« 助け合いの精神 | トップページ | 本当に生きたい生き方。 »

2008年9月25日 (木)

ポスドクこうもり問題

スタンフォード大学のポスドクは学生という位置づけをされています。なので、場所によっては学生割引を主張出来るようなところもあるのですが、主婦の妻が普通料金で、私みたいなおじさんが学割だったりすると、なんだか気分が悪く、あえて主張しないことも多いです。

ポスドクは他のスタッフや教員が受けているような恩恵がないかわりに、(多額の授業料を納めている)学生が受けているようなサービスが受けられるというのが表向きの姿勢ですが、それでもon campusの宿舎に入れない、学生に対するサービスの情報がなかなか回って来ないなど扱いはあまりよくありません。
私ははじめてのポスドクでの留学なので、ポスドクって結構厳しい立場だなーと思うだけですが、スタンフォードのポスドクに対する扱いの悪さはアメリカの他大学から来た人たちがとくに感じているようです。

さて、スタンフォードには、大学のスタッフにいろいろ質問できるウェブサービスがあります。
そこでは、大学での身分を入力しないといけないのですが、

Faculty (教員)
Staff (職員)
Student(学生)
Other (その他)
Almuni (卒業生)

という具合に並んでいます。”ポスドクは学生”と聞いていたので、去年の今頃、「学生タブ」を選択して、インターネットの接続について質問をすると、”どこの学生寮?”と聞かれたりしました。
学生とは背景が違いすぎるので混乱すると思い、それ以来、「スタッフ」を名乗ったり、「その他」を名乗ったり(これが一番多く、ウチのラボの他のポスドクもこのタブを使用しているみたいです。)していましたが、学生を名乗ったときのレスに比較して、「その他」で名乗った場合に半分以上のリクエストや問い合わせが無視されてしまいます。

それで、馬鹿なのは今に始まったことではないと思い、このシステムを運営している方々はポスドクにどれを選んでほしいか聞いてみました。今回も「その他」タブを使い、返事を期待せずに...。

すると、なんと翌日電話がかかって来ました。

回答は「学生タブ」を選択しろとのこと。それで上記の話をすると、”たしかに。ポスドクは「学生」と「その他」の間と言えますね。”との返事。

『そんなら、「ポスドクタブ」を作ってよ!』angryと喉元まで出そうになりましたが、それで作ってくれるのならとっくに作ってくれるだろうと思い、リクエストしませんでした。

どの部類にも入らないスタンフォード大学ポスドクの「こうもり問題」。1400人以上ものポスドクを抱えるスタンフォード大学ですが、こうもり図鑑というものを大手出版社が作ろうとしないように、ポスドクという立場に特別な肩書きを与えようとしないのです。またポスドクにも期間の制限(5年)があります。悔しさと不自由さと期限を与えることで、次のステップへと進ませようとする「親心」ととらえる事もできます。っていうか、そう考えないとやっていけませんよね....。

Bookひきょうなこうもり (よい子とママのアニメ絵本 4 イソップものがたり 4)

著者:イソップ,平田 昭吾
販売元:ブティック社
Amazon.co.jpで詳細を確認する


|

« 助け合いの精神 | トップページ | 本当に生きたい生き方。 »

スタンフォード大学」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 助け合いの精神 | トップページ | 本当に生きたい生き方。 »