« 無学を隠す言い回し | トップページ | やはり若さは貴重です! »

2008年5月15日 (木)

念願のフェローシップ

1月に結構大変な思いをして書いたフェローシップ(自分の給料になる助成金)申請のレビューが返却されて来ました。(下記ブログ記事参照)

火の玉フェローシップ!(1月3日)
フェローシップ申請で気付いたこと(1月7日)

何が書かれてあろうとしっかり受け止めよう...と心に誓って、恐る恐るメールを開くと、スコアと自分が上から何番目のパーセンタイルに入るのかが示されていました。結論から言うと、二人のレビュアーから予想以上にハイスコアをつけていただいて、申請者全体の前から25%以内の圏内に入っていていました。通常30%強までがもらえるのでほぼ確実にフェローシップがもらえることになりました。

「やったー!!!!」happy02と叫びたいのをぐっとこらえて日本人らしく、小さくガッツポーズし、ラボのみんなに祝ってもらいました。ボスも先日、私の研究テーマでのグラント(研究資金)を獲得したところなので、私の給料と研究資金は最低限は確保されました。今回は、ボスも他の研究でグラントを申請していて、それもさらに良い評価だったそうなので、かなりご満悦でした。

レビューには、
1:研究プランの内容と妥当性
2:申請者の経歴とキャリアーゴール
3:指導者の経歴と研究環境

大きく分けてこの3つが同じくらいのウェイトをしめているようでした。
なので、書いた内容や自分の業績以外に、優秀なボスと有名な大学であることも今回の獲得には大きく関与しています。

なぜか嬉しかったことは、大学院での研究を発展させるような分野の研究をしているラボに移動して来たこと自体が高く評価されていたことです。また、臨床医としての経験からこの分野の研究に移ったことも評価されていて「本気とやる気」が伝わったようです。

それにしても、アメリカでも由緒正しい学会のレビュアーから、自分の進路の選択を褒められたのは意外でした。
確かに、ここスタンフォードに来たことは、自分が今までしてきた決断の中で5番目によかった決断だと思います。(1−4番は下記コメント欄参照)

Img_0675
(写真:母の日に装飾?された車を教会で見かけました。さすがアメリカ‥‥。)

|

« 無学を隠す言い回し | トップページ | やはり若さは貴重です! »

海外留学」カテゴリの記事

研究」カテゴリの記事

コメント

かんちゃんさん

ありがとうございます。
楽しそうなブログを拝見していると、少なくともサンアントニオに来られたのは良い決断だったのではと思いますよー。

投稿: hide-tan | 2008年5月20日 (火) 08時30分

hide-tanさん、

フェローシップ獲得おめでとうございます。


わたしの場合、決断でよかったことはすぐに思いつかないですね~
逆に、こうすればよかったはすぐにいくつも思いつきますが...

投稿: かんちゃん | 2008年5月20日 (火) 07時46分

kwadaさん

コメントを妻と一緒に拝見し、この「1位」がなかったら、たとえ二人が結婚していても、お互い2位はkwadaさんと同じように困っていたかもしれないねと話していました。
みなさんの1、2位が私たちのようになることを望んでいますが、人生を歩む中で、kwadaさんにとってダーリンが、ダーリンにとってkwadaさんが今よりさらに上位に来るといいですね。

投稿: hide-tan | 2008年5月17日 (土) 05時32分

Hide-tanさん
フェローシップの件、おめでとうございます。
この道をゆけ!ということですから、さらに気を引き締めて、私からもお願いします。
ところで、決断してよかったこと、第2位に感激です。私の1位は間違いなく小児科医というか新生児医になったことですが、2位に結婚はちょっと自信ないですねえ、、なんでかな?留学したことや子供ができても仕事を続けたことは上位にはいります。
結婚は決断したという覚えがないんですよね、、なんとなく?
まだよかったかどうかわからない??いずれにしてもniri-tan、うらやましい。うちのダーリンの2位はコルベット買ったとかそんなことにちがいない。kwada

投稿: kwada | 2008年5月16日 (金) 21時13分

hide-tanの決断でよかったこと
1位:イエスキリストを救い主として受け入れたこと
2位:妻nori-tanとの結婚
3位:小児科医になったこと
4位:大学院に入って研究をはじめたこと
5位:スタンフォードに留学したこと

でも、これらは「決断した」というよりはそうなるように神様に導いてもらったものばかりなのです。

”人の歩みは主によって確かにされる。主はその人の道を喜ばれる。
その人は倒れてもまっさかさまに倒されはしない。主がその手をささえておられるからだ。(旧約聖書 詩編37:23-24)”

投稿: hide-tan | 2008年5月16日 (金) 14時00分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 無学を隠す言い回し | トップページ | やはり若さは貴重です! »