« パリに学会出張です | トップページ | 頭にもご馳走 »

2008年6月 5日 (木)

優雅に、ハードに、最先端

10467SFOから11時間のフライトでパリに着きました。エールフランスAF83便はボーイング747型の古いジャンボジェットで、テレビ画面も個人個人についていないようなものでしたが、おかげで、本を読んだり、隣りに座ったウェブデザイナーの兄ちゃんに企業用のプレゼンテーションを見せてもらったりできました。フライト自体もスムーズでした。

生まれて初めて大西洋越えをして、はじめてのフランスに感激したのもつかの間、どこもかしこもフランス語。空港の駅に着いたものの、チケットをここで買っても良いものか、インフォメーションセンターで聞こうとすると、そこにスタンフォードの研究仲間がいたので、合流させてもらいました。
フランス語がわからない3人で右往左往したものの、電車の乗り継ぎだけが心細かったので、助かりました!
10481

電車で1時間、タクシーで10分ほどのところに田園風景が広がり、そこにお城のようなお屋敷を改造したシャトーホテルが現れました。この分野の大御所のお二人とも早速挨拶をさせていただき(やっと自己紹介無しで、"Hi, Good to see you!"で通じるようになりました。)、いよいよ明日からの2日間と半日はこの優雅な環境の中で、缶詰にされて、否応無く、脳研究の最先端を学びます。


|

« パリに学会出張です | トップページ | 頭にもご馳走 »

旅行・地域」カテゴリの記事

研究」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« パリに学会出張です | トップページ | 頭にもご馳走 »