« エイプリルフールのお知らせ | トップページ | イラスト担当ポスドク? »

2008年4月 2日 (水)

つんつる”天”でも!?

毎週水曜日の夜はクワイアーの練習のために教会にでかけています。
Img_0358_2

男性10名前後、女性20名前後のクワイアーですが、半分くらいのメンバーは白髪の年配の方々です。
でもみんな老若男女関係なく、お互いにからかい合ったり、いじめ合ったり?して毎回楽しく練習しています。年配の人の言うことは尊重しないといけない、とか、年配の人には敬語を使い、礼儀正しくしないといけないというような儒教の影響を受けた日本の慣習とは違うからなのかもしれません。

「年齢は関係ない。みんな神様の子どもなんだから。」

という雰囲気がみなぎっているクワイアーのメンバーの面々を見ていると、どんなに年老いていても若々しく、とても皆さん魅力的です。
白髪の女性も美しく、つんつるてんの男性もかっこいいのです。

bookしらがは光栄の冠、 それは正義の道に見いだされる。 (箴言16:31)

そして、毎回の練習のたびにこう思うのです。

みんな天国に行ったら、どんな姿になるんやろう?
天国に行っても、こんな感じで小突き合いながら歌の練習をするのかもしれへんな〜。

ヒアリングの問題もあって冗談についていけないこともあるのですが、天国ではたぶん共通語なんでしょうね・・・。

|

« エイプリルフールのお知らせ | トップページ | イラスト担当ポスドク? »

アメリカ生活」カテゴリの記事

聖書・教会」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« エイプリルフールのお知らせ | トップページ | イラスト担当ポスドク? »