« 懐疑論の中での信仰 | トップページ | ロダンとフーヴァー »

2008年3月 1日 (土)

真夜中の研究棟の怪

今日、夜遅くに研究室に細胞をピックアップしに行った時の話。night

裏の勝手口からは階段の部屋になっているのですが、そこに入ろうとキーカードをかざした途端、

ガラガラドッシャーン〜!

という物音が。
事件か?事故か?とおそるおそる開けると、階段の上に黒い服を着た女性が。
そして、下には、黒いバックが。

"Are you OK? I heard a noise..."

と声をかけると、その女性は笑いながら鞄を拾って出て行きました。

細胞も無事に処理を終えて、帰ろうとすると今度は、

ドシドシドシドシ・・・

と研究棟に大きな音と振動が・・・・

私と同じ方向に走っている足音のような感じですが、自分の目の前の階段を駆け下りる音も、形跡もなし・・・。なんだったのでしょう?

また今度、同じ時間に同じ出来事が起きたら、報告します。
階段だけに怪談ばなしになるのかも・・・さむうっ。shock

|

« 懐疑論の中での信仰 | トップページ | ロダンとフーヴァー »

スタンフォード大学」カテゴリの記事

ラボのようす」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 懐疑論の中での信仰 | トップページ | ロダンとフーヴァー »