、やはり神の自己中心みたいに聞こえる人もいるでしょう。
8371

創世記にはアダムが神の言いつけに逆らって食べてはならない木の実を食べた直後に、キリストによってサタンが滅ぼされるということを神が述べたということが書かれています。(創世記3:15)
ということは、何でもご存知の神のこと、人間が神を裏切るであろうこと、そのため、人間の罪を解決する為にキリストの十字架が必要であったことを予見していたようなのです。

それでは、上の質問は”なぜ神は裏切る可能性が高い人間に選択肢を与えたのか?”と、さらに厳しく追及できるのではないでしょうか?

私なりの答えはこうです。

神は、真実の愛で人を愛しているので、自由意志を与えた。 そして、愛しているがゆえに人を信じようとされた。

たとえば、結婚相手が「浮気しないように毎日1時間毎に行動を報告するように。」と相手が言ってきて、それを守らないからと言って大騒ぎするような人だと、その人は自分を本当に愛していると思いますか?思わないですよね。自由を与えておいた上で、信じるということこそが愛するということではないでしょうか?

しかも、神は人間の裏切りが、罪をまったく受け入れることができない絶対的な正しさと聖さをもつ自分との交わりが絶たれる結果を引き起こすこと、それが人間に肉体と霊の死をもたらすことを知っていたのでした。

そして、同時に、愛そのものである神ご自身がそれでも人間を愛さずにいられないことも・・・。

そして、神の意に反して罪をもつことになるであろう人間を愛し続けるために、自分の命を犠牲にして、人間にかわって十字架でひどい苦しみを受けなければならなかったことも・・・。

神が自由意志をもった人間を作って、しばし人の視界から離れた時にどのような気持ちだったのか?
裏切られたことを知りながらアダムに「あなたは、どこにいるのか?」と呼びかけたときにどれくらい胸が張り裂けるような思いをしていたのかを想像すると、神の愛の大きさを感じざるを得ません・・・。

さかのぼって考えると、神はそんな人間のために美しい世界を作り、人間に支配させようと与えられたのでした。裏切られる可能性が高い人間のために、しかも、その人間への愛のゆえに自分が極限の苦しみと死を経験するであろうに、なぜ、そのようなことをしたのでしょう?

新約聖書にはこのような言葉があります。

book「神の愚かさは人よりも賢く、神の弱さは人よりも強い」(1コリント1:25)

それでも、こういう人はいるかもしれません。
「なぜ、こんな愚かなことを?なぜ、罪を冒すような自分をここに存在させ、罪があるから地獄にいかないといけないなんて甚だ迷惑だ。」

自由意志をもたせたのは神の愛の責任です。
裏切るような選択肢を選んだのは、人を惑わしたサタンと、それに従った人の責任です。
神は自分の愛をさらに貫く為にキリストの十字架という苦しみを選択しました。
そして、それに答えて神のもとに立ち返るのは私たちの自由意志の問題です。
あなたに自由意志をもたせた神は、あなたの選択を祈るような気持ちで待っておられるのです。

あなたと私を今、ここに存在させたかった神は、永遠をともに親しく過したいと思って存在させてくれているのです。そして、ご自分が用意された救いの道を選んで欲しいと、あなたの息の最後の最後が吐き出される瞬間まで懇願し続けているのです。1600年の年月をかけて書かれ、1700年以上の間、歴史の中で書き換えられること無く、世界に影響を与えて来た聖書に書かれている神はそのような神なのです。

bookちょうど神が私たちを通して懇願しておられるようです。私たちはキリストに代わって、あなたがたに願います。神の和解を受け入れなさい。 神は、罪を知らない方を、わたしたちの代わりに罪とされました。それは、私たちが、この方にあって、神の義となるためです。(2コリント5:20-21)

| | コメント (0)

2008年3月22日 (土)

Good Friday 2008

今日は、Good Friday。キリストが十字架にかかられたことを思い出す日です。

私たちクリスチャンにとっては毎日がGood Fridayであり、毎日がイースターなのですが、やはり感慨深いものです。

今日は夕方7:00から静かに教会に集い、薄暗い灯りのもとでヨハネの福音書18-19章が朗読されました。会衆にはイエスを責める立場の台詞がスクリーンに映し出され、それを声を出して読むようにさせていました。
この形式は、キリストが十字架につかねばならなかったのが自分達の罪のためであったこと、自分達こそが十字架につけた超本人であることを自覚するようにとの目的があったのだと思います。

最後は、"It is finished"(完了した)というキリストの十字架での言葉が映し出され、あいさつも何も無く、静かに礼拝堂を立ち去って行きました。

こういう形式の暗い、悲しい礼拝ははじめての経験でした。

今はキリストが復活したということを知っているので、毎週の礼拝はどちらかというと復活されたキリストを賛美するという形なのですが、今日は、その復活の喜びをさらに味わうための「スイカにかける塩」みたいなものであったと思います。(不遜な言い方ですみません・・・)


| | コメント (0)

2008年3月21日 (金)

最後の晩餐について

ダ・ヴィンチ・コードに登場して来る絵で一躍有名になった「最後の晩餐」ですが、今日がキリストが十字架にかかった前日ですので、最後の晩餐をした日にあたります。

この日は、過ぎ越しの祭にあたり、その食事を弟子達とともにとったのものが最後の晩餐だったのでした。キリストが自分が十字架にかからないといけないことを明らかにし、自分が人類の罪を清算するためにささげられる肉体と十字架上で流す血とを象徴してパンとぶどう酒と弟子達に与えました。

しかし、この過ぎ越しの食事がどのようなものであったか、実はクリスチャンである私も詳しくしりませんでしたが、昨日、教会でユダヤ人のクリスチャンの方(Jews for Jesusのスタッフ)にいろいろ教えていただきました。(このビデオのような感じ。)

これは聖書を一通り読んだ人は知っていることですが、そもそも「過ぎ越し」とはエジプトで奴隷であったユダヤ民族が、エジプトを出る際に、モーセという指導者を通じてエジプトの王、パロに出エジプトを申し出て、断られ続け、そのたびごとに神がモーセを通して奇跡を行ったり、災害をもたらして説得しようとしていました。しかし、パロはかたくなにユダヤ人がエジプトを出ることを拒み、さらにユダヤ人を迫害したために、神がエジプトにいるすべての初子を打つ(死なせる)ということをしたのでした。神が天使を下して、そのことを行う時に、ユダヤ民族に羊の血を玄関の柱に塗りたくり、目印にするように命じたのでした。そうすることで、天使はユダヤ人の前を通り過ぎ、わざわいがおよばないようにしたのでした。
この災いを最後にエジプトはユダヤ民族の移住をゆるし、エジプトを脱出できるようになったということをお祝いするのが過ぎ越しの祭りなのです。

このときに食べるもののいくつかをあげると、
1:種無しのパン:これは3枚がそれぞれ別々だけどひとつの袋にはいるようなものの中に入れます。
そして、パンの半分を「のちに来られる方」のために別のリネンに巻いて置いておくそうです。これは、三位一体の神と、キリストの来臨とキリストが十字架のあとリネンに巻かれて葬られることを暗示しているようです。もちろん、旧約聖書の時代には、このような三位一体の概念やキリストの十字架などを知らずにこのようなことを行っていたのです。
2:たまご:これを食べるためにたまごの殻を割るべく、たまごを叩き付けます。これは神殿が打ち壊されるということを暗示しており、旧約聖書時代の後半には、そういった歴史を思い出しながら食べていたことでしょう。さらに、神の本当の神殿であるキリストが処刑されたということも暗示しています。
3:苦いハーブを甘いソースにつけて食べる:これはユダヤ民族が辿った苦難の歴史を思い出すとともに、そのようなときにいつも神の下さるあわれみの甘さを思い出す。
4:羊の骨:過ぎ越しの際に羊がささげられ、それによりユダヤ民族が救われたことを現しています。またこれはキリストが「神の小羊」として私たちの罪の身代わりとされたことを暗示しています。

昔々、ユダヤ民族のあいだで行われていた神の救いを記念する祭りの中にこのようにキリストの十字架を暗示することがらが様々に散りばめられており、そして、この過ぎ越しの食事というのはまさにキリストが行った最後の晩餐において完成されたのではと思いました。
キリストは「神の国が来るまでは、過ぎ越しの食事をすることはない」と言われる一方で、「神の国で、救われた人々とともに食事をする」とも言われています。私たちが教会で聖餐式をしてパンとブドウジュースをいただく時に、キリストの十字架を思い出すとともに、天国でキリストとともに食事をするようすを思い描きたいと思いました。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008年3月20日 (木)

思いは西へ東へ

今日は、ちょっと不思議な日です。
私の所属研究グループ出身の先輩Yドクターがアメリカから帰国し、後輩Tドクターが渡米するという日なのです。
後輩のTドクターが抜けたポストに先輩のYドクターが入るというちょっと変わった入れ替わりになります。
Yドクターは、私のメンター的存在で折りに触れて、アドバイスを下さっていましたし、Tドクターは後輩というより、同じような悩みを共有しながら助け合って来た仲間でした。
そんな二人が今日、西海岸で暮らしている私の上空を、ひとりは西に、もうひとりは東に飛んでいるのです。

帰国する側も、渡米する側も期待と不安でいっぱいでしょう。
そして、この二人を迎える人たちもひとりの戦力を失い、新たな戦力に期待するという変化を経験しています。
あっちに行き、こっちに行きしている仲間のことを思いながら、それぞれの思いは違えど、病気で苦しむ子どもたちのために何かしたいという最終目標ではつながっているのだなあと満点の星を仰ぎながら思ったのでした。

Good Luck to everybody!!

| | コメント (2)

2008年3月19日 (水)

基礎研究の限界

今日、ちょっと楽しみにしていたセミナーで感じたころをひとつ。

臨床医で基礎研究に入る人の多くは、「この疾患をなんとか治療する方法を考えたい」という志をもっているのだと思います。そして、基礎研究の世界を垣間みると、資金と時間と労力いかんで、なんとかブレークスルーを起こせそうな研究もあります。
しかし、どんな素晴らしい研究も最終的には、「それは、動物ではそうだけど、人間でもそうなのか?その治療は人間でも効果があるのか?」という質問に答えられなければ目標を到達したことになりません。

それでも、動物疾患モデルがあればよいほうで、中にはそのモデルがない場合は、とくに脳の研究の場合には、亡くなった方々の病理組織をみたり、生前の画像解析でメカニズムを「想像」するだけになってしまいます。

今日、私が出席したセミナーのテーマはまさにそんな疾患で、治療を提案されても、その効果を動物で確かめる術がありません。
とくにそれが、精神科領域のものとなると尚更そうなのです。
万能と思える科学の最先端の研究をもってしても、解明できないことが存在するのだなあと感じ、ちょっと歯がゆい思いもしたセミナーでした。

| | コメント (0)

2008年3月18日 (火)

どっちやねん!?

こちらに来て半年ですが、今日は5回目(今のところ1勝のみ)のポスドクフェローシップの申請を終えました。
メールと、書類の両方で提出しないといけないので、昨日仕上げたものを最終チェックして書類を整え、
「さて、12穴のパンチで穴を開けて、提出しないとあかんな」と、オフィスやラボを探しまわるもそんなパンチは見つからず。
Fedex Kinkoにも無いとのこと。

『フェローシップを申請するオフィスで貸してもらって穴を開けてくるわ。でも、おかしいよね。ちゃんと12穴って書いてあるでしょ...』
と秘書さんに言うと、
12 hole-punched hard copies..これって、12組のパンチで穴をあけたコピーってことじゃない?・・・でも、わからないわ。”

フェローシップのオフィスに電話しても不在なので、とりあえず秘書さんの説が正しいと判断し、3穴だけ開けて提出しました。
よく考えると、私の理解のように12穴ならば、12-hole punchedと書くはずですよね。

それで、フェローシップオフィスに行って、
『12穴のパンチを探すのに苦労してたんだけど、12組のパンチしたコピーって言う意味やったんやね。』と担当者に言うと、
「そうそう!twelve 3-hole punched hard copiesと書くべきだったわ。今後のために今、訂正しとこ。だってあなたが3人目だもの。」smile
『僕の英語の理解不足ってわけじゃないんだ...。」happy01
「大丈夫。ネイティブも間違っていたから」

このフェローシップ、金額の記述もややこしくボスと私が”この額がサラリーでこの額が、研究諸費用だろう。前のときは、全部含めてこの額だったけど、上がったんやね”と理解していた金額が、やはり違っていたり、ちょっとmisreadingしやすいinstructionでした。

| | コメント (0)

2008年3月17日 (月)

日曜礼拝シリーズ:これは「きょう」の話。

「ダビデの子にホサナ。
 祝福あれ。主の御名によって来られる方に。
 ホサナ。いと高きところに。」(マタイの福音書21:9)

<hide-tanの前置き>
今日は”しゅろの聖日(Palm Sunday)”と言って、イエスキリストがイスラエルの王としてエルサレムに入ったことを記念する日です。イエスを熱狂的にホサナ!ホサナ!と言って迎え入れた日です(マタイの福音書21:1-11)。しかし、この5日後にキリストは十字架にかけられます。
礼拝の聖書箇所はヘブル人への手紙3:7 - 4:16でした。詩篇95篇についての説明が書かれているところです。エジプトで奴隷であったイスラエルの民をもといたカナンの約束の地へと戻らせるようにモーセという指導者を立てて、海を分けるまでして出エジプトを達成してくれた神を体験しながら、イスラエルの民はこの約束の地に住む、パレスチナ人を恐れて、入って行かなかったのでした。その結果、イスラエル民族は40年間も放浪しないといけなくなりました。時を経て、ホサナ!と言ってイエスを迎え入れるように思えたイスラエル民族も、結局は神の子を退け、その結果、救いのメッセージはイスラエル以外の民族の教会を通して広く伝えられるようになったのです。
この箇所のメッセージは、私たちの本当の安息は天国に入ること、そのためにはキリストの救いを受け入れることが必要であるということが主題です。
8273_3

礼拝説教要約:
シュロの日曜日は、イエスが歓迎されて、エルサレムに入られた日です。彼らはイエスを、宗教的、社会的、政治的な解放者として迎え入れたのでした。あなたの人生で待ち望んでいることはなんでしょうか?
神は、あなたに安息を用意してくださっています。私たちは、今、神の用意してくださる安息を待ち望んでいるのです。聖書は「それを得る為に努力しなさい」と書かれています。それは、信仰を持ち続けなさいということです。
そして、その信仰とは、キリストイエスにある救いです。

信仰とは何でしょうか?

それは、過去に神様がしてくださったことを見ることで、未来にしてくださることがらを知るということです。

モーセが導き入れられなかった地にヨシュアが導き入れたこと、イエスがイスラエルの王として、来られたことなどは、将来私たちが天の御国に入ることができること、イエスが王であることの予見です。

クリスチャンとされた私たちが神の前に安らぐ経験をすることは、将来、神が用意して下さっている安息の「前味」なのです。私たちはそうした前味を味わいながら、来るべき本当の安息に入るための備えをしたいものです。

hide-tanの感想:

「きょう、もし御声を聞くならば、
 あなたがたの心をかたくなにしてはならない」
(ヘブル4:7)

『キリストの救いを受け入れると、その人には永遠の安息が約束されます。』
このようなメッセージは、本当に本当で、クリスチャンがキリストをまだ信じていない人に語りたいのですが、一方で、次のような反応が返って来ると、どう答えてよいのかわからなくなります。

”安息に入れなければ、死んだらそれで終わり。天国みたいなところには行かなくてもいい。”
”あるかないかわからないようなところに望みをおいて生活するより、今の現実をしっかり生き、楽しまなくては。”

しかし、聖書には、心をかたくなにして神の言葉を拒絶した場合には、その人は”決して安息には入れない”という書き方がされています。そして、キリストは罪をもったままだと入らないと行けない地獄について何度も警告を発せられました。

神が用意される安息に入らない場合にはどうなるのか?

それは、永遠に火で焼かれ続けられるという苦しみであると書かれています。

以前に起きたことを参照にして、未来に起きることを知ることが大切であると説教者は語っていましたが、聖書が世界の歴史に最も大きな影響を与え続けているという事実、1600年もかけて、40名もの様々な職種の人によって書かれたのに一定のテーマが貫かれているという不思議な書かれ方をしている事実、ユダヤ民族に対する聖書の預言が次々に実現してきたという事実、旧約聖書で350ほどもあるキリストの預言がイエスにおいて成就したという事実、多くの人が預言どうりに十字架と復活を目撃した事実が聖書に書かれています。これらから聖書は「無視出来ない書物」であることは明らかです。

その聖書に、キリストへの信仰によってもたらされる大きな祝福とそれを拒んだ場合の恐ろしい結末が書かれているのです。

だから上の聖書箇所で「きょう」と書かれているのは、
「今日を逃したら、”信じたら救われる”キャンペーン期間は終了です。あとで欲しくなったらお金を積むか、人助けを頑張るかしてください。」
と言っているのではなくて、
「今日を逃したら、明日の保障はありません。機会を逃したら、あとで安息に入りたいと思っても、何をしても永遠にチャンスはありません。」
と警告しているのです。

神の子であるキリストが十字架にまでついてくださったのは、神様の私たちへの愛であることは確かですが、神ご自身であるキリストが、あのような惨い刑に処せられない限りは私たちを逃せさせることができないほど、罪の報酬が恐ろしいのだという一面もあるのです。

また、そもそも地獄というものは人間が行くために作られたものではなく、神に逆らったサタンを永遠に滅ぼすためのものなです。しかし、サタンは神に似せて作られた人間を惑わし、罪の性質を持たせることで、デフォルトでは神の基準の聖さ、正しさに達しなくなり、サタンとともに地獄に下らないといけない存在になってしまったのです。神は公平で正しいかたなので、サタンでさえも逆らえない正しさで裁きを行わないとサタンを裁けないのです。
そして、サタンの”道連れ”から買い戻しの代価が払われたのが、十字架で流された神の子の血だったのです。それによって、十字架を感謝し、キリストに心を向けるという「悔い改め」という変換を行うことで、私たちは再び神の子として受け入れられるのです。

だから、私は自分の経験からもこう断言します。
もし、「きょう」、キリストの十字架の救いに"Yes!"と言って次のように祈るなら、今日という日は、その人の生涯にとって最高の日になるのです。

天の神様。
私はあなたのまえでは罪人です。
今日、わたしは神様が御子キリストの十字架を通して私の罪を取り去られたことを聞きました。
わたしは自分が神の子とされたことを信じて感謝します。
アーメン。


| | コメント (0)

2008年3月16日 (日)

そうそう、名刺を作りました

”早々に”という意味ではありません...。
むしろ、「やっと」という感じですが、先日、名刺を作りました。

考えてみれば、職場で作ってもらったのは初めてです。
大学院生のころは、自腹を切っていたので、金額的にはそれほどでもなくても、なんとなく嬉しいです。大学院生のときは200枚ほぼ使い切りました。

思えば、名刺を配った多くの方々にお世話になりました。

今回は250枚を作成しました。これらの名刺の行き先がどんなところになるのか楽しみです。

hide-tanの名刺たちよ!
アメリカ中に散らばれ〜!
世界中に飛んで行け〜!
‥‥そしてチョッとだけ、記念に手元に残ってね。
airplane

Img_0364_2

| | コメント (0)

2008年3月15日 (土)

イースター(今年は3/23)の過ごし方

ブログを読んで下さっている方の多くは、すでにアメリカに住んでいるか、アメリカの生活にご興味がある方が多いと思います。

アメリカで大きなイベントといえば、クリスマス、Thanksgiving、ハロウィン、独立記念日などが思い浮かぶと思いますが、イースターも結構、大騒ぎしているイベントの一つです。WALMARTのような大手スーパーなどでも、2月終わり頃から、イースターグッズ(卵の形をしたチョコレートやおもちゃ、ウサギの置物など)一色になっています。
8187

これは、キリスト教文化に馴染みの無い日本では、あまり見かけないですよね。クリスマスのような商用イメージやロマンチックさがないからかもしれません。十字架にかけられたキリストが甦られた!というイースターのお祭りより、キリストがお生まれになった!という方がイメージとしてはいいですよね。

しかし、イースターは、キリストが死を打ち負かされたことを記念するという意味ではクリスチャンにとってはクリスマスより意味のあるイベントなので、私もこちらアメリカのイースター礼拝がどんな感じになるのか楽しみにしています。
23日の礼拝は普段教会に来ていない人たち(クリスチャンでない人も含めて)も多く来ると思います。

「教会は初めて」という方もぜひ、この機会にアメリカの教会の雰囲気を気軽に楽しむこともできると思うので、お近くのキリスト教会に行ってみて下さい。

パロアルト近辺にお住まいの方は・・・
Peninsula BIble Church
関西にお住まいの方は・・・
吹田聖書福音教会

をお薦めします!

| | コメント (0)

2008年3月13日 (木)

おめでとうnori-tan!

今日は妻nori-tanの誕生日でした。
8222

プレゼントはもう済んでいたので、帰りにこっそりケーキとお花を買って来ようと思っていると、妻とこどもたちでケーキを焼く計画を立てていました。
それで、今回はアレンジメントフラワーとミニタルト、クッキーを買って来ました。

出迎えた娘達は、花を見て叫びそうになるのをこらえながら、3人でゆっくりママに近づき、
『お誕生日、おめでとうsign03birthday

「ありがとう!・・・・で、いくらしたん?」
とすぐに現実的に・・・。家計簿をきっちりつけてくれているnori-tanには隠し事の買い物はできません。smile

子ども達も、私が持ち込んだプレゼントを見て、すぐさまケーキ作りを止めて、カードを書きに行きました。それで、夫婦でケーキの仕上げをしました。

夕食の後でバースデイソングを歌い、みんなが”ママに捧げるこの一年の約束”をそれぞれに言い合って、一本のろうそくの火を消したのでした。

8230

| | コメント (0)

「我流」じゃなくて・・・

毎日のようにブログに夕食メニューを載せてる妻nori-tan。
「どう?今日は我流やで。」
とよく聞いてくるのですが、今日、ふと、
”美味しいよ。でもそんなん、『我流』って言わんと、オリジナルとか創作料理とか言いや〜。”
と返してしまいました。

ブログ用の写真には、比較的良いお皿を使うので実際より見栄えが良い時もあるのですが、呼び方も少し変えてみたらさらに美味しくなるかもね。

余談ですが、こちらで日本人医師の方々に極力「○○さん」で呼んでいるのも、自分が「○○先生」より「○○さん」で呼ばれたいという気持ちがあるからかも・・・。

”医者っぽい”よそよそしい会話を避けるため?(でも関西弁の”せんせ〜”は親しげですがhappy01
臨床医をしてるわけでもないのに「先生」と呼ばれる違和感?
カリフォルニアの太陽のもとでは、医師という肩書きを捨てていたい?

なぜかは、自分でもよくわかりません・・・。

でも先生と呼ばれる方が慣れていて心地よい人もいるかもしれませんね。
そんなときは「先生」がいいのかなあ〜?think
(写真:足台を手に入れてから、皿洗いや物干など新しいアクティビティに目覚めた4歳の次女ayumi。)8145

| | コメント (0)

2008年3月12日 (水)

叱られ、謝られ、褒められる

今日、ボスのkasonから呼び出しがありました。

実験の進行状況を様々なトラブルの状況とあわせて報告。
いくつかの提案をもらい、それはそれでよかったのですが、
話は、フェローシップ申請に。

来週締め切りの準備について話あっていると、私が書こうとしていたことと、ボスが書いて欲しいと思っていたテーマが違うことが判明。っていうか、2週間程前に、確認したはずなのですが・・・。

”なんで、準備がこんなに遅れてるの!?”angry

週末遊びすぎて、風邪をひきました・・・とも言えず、「こっちのテーマで書くと思っていたので、この解析でプレリミナリーなデータが出てからと思っていたので・・・」
と二つ目の理由を言うと、(三つ目の理由は、受賞者がほぼすべて臨床研究で、レビューする人も全員臨床医なので、前回、基礎研究のプロポーザルを出した時に、あきらかに『わかっていない』あるいは『勘違いされている』レビューが返って来たから・・・というのも正直ありました。)

”あーそうか、そうか。それは悪かったわ。”coldsweats01とゆるしてもらいました。

それで、書く時は、この申請のこの部分に変更を加えて、これを足して・・・という打ち合わせを終えたあとで、
「でも、1月に苦労して仕上げたあっちのフェローシップに書いた分は参考にしないんですか?」
と聞くと、
”あ〜あれ!そうそう!あれ、かなり苦労していいのを書いたじゃないの。hide-tan,いいこと言う!”happy01

と、自分の準備不足なのに、なんとなく最後は、ボスが謝り、私が褒められる形でミーティングが終わってしまいました。良心が痛みながらも、ちょっと反省・・・。
(写真:Mt.Hamilton,CA)
Dscf0517

| | コメント (0)

2008年3月11日 (火)

めちゃくちゃな要求

昨日、礼拝に出席してくれた同僚のjuryと仕事が終わって帰る前に、礼拝説教の感想を聞きました。

やはり、誰でも『自分の人生は自分で切り開き、成功したい。』という思いがあるのはとてもよく分かります。『神様はそんな自分を応援してくれる存在であってほしい。』という気持ちも。

『殺人という恐ろしい罪を冒した人でも、信じるだけで罪がゆるされて天国に行けるなんておかしい。』
『神がいるのなら、なぜ悪い事をし続けている人が、のうのうと生きていけるのか?』
『なぜ、自分の努力では救いは達成出来ないのか?』

そんな問いに対して、聖書を学んでいるクリスチャンなら、そこそこ答えることはできます。
でも、議論に勝ってしまっても、『そんなら、そんな神様はいらん』と結論を付けられてしまうという結果になりかねません。でも、「あなたの言うとおりです」とわざと負けても、聖書や神についての誤解は残ってしまいます。議論に勝つこと無く、聖書に対する誤解や偏見を解くような説明ができればといつも思います。

普通、人は「自分は今どんな人間で、どのように生きていきたいのか?」ということを考えて人生の計画を立てます。しかし、まず、「自分をこの世に存在させている神はどんな方か?その神から見て自分はどのような存在なのか?そして、何のために自分を存在させているのか?」という問いに変換することで、ちょっと見方が変わると思います。

本当は、”そんな神様いらん”のではなくて、”どこまでも正しい裁きをされて絶対に一点の悪もゆるさない方であってほしい、でも、どんな自分でも受け入れてくれる神であってほしい”というめちゃくちゃな要求を持っているのではないでしょうか?
キリストがこの世に来たのは、そんなめちゃくちゃな要求を満たすためだったのです。しかも、それは人間がのぞんだというよりは、神ご自身が、嘘や、ねたみや、悪意や、不純な欲望やらで渦巻く私たちをなんとか神の子として受け入れたいという思いから、キリストを十字架に付けられたのでした。

冷静に考えれば、めちゃくちゃな話です。めちゃくちゃな教えです。
なんで、こんなめちゃくちゃなことを書いている聖書なのに、歴史の中で数々のひどい迫害に耐え、なおも世界のベストセラーであり続けているのでしょう?

それは、この聖書という本には、私とあなたをめちゃくちゃ愛してくれている神のめちゃくちゃ強い思いによって「生きている本」なのだからと思います。

草は枯れ、花はしぼむ。 だが、私たちの神の言葉は永遠に立つ。 (イザヤ書40:8)

(以下は、私の好きな詩です)

Footprints in the sand

One night a man had a dream. He dreamed he was walking along the beach with the Lord. Across the sky flashed scenes from his life. For each scene he noticed two sets of footprints in the sand; one belonging to him and the other to the Lord

When the last scene of his life flashed before him, he looked back at the footprints in the sand. He noticed that many times along the path of his life there was only one set of footprints. He also noticed that it happened at the very lowest and saddest times of his life. This really bothered him and questioned the Lord about it.

"Lord, you said that once I decided to follow you, you'd walk with me all the way. However, I noticed that during the most troublesome times of my life there was only one set of footprints. I don't understand why when I needed you most you would leave me."

The Lord replied, “my precious, precious child, I love you and I would never leave you during your times of trial and suffering, when you see only one set of footprints it was then that I carried you."

8077

| | コメント (0)

2008年3月10日 (月)

日曜礼拝シリーズ:休んで負うくびき

今日からサマータイム(Day light saving time)が始まりました。

8071
いつも午前7時半に集合して礼拝前のウォーミングアップをするクワイアーですが、今朝はサマータイムの初日なので、6時半に集合みたいなもので、みんなちょっと辛そうでした。

ウォーミングアップが終わって、はじめて教会に来てくれた同僚を迎え、空き空きの会堂で礼拝が始まりました。『なんでやろ?いつもはもっと多いのに・・・。』という私に彼女は「そりゃそうでしょ。時間がずれたから。私もつらかったもん。」と即答。なるほど・・・15分くらい経過してだんだん会堂が埋まって来ました。

礼拝説教の要旨:

Be still and know that I am God;
I will be exalted among the nations.
I will be exalted in the earth. (Psalm 46:10)

安息日は、ただ単に何もしないということではない。
自分の生活を支えていると思っている日常のことがらを止めて、自分の生活を支えているのは自分自身ではなく、天地を創られた神であることを思い出すためである。
「自分で何でもできる」とか、「自分は必要なものを何でも持っている」という考えを止めて、国々や創造物の上に立たれる神のもとで静まることをしましょう。

hide-tanより:

教会の説教を聞くと、「自分から何もしてはいけない。神様により頼みなさい。」ということが繰り返し語られ、今日来てくれた同僚のようなノンクリスチャンが聞くと、

”クリスチャンはなんと向上心の無い人たちなんだろう。『天は自らを助くる者を助く』というじゃないか。”

と言われることがあります。
実は『天は自らを助くる者を助く』という自助論は実は聖書に書かれていることではないのです。

では、クリスチャンは働かなくてもよいのでしょうか?

そんなことはありません。むしろ逆です。
キリストは私達ひとりひとりを招いて次のように声をかけて下さっています。

bookすべて、疲れた人、重荷を負っている人は、わたしのところに来なさい。わたしがあなたがたを休ませてあげます。わたしは心優しく、へりくだっているから、あなたがたもわたしのくびきを負って、わたしから学びなさい。そうすればたましいに安らぎが来ます。
わたしのくびきは負いやすく、わたしのくびきは軽いからです。(マタイの福音書11:28-30)

”休ませてあげる”と言っているのに、”わたしのくびきを負いなさい”ってどういうこと??
と思いますよね。うまく説明するのが難しいですが、わたしは以下のように解釈しています。

私達はみんなそれぞれの重荷を負って生きていると思います。若い人は不安や受験勉強を取り巻く重圧感、若い社会人はいきなり与えられる社会的責任と人間関係。子育て、近所付き合い・・・。将来に対する不安を払いのけるために人は一所懸命に何かに励み、自分の居場所や自己実現を求めて努力を重ねます。「生きることって、つらい。でもそれが人生。」と思ったことは一度ならずともあるのではないのでしょうか?

キリストを心に受け入れることで、自分の居場所が確保できます。それは親子関係よりも強く、夫婦関係よりも確かで、兄弟関係よりも親しい、永遠に続く関係の中で確保していただけるのです。心優しいキリストは、どこまでも優しく、へりくだり、私達の足を洗って下さる神なのです。(ヨハネの福音書13:1-16)・・・ちなみに、この行為はお互いに仕え合うことの模範としてキリストが弟子たちにされた行為ですが、「足を洗う」と聞くと、新しい人生の出発のようにも思いますよね。(これは余談)
神に愛され、受け入れられていること、神が自分を目的をもって創られたお方であることを知った人は、少なからず、「神様のために何かをしたい」と思うようになります。しかし、この時に「神様の素晴らしさを世の中で輝かせるような働きをしたい」という純粋な思いから「自分はクリスチャンとしてコレコレをして後世に名を残したい」などという気持ちが入ってしまうと、そのくびきは重くなってしまいます。

神はわたしの人生の神であって、すべて神の目的に適ったことだけが成就するようにのぞみ、人生がどのように進んで行くかも神の御心どおりになってほしいと思えるところまで休んでいなければならないのだと思うのです。神が本当に神ならば、その神が自分のために十字架にかかるほどに自分を愛してくれているということが本当ならば、自分が理想とする人生よりも神がわたしに望んでおられる人生を歩むことこそが自分にとっても最も良い人生なはずであると気付くはずです。

なので、キリストは”わたしのくびきを負いなさい”と言われたのだと思います。

なので、キリストはまず自分のところに来て、神の子とされた確かな証拠をもって安らぐことをまず求めておられ、そのような確証をもらっているクリスチャンは自分自身のための人生の重荷をおいて、キリストのくびきを背負うことを求めておられるのです。

そのくびきは、その人によって違う「神のくびき」なのです。その人にあったくびきであるために負いやすいのです。なぜなら人はそのくびきを背負うためにデザインされ、その人の人生はそのために備えられてきたからです。自分を創られた神が用意してくれた人生の目的にそって生きる時に、そのくびきは神ご自身(聖霊)によって背負われるので、重さはさほど感じられず、自分では説明のつかないような働きが出来たり、目的通りに生きる喜びに満たされるのです。

現実に戻ると、職場ではおそらく"Do your work!"と急かされることと思いますが、同じことをするのにも、心の中で、"Yes. I am doing His work."と言い直すことで、仕事に対する意識や姿勢が違ってくるのでは・・・とも思うのです。そう思えるようになれば、神とともに歩む一歩を踏み出したことになるのです。
(今日の写真はPalo Alto市の海岸にある公園、Baylands Nature Preserve)
80598055

| | コメント (0)

2008年3月 9日 (日)

Lick Observatory/Mt.Hamilton

8019
今日は、午後からサンノゼ郊外のMt.Hamiltonの頂上にあるLick Observatoryに行って来ました。
ここは教会の知り合いに教えてもらったところで、最近、星にハマっている長女のために「下見ドライブ」がてら出掛けたのでした。なんでもここは、全米でも有数の歴史のある天文台のようです。University of California Observatoryによって管理され、学術、研究目的に現在も使用されています。100年以上前に、大富豪であったJames Lickという人が自分の余命がいくばくもないことを悟ったときに、寄付をして作ったものらしいです。

Mt.Hamilton自体にはサンノゼから20分ほどですが、天文台は山頂にありますので、1時間以上かかります。Mt.Hamilton Rd.を辿って行って、やっと山を越えたと思ったら、遠く彼方、別の山の山頂に燦然と輝く天文台が・・・。
子ども達が車中で眠っていたことと、ドライブウェイの景色が息を飲むほど美しかったために思い切って行って来ました。行きの運転は妻nori-tan担当で、車酔いしながらwobbly私が撮った写真はこちらです。


7955
7963

それで、やっと見えて来た真っ白な天文台は、青い空と緑の間に美しく映えてとても綺麗でした。
7993
7985

立派なメインビルディングに入ると、ちょうど館員の方が36インチ屈折望遠鏡の説明を始めるところでした。子ども達も大きな望遠鏡にびっくりしていました。

7995
8009

夜のツアーは事前に確認しないと行けないと思いますが、お昼の見学は、ぐねぐねドライブが苦にならなければ緑の多いこの時期の景色を楽しむのにも、ちょっとした社会見学にもよい場所と思います。

8036

| | コメント (0)

2008年3月 8日 (土)

ちょっとした決心

今日は、妻nori-tanが教会のお友達のお家に招待され、夕方から他の日本人のお友達とともに出掛けて行きました。最近、nori-tanが夜のESLに行かなくなったので、久々の3人だけの夜でした。

で、私たちは、夕食とデザートで満足したところで、ジーザスの映画の一部を見たり(これは日本語でもインターネットで無料で公開されています。)、ゲームをしたりして楽しみました。

帰って来たnori-tanご機嫌で、「"Little women"に行くことにしたで〜happy01
・・・???教会のWomen's Retreatという女性だけの2泊3日の修養会のことですが、フレンドリーなお友達からの誘いに負けて、聖書漬け、英語づけの三日間のイベントに行く決心をしたようです。

男性バージョンについては、1月の記事、

今度は子ども達を3日間お世話しないと・・・sweat01
でも、楽しんでおいで〜happy02

| | コメント (0)

2008年3月 7日 (金)

礼拝形式をめぐるディスカッション-2

前回の続き)

話し合いの前に指揮者のlesleyから次のような取り決めが提案されました。

ng1:個人を責めるような意見を言わない。 ng2:"should"(=せねばならない)という言葉を使わない。 ng3:質問はしない。(答えがないので)

それで出た意見をまとめるとこんな感じ。

oneそれぞれの音楽に良い面があるので、お互いが世代の違う音楽を毛嫌いせずに学ぶことも必要
two曲を覚えやすいように同じ曲を繰り返して選曲してほしい
three自分の好きな音楽ジャンルでの賛美集会を礼拝とは別にもってもよいのではないか
four新しい音楽の中には、歌詞が礼拝にそぐわないのではと思うことがある
five教会はキリストにあって一つの体。意見や好みの違いがあってもお互いに愛し合えるようにしたい

アメリカはCCM(コンテンポラリー・クリスチャン・ミュージック)の市場が大きく、かなりの数のCDや音楽ファイルが販売されています。そのなかには確かに歌詞の内容がヘンと思ってしまう曲もたまにあります。
クリスチャンとは言っても、ミュージシャンもいろんな信仰を持っていたり、聖書理解を持っていたりするわけです。

たとえば、あるミュージシャンにとって、
「神様、あんたはすんごいな!」
というような口調の歌詞が”賛美”であると思っても、他の人からはとても失礼なことを言っているような気がすることもあるのです。
また、
「神様。私はあなたの前にひれ伏し、私の人生のすべてをお捧げします。」
という内容が、ある人にとっては、本心から出た言葉になる場合もある一方で、”自分の人生を捧げるって・・・そこまでの信仰心は持っていないな。これを歌うとウソをついているみたいや。”やcoldsweats01、と思う人もいるし、”私は、私は・・・って言葉が続いて、神様のことを賛美してるのか、賛美をささげている自分に酔っているのかわからないわgawk”と思う人もいるみたいです。
なかでも、「古くからある讃美歌というのは世代を経て評価に耐えて来た実績があること、たいていはその曲が作られた背景からも学ぶことが多い」という意見には納得させられました。

最近の私はそこまで歌詞の内容を吟味したことがないので、なるほど・・・と思いました。

確かに自分も信じる決心をする前に、讃美歌を歌ってみても、なんだか気持ち悪かったですし、
「私の心の喜びをあなたに届けたい」とか「あなたは神に愛されている」というメッセージソングを礼拝で歌うときに抵抗を覚えたことはありました。

そこで、私は手を挙げて、
「このディスカッションを通して、ワーシップソングを捧げるときには心から捧げるという歌い方だけでなく、自分の口から出る歌詞の内容が神様の前に捧げるものとしてふさわしいものかを考えないと・・・と思わされました。」と思い切って短いコメントをしました。

教会で語られる説教には、信徒のみなさんは注意を払って聞いていますが、歌われる曲に関しては、クリスチャンの曲ならよいもの、スタッフが選曲されたものなら安心・・・とは思わずに歌詞を吟味して、これは神様の前に捧げることばとしてふさわしいものかどうかも考えながら賛美したいと思いました。クリスチャンミュージックの中には本当に素晴らしいものが多くあり、そのような曲を礼拝で歌いたいという曲はあると思いますが、礼拝賛美として捧げるワーシップソングと、自分達で楽しむためのクリスチャン・ミュージックは分けないといけないと思いました。

みんなの一致した意見は、”どのようにしたらよいか結論は出ないけれど、言えることは、教会のメンバーで違った考えの人を理解し、愛しあうようにすることがとても大切happy01
というところに落ち着いて、こういうディスカッションがあってよかった、そして自分はこんな素晴らしい兄弟姉妹のいる教会に来てよかったと、みんな悩んでいるのに、何も解決していないのになんだか嬉しい気持ちになりました。


| | コメント (0)

礼拝形式をめぐるディスカッション-1

昨夜、クワイアー(聖歌隊)の練習のあとで、礼拝での賛美の曲目についてのディスカッションがありました。礼拝説教で、どのような内容に重きが置かれるかということが教派を決めると思いますが、礼拝賛美は教会の雰囲気、礼拝の捧げ方を決める大事な要素です。

私の教会はどちらかというと、インファーマルな感じで、賛美ではCCM(コンテンポラリー・クリスチャン・ミュージック)が歌われることが多いです。
賛美チームにはリーダーのギターを持ったjack(仮名:先週から賛美担当牧師と呼ばれることになった)、女性コーラスが2名、ピアノ、ベース、ドラム、そして時々チェロが入ります。音楽のレベルはプロ級だと思いますし、ミニコンサートのようです。

それで、あまり気がついていなかったのですが、日曜日の第1礼拝(8:30~)は讃美歌中心のTraditional service、第2礼拝はCCM中心のInformal serviceにするようにしているそうです。
それで、クワイアーの賛美奉仕はこれまで第1礼拝でしかしていなかったそうですが、今後の試みとして、両方の礼拝形式を統一しようということになり、クワイアーも両方の礼拝で賛美をすることになりました。

そこで、予想どおり起きる葛藤は、若い人はCCMを好み、年配の方は讃美歌を好む傾向があるということです。そこで、この教会に集うみんなに配慮が届いた礼拝賛美の形態をとるには、どのようにすればよいのかということが今日、クワイアーにjack(というか彼自身も最近クワイアーに参加)を交えて話し合われたわけです。(つづく)
Dscf0434
(Foothillsからのパロアルトの眺め)

| | コメント (0)

2008年3月 6日 (木)

えらいこっちゃ!

今日、ラボミーティングに箕面名物の”もみじ天ぷら”を持って行きました。maple
国際的なラボ(6カ国)なので、ラボの中で国々の珍味が出回るので、なんでもトライしたい人たちばかり。

今回ももみじの天ぷらであることを説明しても、誰も嫌がらず、みんなパリパリと食べ始めました。

感想はさほどなく、「うーん。葉っぱの味はせんな。」
でも、ミーティングが終わると一袋がすっかり無くなってしまいました。

そのあと、イースターの話題。
jury "イースターにhide-tanの教会に行くわ。"happy01
jane "イースターねえ。スウェーデンではみんなお祝いして、休みになるけど、こっちはならないの?”gawk
jury"イースターの前の1ヶ月って、自分の好きな何かをやめて過ごすらしいよ。チョコレートを食べないとか。”happy01
hide-tan"そうなん!?えらいこっちゃ!そしたら、僕、実験やめなあかんし、ボスともミーティング出来ないよ!”

happy02smilebleah

| | コメント (0)

2008年3月 5日 (水)

教育をめぐる悩み in ベイエリア

このブログで唯一(?ということはないか・・・)、欠けているトピック。それは、カリフォルニア(ベイエリア)の幼児教育についての情報でした。今日、スタンフォードに来られる予定の方をこのあたりのいくつかのプレスクールに案内して思いました。

私も、幼児教育については、まったくの素人で、しかも熱心でもなく、
いちばん大事なことは「なぜ学びたいのか?何を学びたいのか?」という動機なので、それは小学生くらいでないと芽生えないし、強制的に勉強させたりするよりは、自分の好きな絵本を読むために(あるいは読みながら)字を学ぶ、頭を使うゲームで遊んで右脳を働かせる、そして公園で走り回って体力をつけるなど(医師国家試験のときは体力が結構なウェイトを占めると思いました)、遊びの要素を入れつつ、心豊かに育つことhappy01が大切だと思っていました。

間違っていないのかもしれないかもしれないですが、たぶん浅はかな考えなのだろうと思います。

自分の愛する子に、その子にあった幼児教育を提供してあげるにはどうしたらよいか?

良いプレスクールに入れてあげるということもひとつ。→でもこちらは平日5日間入れると1ヶ月に$1500以上します!

仕事が終わって家に帰ったら、一緒に勉強してあげることがひとつ。→不定期になっちゃうことや、他のことで精一杯で気力がでないことも正直あって、締め切りが設定されている宿題を見てあげるのがやっと。sweat01(本当は「やっと」ではないのかも・・・sweat02

日本でいる時は、比較的定評のある私立幼稚園に入れて、それで安心していたところも正直あります。

アメリカに来てみると、子どもが何歳か?何年の予定で滞在して帰国後は何年生なのか?英語教育にどれくらいのウェイトを置くべきか、日本語学校に行かせるべきか?赤字経済をさらに助長させるような高い教育費をどこまで受け入れるべきか・・・我が家ならではの悩みもありますし、教育方針を考えさせられるところです。

「親力」で決まる ! 子供を伸ばすために親にできることBook「親力」で決まる ! 子供を伸ばすために親にできること


著者:親野 智可等

販売元:宝島社
Amazon.co.jpで詳細を確認する


| | コメント (0)

2008年3月 4日 (火)

ひなまつりフィーバー!?

今日は3月3日のひなまつり。

妻のnori-tanは朝からNIJIYAに行き、イクラ、ハマグリ、海老などを買って来て、私が仕事から帰ると、完全にひな祭りモードでした。(妻のブログ参照

子ども達も今日はひなまつりということで、はしゃいでいましたが、朝から調子の悪かった長女は夕方から38度をこえてしまい、完全にダウンしておりました。

昨日は次女を遊びに連れ出している間に、せっかく宿題を頑張っていたのに、あるちょっとした事件で私に叱られ、今日はひなまつりのご馳走で元気挽回と思ったら、このありさまで、かわいそうでした。

せっかくのひな祭りなのにね・・・。

(写真:minoriが学校から持って帰って来ました。)
7829

| | コメント (0)

2008年3月 3日 (月)

日曜礼拝シリーズ:何もしてはならない日にすべきこと

聖書箇所 (1)book出エジプト記 20:8-11

安息日を覚えてこれを聖なる日とせよ。
六日間、働いて、あなたのすべての仕事をしなければならない。
しかし、七日目は、あなたの神、主の安息日である。あなたはどんな仕事もしてはならない。・・・(中略)・・・それは主が六日のうちに、天と地と海、またそれらの中にいるすべてのものを造り、七日目に休まれたからである。それゆえ、主は安息日を祝福し、これを聖なるものと宣言された。

メッセージ要約 (1):
安息日は、神が私たちを創られたということを思い出す日です。
私達が週末に休むのは、平日の疲れを癒して新しい一週間に備えるためです。私達は効果的に働く為ために休んでいるのです。

しかし、神の安息は違います。

聖書は神が疲れたから休まれたとは書かれていないのです。
神は7日目に、創造のわざを完成されたので休まれたのです。(創世記2章2節)
そして、あなたも神の創造物なのです。私達は自分自身が何者かであるようにするためにもがいています。自分自身を創造しなおそうとしているのです。しかし、神は安息日を設けることで、創造の業が完成していること、あなたを創られたのが他でもない神であることを思い出してほしいと思っておられるのです。
なので「神様、結構です。自分だけでどこまで達成出来るのかを試してみたいんです。」などと言わないで下さい。

聖書箇所 (2)book出エジプト記 31:12-18

・・・あなたがたは、必ず私の安息を守らなければならない。これは、代々にわたり、私とあなたがたとの間のしるし、わたしがあなたがたを聖別する主であることを、あなたがたが知るためのものなのである。

メッセージ要約 (2):
安息日は、神が私たちを選ばれたということを思い出す日です。
ユダヤ人たちは自分達が選ばれた民であるということを覚えておく為にも今も安息日を守っています。私達も何をするかということで、自分のアイデンティティを築こうとするのではなく、自分が神に選ばれてこの世に存在しているのだということを思い出す必要があります。キリストは「あなたがたが私を選んだのではなく、私があなたがたを選んだのです。」と言われました。キリストは国の首相や大統領のように数ある神々の中から私達が選ぶものではありません。キリストははじめからすでに王なのです。その王であるキリストの選びに招かれていることを覚えておく必要があります。

聖書箇所 (3)book申命記 5:12-15

・・・あなたは、自分がエジプトの地で奴隷であったこと、そしてあなたの神、主が力強い御手と伸べられた腕とをもって、あなたがそこから連れ出されたことを覚えていなければならない。・・・

メッセージ要約 (3):
安息日は、神が私たちを救い出されたということを思い出す日です。
7月4日はアメリカ独立記念日(Independence Day)です。これは自分達が自分達の手で独立を勝ち取ったことを祝うような日ですが、安息日は、救いは神から来ることを思い出して、神により頼んで歩むことを学ぶ"Dependence Day"であるべきです。
I can do it!ではなく、He can do it!というべきなのです。

hide-tanの感想confident
最後の"I(私)"ではなく、"He(神)"であることを聞いたときに、そういえば、アルファベットは"I"の前が"H"であるなあと思いました。神は出エジプトでユダヤの民の先を雲の柱という形で導かれました。
しかし、私の歩みは往々にして、自分が先、自分が先!(これをクリスチャン用語で"me first" Christianと言います。)という感じで、キリストが、自分のために命を捨てて下さった神の御子なるキリストが、私の先を進むこと、私の人生の主導権をゆだねることを禁じているように思います。

行く手になにが待ち受けているのかわからないのが私達の人生。私を創り、私を選び、私を十字架の血潮という代価で贖(あがな)ってくださったキリストに自分の先を導いていただく、そのような人生を歩むのであれば、「一寸先は闇」が「一寸先はキリスト」に変わり、恐れる必要はないのだと思わされました。

(写真:Foothills Park。今日は2 dads&5 kidsでピクニックに行きました。桜が満開、緑は眩しい美しい季節になりました。)
7743
7745

| | コメント (0)

2008年3月 2日 (日)

ロダンとフーヴァー

今日は、午前中に娘二人を連れて、スタンフォード大学の名物、Canter CenterHoover Towerに行って来ました。これらはスタンフォードに半日観光に来る人たちは行くけれど、内部の人間としては、いつでも行けるという思いから意外と行ったことのない学内関係者もいるのではないでしょうか?
(写真:地獄の門。このまえに立たせているのは、決して罰ではなく、本人たちのリクエストです。)
7637

Canter centerは残念ながら休みで庭のロダンの彫刻を見て回りましたが、地獄の門は圧巻でした。門の上には「考える人」がいます。
地獄の門の両端にはアダムとイブがうなだれた様子で立っています。これを見ると、彼らが地獄に行ったという風に思うかもしれませんが、聖書にはそのようなことは書かれていませんので、ロダンも、アダムとイブのとった行為が地獄の門を開いてしまったということを表現しているのだと思います。
この地獄の門は世界に六ヶ所あるようです。(東京の上野公園にもあるそうですよ)

ちなみに、キリストによって開かれた「天国の門」(ギベルティ作)の彫刻はサン・ジョヴァンニ洗礼堂にあるらしいです。

Hoover towerにもやっと上る機会を得ました!

ツアーの待ち時間にフーヴァー元大統領と夫人(両者ともスタンフォード卒業生)の展示を見て回りました。卒業証書の隣に成績票までも公開されていてビックリ!
たくさんの功績をあげた偉人ですが、地質学専攻だったこの二人は、どのようにして大統領となり、世界的な規模で人道支援を行ったのかということをもう少し知りたい気がしました。その背後にある思想や人生を変えた出来事なども・・・。
7649

やはり、上からの眺めは素晴らしく、キャンパスと裏山を見渡せます(写真)。鉄格子のみなので、ちょっとスリル満点なところ、窓の上には獅子の彫刻が飾ってある等、装飾に凝っていること、大きなチャイムを演奏できる装置があるなど、タワー自体の発見もありました。
7665

| | コメント (0)

2008年3月 1日 (土)

真夜中の研究棟の怪

今日、夜遅くに研究室に細胞をピックアップしに行った時の話。night

裏の勝手口からは階段の部屋になっているのですが、そこに入ろうとキーカードをかざした途端、

ガラガラドッシャーン〜!

という物音が。
事件か?事故か?とおそるおそる開けると、階段の上に黒い服を着た女性が。
そして、下には、黒いバックが。

"Are you OK? I heard a noise..."

と声をかけると、その女性は笑いながら鞄を拾って出て行きました。

細胞も無事に処理を終えて、帰ろうとすると今度は、

ドシドシドシドシ・・・

と研究棟に大きな音と振動が・・・・

私と同じ方向に走っている足音のような感じですが、自分の目の前の階段を駆け下りる音も、形跡もなし・・・。なんだったのでしょう?

また今度、同じ時間に同じ出来事が起きたら、報告します。
階段だけに怪談ばなしになるのかも・・・さむうっ。shock

| | コメント (0)

« 2008年2月 | トップページ | 2008年4月 »