« 念願のフェローシップ | トップページ | 日曜礼拝シリーズ:仕える者としてのリーダー »

2008年5月17日 (土)

やはり若さは貴重です!

今夜は、California Baptist Universityの女性クワイアーのチームが私達の教会にやってきて無料コンサートをしてくれました。
10121

会場のチャペルに入ると、何人かのメンバーがやってきて自己紹介をし、もてなす雰囲気を作り出し、最初の曲は、会衆を取り囲むようにして周りから歌ってくれました。女性達の美しい歌声に最初の曲の感想は、「若い!」でした。ウチの教会のクワイアーも重量感があっていいのですが、このクワイアーには若い人にしか出せない声の清涼感がありました。

また指揮者の方も、かなりのベテランで肩に力を抜けた感じの指揮で、楽しく話やアクティビティを加えながら、いろんな曲を組み合わせ、実に会衆を飽きさせずに構成してくれていました。

その後、私達はこのクワイアーのうちの2名の学生さんを家に招いて泊まってもらうことになりました。まだ1年生のキャピキャピの二人でしたが、礼儀正しく、フレンドリーで、大学やクワイアーや日本の文化の話など1時間くらい話しました。彼女達クワイアーは、この2週間ずっと毎日いろんな教会でこのようなコンサートをしては、その教会の人達のお宅に泊めてもらっているそうです。練習も大変だけど、今は楽しんでいる様子を見て私達夫婦も楽しくなりました。

ありがとう!

|

« 念願のフェローシップ | トップページ | 日曜礼拝シリーズ:仕える者としてのリーダー »

聖書・教会」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 念願のフェローシップ | トップページ | 日曜礼拝シリーズ:仕える者としてのリーダー »