« Camp PBC その6前編: 青よりも碧い、Crater Lake | トップページ | Camp PBC 番外編:Burney Water Fallsーその2 (滝といえば思い出す・・・) »

2008年8月15日 (金)

Camp PBC その6 (後編): あちこちからCrater Lake

Crater Lake のまわりのRim Driveは普通に走れば2時間ほどで楽しめるそうですが、思わず見とれてしまい、私たちはハイキングやランチ、ビジターセンターなども含めて5時間ほど過ごしてしまいました。以下はCrater Lake の地図をこちらから開いて写真と比べて来て下さい。

ここはPhantom Ship Overlookからの眺め。

P8141041_2

Cloud Cap Overlookから。

P8141035

Pumice Pointは湖の北側。Rim Driveの最も高いところから湖を見渡せます。
(空に浮かぶ雲までも鏡のように湖面に映し出されているのがみえるでしょうか?)
ここにすむ原住民は、この湖を神聖なものとして外来者に知らせないようにしていたそうですが、この湖のあまりに神聖な雰囲気に「長い間見たら死ぬ」として恐れられていたそうです。
旧約聖書にも「神を見てしまったら死んでしまう」という記述が出て来ますが、神の栄光を反映している自然美をみた原住民の方々もおなじように被造物の中に神の輝きをみたのかもしれません。

P8141053

これはMiriam Pointからの眺め。

P8141055

Watchman OverlookからはWizard Islandが間近に見れます。これは動画でどうぞ。

最後の2枚の写真はDiscovery Point。ところで第一発見者は金を目当てにこの山に登りつめた三人組だったそうです。彼らは、1853年にこのように美しい湖を発見し、"Deep Blue Lake"という名前をつけたそうです。しかし、この三人は金のことで頭がいっぱいで、この湖のことを忘れ去っていたそうです。

私たちも世の欲で頭がいっぱいで、「美しいものとの出会い」あるいは「美しい出会い」というものに(美しい女性っという意味だけではありませんよ・・・!smile念のため。)に気をとめないのかもしれません。この三人組のお話は笑うに笑えないと思いました。

P8141074P8141075

|

« Camp PBC その6前編: 青よりも碧い、Crater Lake | トップページ | Camp PBC 番外編:Burney Water Fallsーその2 (滝といえば思い出す・・・) »

旅行・地域」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« Camp PBC その6前編: 青よりも碧い、Crater Lake | トップページ | Camp PBC 番外編:Burney Water Fallsーその2 (滝といえば思い出す・・・) »