« Fire Drill !? | トップページ | One after another »

2008年6月25日 (水)

さよならchris!

一緒に仕事をしてきた院生のchrisがドイツに帰国することになりました。
こちらに来て数ヶ月は、午前11時前にやってきて、ランチに抜けて、コーヒータイムに抜けて、5時前に帰る生活をしていて、クリスマスには1ヶ月近く帰国したりしていて、週末の細胞の世話を頼まれたりした時には、

「いったい何しにきたねん!」

と言いそうになりましたが、さすがに最後の2-3ヶ月は気合いを入れて頑張っていました。
彼の中でも前半遊んで、後半頑張るというのがあったかもしれません。
Img_0870
ついでにもう一人の院生nickの誕生日だったので(それでウチの妻がケーキを焼いてくれました)、ラボの一年の締めくくりと彼の誕生日、壮行会を兼ねてのパーティがありました。今回は初のボスの家です。Stanfordの敷地内にある、おそらくVIPしか住めないような地区にある素敵な邸宅で、ご長男がピアノを奏で、ショートヘアーコリーがプールサイドを駆け回る、優雅な雰囲気でした。
12144

ボスの手料理と、旦那さん(彼の方が研究者としては有名)のホスピタリティのもとで楽しいひとときでした。ウチの娘達は、ワンちゃんを触ったり、ピアノに聞き入ったり(長女は見入っていたようです)して、それなりに楽しかったようです。ついこの間の日曜日もパーティがあったし(妻のブログ参照)、最近パーティ続きですが、いろんなアメリカ人のいろんなお宅が拝見出来て、家族は上機嫌です。

さて、主役のchrisは、みんなからのお土産をもらい、「ありがとう。特に引っ越しの手伝いをしてくれたnick。」と言うだけの、あっさりしたスピーチをしました。まだ若いし、そのうちにすぐに遊びに来るよね。


Img_0871

|

« Fire Drill !? | トップページ | One after another »

ラボのようす」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« Fire Drill !? | トップページ | One after another »