« グローバルな靴下問題 | トップページ | 9周年を迎えました! »

2008年4月15日 (火)

アメリカの税金申告

明日(2008年4月15日)は、アメリカの連邦税とカリフォルニア州税の申告の締め切り日。

あるソフトウェアで、申告用の書類を作ろうとすると、私のようにNon Resident Alienである人が使う1040NRが作成できないことが判明。今日、あらためてオンラインソフトのCINTAXで作成し直しましたが、今日はとてもアクセスが集中しているからか、次のページに行くのに1-2分待たないといけないこともしばしばありました。なので、間違いに気付いて戻ろうにも時間がかかり、おまけにタブで国名をJapanと選択するのも間違えてJordanをクリックしてしまっていたので、3回もやり直すはめになってしまいました。疲れすぎて、『冗談(Jordan)じゃないよ〜』という、大阪人としてはゆるし難いようなおやじギャグまで口にしてしまいました。

アメリカ連邦税に関して私(注:滞在期間やビザの種類、給料の出所によって違って来ます)が今年、提出したのは、この1040NRとW-2 Formと1042-S(これら二つは職場から提供される)の3点と本人と家族のForm 8843です。(家族の分は別々で郵送しました。)

カリフォルニアの州税にはForm 540NR(私は滞在期間などいろいろ考慮したあげく、NRにしました。)とW-2 Formを提出しました。

見直したり、インストラクションを読むとますます間違えているような、やりなおさないといけないような気になるのですが、とりあえずは期限内に提出することが大事だと思うのでエイやっ!で提出しておきます。
(写真:教会でVacation Bible Schoolというのがあって、申し込みました。教会のパティオでブースをだすスタッフの方と我が家のムスメ達。)
9016

|

« グローバルな靴下問題 | トップページ | 9周年を迎えました! »

アメリカ生活」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« グローバルな靴下問題 | トップページ | 9周年を迎えました! »