« Trilingual Familyのお宅にて | トップページ | Mentor couples »

2008年7月27日 (日)

スタンフォード学内散策

今日は、長女のminoriと一緒に久々にデートを楽しみました。

まず、大学病院の正面玄関の噴水前で、カモの親子を観察しました。数ヶ月前にも沢山いましたが、今回は本年2回目のベビーブームみたいで沢山いました。産毛がふわふわで、チョコチョコ歩いては、チョポンと水に入り、ヒヨヒヨと水上を滑る姿を間近で見てminoriも大満足でした。
13598
その後は美術館前の地獄の門の彫刻を眺めた後でPalm Driveを南下し、定番のメインキャンパスをゆるりと散策。
13610
メインキャンパスは何回見ても飽きることはないくらい美しいです。
13616
13618
その後、ブックストアでちょっとした事件が!
minoriと二人で本を見て回っていたところ、医学書セクションの窓ガラスに”ゴン!”と何かがぶつかった音がしました。見ると、小鳥が落ちて死んでいることがわかりました。
minoriのリクエストもあり、二人でお墓を作りましたが、命のあっけない終わりにちょっとショックを受けたようでした。
(写真:ブックストア裏にあるトーテムポール。カナダからの寄付らしいです。)
13620
学内にあるLake Lagunitaiaさんのブログでカエルの記事があったので、minoriも楽しみにしていましたが、お昼ということもあり、小さなカエルがぴょこんぴょこん渇いた地を飛び回っている他は大きなトノサマガエルのようなものとは遭遇していませんでした。この時間帯では出会えないかもよと言っていたので、minoriも納得。それでもオタマジャクシなども見たりして満足でした。この時期の湖は乾期ということもあって本当に干上がってしまい、水たまりという感じ。
13626
それで最後は、ゴルフコースを横目で見ながら、Stanford Red Barnに向かいました。13632
ここでは乗馬の練習をしていましたが、見たところ、初級から中級クラスと思いました。キャンパス内で馬がいるのは知っていましたが、ここへ来たのは初めてでした。このRed Barnは19世紀末ごろに栄えたみたいですが、”活動写真”らしきものを始めて撮影されたり、早い競走馬を作る為に早い競走馬どうしを掛け合わせるなど、当時から最先端を行く乗馬クラブだったようです。
13640
13642
(動画:乗馬レッスンのようす)

|

« Trilingual Familyのお宅にて | トップページ | Mentor couples »

アメリカ生活」カテゴリの記事

スタンフォード大学」カテゴリの記事

家族」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« Trilingual Familyのお宅にて | トップページ | Mentor couples »