« 2008年12月 | トップページ | 2009年2月 »

2009年1月

2009年1月31日 (土)

”思いやり”を科学する?

ダライ・ラマ14世がスタンフォードに$150,000の基金を寄付して、 Center for Compassion and Altruism Research and Educationというものを設立させたそうです。思いやりの心を科学的に解明して、最終ゴールとして、思いやりのある心を育てることに役立てようということらしいです。

これまで、心というものを科学的に解明するという試みはなされてきたと思いますし、キレやすい子どもの心の中に何が起きているか、心の病を予防するにはどうすればよいかなどの研究は意義深いと思うのですが、それにしても、思いやりの心を持つために必要なものを解明して、科学的知見に基づいて心を教育しようということを大々的に公表するとは・・・。思いやりの心を研究すること自体はいいのですが、私がひっかかるのは、”思いやり研究教育センター設立”という点です。

私は、なぜか何か、そのセンターの設立の意図自体になんとなくですが、冷たさを感じます。
それと、なにか人間の高ぶりというかおごりのようなものを感じます。
そして、”Compassion(思いやり)”とか”Altruism(利他主義)”というものをどのように(科学的に?)定義しているのかが疑問に思います。

このようなセンター設立に際しては誰かが、『この社会には、そういった他人を思いやるという心の欠けた人たちがいる。そのような人が増えないように、子どものうちから思いやりの心を育てたり、そういった人格を持ち合わせていない大人の再教育に役立つように研究をしよう。』と号令をかけないといけないと思うのです。そして、そう号令をかけるためには、その人自身が、思いやりの固まり、自分を犠牲にして他人のためにどこまでもどこまでも自分を捧げきれる人である必要があると思うのです。

”思いやり”って一言で言えば簡単ですが、はたして自分には思いやりの心があるのか?と自問すると、希望を込めて”イエス!”と言いたいところですが、多くの場合、”ノー”であるような行動をしていると思うのです。

誰かが困っていたら、自分の生活に支障のない程度に助けることはあるかもしれない。
毎月の家計が傷まない程度の寄付をするかもしれない。
声をかけられたら、奉仕のようなこともするかもしれない。
そういったことで、”思いやりテスト、合格!”となるのでしょうか?
たとえ、そのようにしても、人間関係が潤滑に行くようにとか、社会に受け入れられるようにとか、自分自身に合格点をあげたいとか、そういった気持ちに動かされていることも無きにしもあらずです。

誰かへの”思いやり”を行動に示すときに私は、そのときの自分の忙しさ、経済状況、気分が乗るか乗らないか、助ける相手が自分とどれくらい関わりのある人なのか・・・などを瞬時に判断して、行動に示したり、「今回はパス」したりしているのではないかと思うのです。
また、インターネットなどで楽しいイベントやお買い得な情報を探したりしても、「誰かが困っていて、自分に何かできることはないか?」と検索をかけることは、まずありません。

そのような私に「思いやりの心がある!」とは、とても言えません。
そして、そのような私が思いやりのある子どもを育てることはとてもできないのです。
でも、時間がたてば子どもは育っていくし、しかもそのように思いやりに欠けた親を子どもは見ているのです。

科学が思いやりの心を解明し、私をこのような状況から救ってくれるのを待つべきでしょうか?

でも、私には、もう少し良い方法があります。
思いやりに欠けた私が子どもたちのためにできることは、私のために命まで投げ出して下さった神の御子キリスト・イエスの前にひざまずいてこのように祈ることです。

”私の神、主よ。あなたがこれまでに私を愛して下さったのに、それに応えて、他の人たちに示すべき思いやりの心が自分の中に見当たりません。しかし、あなたには余りあるほど愛があります。どうか、あなたご自身がこの私を通して、私の周りの方々を愛し、そして、あなたが私を通して働きかけたいと思っておられる方々のところにお導きください。そうすることで、あなたがその人のことを気にかけておられること、命を惜しまぬほどに愛しておられることを知ることができますように。アーメン。”

キリストは、私たちのために、ご自分のいのちをお捨てになりました。それによって私たちに愛がわかったのです。ですから私たちは、兄弟のために、いのちを捨てるべきです。 世の富を持ちながら、兄弟が困っているのを見ても、あわれみの心を閉ざすような者に、どうして神の愛がとどまっているでしょう。 子どもたちよ。私たちは、ことばや口先だけで愛することをせず、行ないと真実をもって愛そうではありませんか。 それによって、私たちは、自分が真理に属するものであることを知り、そして、神の御前に心を安らかにされるのです。 たとい自分の心が責めてもです。なぜなら、神は私たちの心よりも大きく、そして何もかもご存じだからです。(1ヨハネ3:16-20)


| | コメント (0)

2009年1月20日 (火)

バタバタ抄録提出&ゆっくり夕日鑑賞。

今日は、Martin Luther King Jr. Dayのため祝日です。大学は閉まっているのですが、なぜか研究助手以外のメンバーは、みんな出勤していました。

今日は、6月の学会の抄録を提出締め切りなので、ボスとやりとりをしていたドラフトの最終チェックをしてもらうべくメールを2回送っていましたが、返事無し。
まあ休みだからしかたないか・・・。午後3時の締め切りまでは時間があるので、英語だけアメリカ人学生のnickに見直してもらって・・・と思っていると、1時にボスが到着。

「あーそういえば、抄録を直さないといけないわね。ちょっと待っていて。」

待つこと1時間。
ボスが、ガイドラインを読んでいないこともあり、送られて来た抄録は、書式は無茶苦茶にされていました。nickに直された英語もさらに書き換えられています。呆然としてファイルを見ていると、後ろから、

「あと45分あるわ。もう一度やりなおして、私のところに持って来てね」

ボスの間違いを修正し、nick好みの英語をボス好みの英語に直し、オンラインでの抄録提出サイトがSafariをサポートしていないこともあり、フォントや改行に手間取り、締め切り15分前に完成。

そして、ボスの最終チェック。

2、3の修正をさらに加えて提出し終えたのは、3時2分。
間に合わなかった〜と思いきや、なんとか受け付けてもらえたようすでした。
よかった〜。

子どもたちは、学校が休みなので、そのあと、家族でHalf Moon Bayへとドライブに行きました。
太平洋に沈む夕日がとてもきれいでした。

| | コメント (0)

2009年1月17日 (土)

ムシャラフ元大統領 vs スタンフォード学生!

一昨日のオノ・ヨーコさん(これは出席できず)、昨日の山中氏に続いて、スタンフォードには今日も有名人が。

今日はムシャラフ元パキスタン大統領がスタンフォードの学生向けに講演に来ていました。(Stanford Dailyの記事はこちらチケットは一気に売り切れた(といっても無料)そうですが、実験を教えているパキスタン系アメリカ人の学生から1枚融通してもらいました。

メインキャンパスの正面には、警護車両と黒尽くめのリムジンが、イベントの警備も警察がしきっています。当然のごとく警備は厳しく、鞄は持ち込み不可、もちろんカメラや録音デバイスも禁止で、チケットともに学生証を提示しないといけません(ちなみにスタンフォードではポスドクは学生)。

私は開演の30分前の開場にあわせて行ったのですが、すでに長蛇の列。入場に20分を要し、1階席は座れずに2階席から遠く眺めることになりました。

ムシャラフさんのトークのテーマは、”テロリストをどう理解し、テロを防ぐために知っておくべきこと”みたいな内容でした。淡々としかし力強く、演説していました。
面白かったのは、そのあとの学生との質疑応答。
”正直に答えるから、なんでも質問しなさい”
というよびかけに世界情勢について感心のあるフロアから、たくさんの質問が。

”あの協定に署名した理由は?”
”アメリカからパキスタンに流れている援助金の使い道は?”

など、ある程度わかっていないとできない質問が続きましたが、学生として知っている知識と、実際に大統領として把握していることがらには大きなギャップがあると知らされました。学生の鋭い質問に会衆が拍手したと思ったら、その答えにも拍手が湧くといった質疑応答で、ときにお互いにエキサイトする場面もあったのですが、シビアな議論を交わしながらも和やかに講演会は終わりました。

アフガン戦争(2001)ブット氏暗殺事件など世界が注目した事件に大きく絡んだムシャラフさんの講演を聞き、こういった生身の人間が様々な状況で様々な決断を下して、その関わりの中で世界の歴史って動いていくのだなと思いました。そうするとオバマ米大統領もその一挙手一投足が世界の歴史に影響を与えるものになるのだろうと思い、期待と不安を抱きつつラボに戻りました。


| | コメント (0)

2009年1月16日 (金)

iPS細胞 山中伸弥氏セミナー

今日は、マウスおよびヒトの細胞から再生医療に応用出来る可能性のある多能性細胞iPS細胞の作成方法を樹立した山中伸弥氏がスタンフォードに来られて、講演をされました。

研究の目的は、”ヒトの体細胞から多能性細胞を誘導する”というきわめてシンプル(だけど大きい!)な目標で、行った方法も、この分野の素人の私でもよく理解出来るシンプルなアプローチでした。でも、ひとつ言えることは、山中グループは、現時点でわかっている事実をしっかり把握し、その知見に基づいて目標に最も早く到達できる計画を立て、着実に粘り強く実験を行ったということです。そして、科学的事実を客観的に謙虚にとらえる姿勢にも学ばされました。

大きな業績をあげられた山中氏ですが、iPS細胞の誘導率の低さの問題や副作用の問題など、まさに薗名のとおり?山中グループの研究は、まだ大きな山の中腹であるということも示されました。しかし、頂は見えているし、登り詰めることができるはずだという信念も伺えました。
その講演からは、なにか、大きな目標に到達するためにするべき当たり前のことを確認させられたような気がしました。

目標を見上げる
目標に至る道を定める
道筋と目標をしっかりみながら歩みつづける

・・・なんだか私はまだ道を決めかねているような気がします。


| | コメント (0)

2009年1月14日 (水)

小さなカウボーイからのメッセージ

| | コメント (0)

2009年1月10日 (土)

便利なアプリに教わった真実。

Google Mobile App for iPhoneはいろいろなGoogleの機能がiPhoneで素早く利用出来る便利なアプリケーションですが、その中で面白いのはVoice Search機能です。

アメリカでどこかの施設に電話をすると大抵はじめはマシーンで応答されますが、機械に向かって電話口で"yes"と言ったり、”1-2-3-2-1"とかカスタマー番号等を言わされたりしますが、日本人英語のアクセントで行く私の英語はうまく聞き取ってもらえません。なので、このVoice Searchに向かってなにかを叫んでもまったくわけのわからない検索をかけられるのです。これは、発音の練習に良いですね!...とのんきなことを書くつもりでしたが、そう呑気なことも言ってられないようです。

たとえば、"Death Valley"と言うと"Death Star ii"と検索されます。これはStar Warsに出て来る要塞基地らしいですね。私は、このまえの休暇にそんなところに行っていたのでしょうか?

"I went to Death Valley."と言うと、"Iran to death of a"とイラン人に殺されかねないようなことを言っているように聞こえてしまっているのです!

Stanfordはかろうじて合格。
でもresearcherはresearchersと勝手に複数形になってしまいます。
Postdocは"Post office"になっていました。私は自己紹介する時に、
"I am a postdoc researcher at Stanford."と言うと、「私はスタンフォードの郵便局を研究する人たちです。」とわけのわからないことを言い続けていたことになります。
それで、不安になって文章で"I am a postdoc researcher at Stanford.”と言ってみました。
すると、
"imi pasta precession of stanford"と読み取られました。
私は、スタンフォードのパスタの歳差運動です。
私はゆらゆらゆれるパスタだと自己紹介していたようです。shock


| | コメント (0)

2009年1月 9日 (金)

”正月痩せ”してしまった仲間たち

今日、今年はじめの動物実験をしようとすると、いつもは20gほどある日令7のラットが10gしかないものばかりでした。しかも10匹中1匹はすでに息絶えていて、他の2匹も弱っています。
これは親ラットが世話をしていないのか、親の母乳がなんらかの影響で出ていないのかのどちらかです。

観察すると、赤ちゃんを取り出され、返されたあとでこの親ラットはすかさず、子どもたちを集めてお世話をしています。また赤ちゃんラットは毛のはえ具合、皮膚の成熟度からは日令が浅いとは考えられません。なので、この親ラットの母乳が少ないに違いありません。

なぜこんな動物を納入したのか?それは、
1:実験動物の会社が、多分正月休み中に親ラットの餌の管理を怠っていたため
2:赤ちゃんラットの様子をよく確認せずに配送したため
の両方だと思われます。クレームをつけて費用を返してもらうことにしました。

でも本当の被害は、実験ができない動物の費用だけでなく、予定していた実験ができなかったこと、それによる研究の遅れ、そして弱らされ、目的を失った動物たちです。

日本では”正月太り”という言葉がありますが、あわれ、このラットちゃん達は「正月痩せ」してしまったのです。去年は同じように大型休暇明けに-30℃で保存されるべき試薬がずっと放置されていてすべて使い物にならなくなっているというエピソードもありました。
レッテルを貼るのはよくないことですが、ここでもやはり無責任な仕事をするアメリカ企業の側面を見たような気がしました。

アメリカで研究をしているみなさん、大型休暇明けの納品物には十分気をつけましょう。


| | コメント (0)

2009年1月 4日 (日)

シリコンバレーで考古学!?

18664
今日は、かねてから気になっていたエジプト博物館(サンノゼ市内)に行ってきました。
18638
時々、私は行き先を告げずに、家族を”連行”していくことがあるのですが、今回は住所をカーナビに入力し、行き先の知らない妻に連れて行ってもらうという遊びをしました。

サンノゼでエジプト?と家族はキョトンとした感じでしたが、博物館に入るなり、家族一同本物のミイラや棺、紀元前の様々な展示物に目が釘付けになりました。
18640
エジプトと言えば、旧約聖書でよく出てきます。ユダヤ民族の祖、アブラハムは飢饉でエジプトに逃れ、またそのひ孫のヨセフは、飢饉からエジプトを救う働きをし、それによってユダヤ民族はエジプトに住み、その人口が増えます。そして、400年の後にモーセを通して出エジプトを行わせるという神の物語が創世記〜出エジプトに収められているのです。また、創世記が書かれた時代にあったパピルスや、バベルの塔であったと考えられる建造物の写真とモデル等もありました。
18654
エジプトはすごい強大な国家だったのだなー。すごいなー。と思うと同時に、この世の強大な権力の上に、エジプト王のパロがひざまずかねばならなかったほどの力を現された神の偉大さを思いました。
18662

神はこのエジプトをご自身の民におけるご計画のために使い、エジプトという当時の強大国家のうえに御力を現すことで全世界に、アブラハムの神がまことの神であることを示そうとされたのです。
そして、それはキリストへと続く、神による救いの計画の序章であり、それは、遠く離れたところにいるこの私を救い出すためのものであったのかと思い感謝しました。
18660
神の偉大さとともに、そのように歴史を動かすことを厭わない神の愛が迫って来るような気がしました。そんなふうに感動をかみしている横で、長女minoriはミイラに魅せられて、
「死んだ小鳥をミイラにしたい」
「ネズミちゃんをミイラにしたい」

とか目をキラキラさせて言っていました。

| | コメント (0)

2009年1月 3日 (土)

とってもローカルな集まり

今夜は、日本では同じ大学で仕事をしていたはずなのに、こちらスタンフォードに来て出会ったという5家族で集まって新年会をしました。日本で住んでいた所も近所、おそらく帰国したあとの拠点も近所で、しかも今、このように日本から離れた場所でご近所さんになっている仲間が集まり、不思議な感じでしたが、共通の話題が多く、夜遅くまで話はつきませんでした。

せっかくアメリカに来たのだから、アメリカ人との付き合いを・・・とお思いになるかもしれないですが、こんなところに来て出会った日本人の方々との交流は、日本に居てはなかなか出会わない人たちと、日本ではなかなか実現が難しいような形でのおつきあいができるので貴重だと思います。

またやりたいですね。

| | コメント (0)

2009年1月 2日 (金)

ラスベガス&デスバレー6日目:元旦ドライブ

雄大な大自然のデスバレーから一転して、再びラスベガスに戻り、狂気の騒ぎの中で新年を迎えました。

今年の元旦は、ほとんど車での移動でしたが、旅の余韻を残しながらも妻が運転してくれている間にパソコンで論文を書いたりして過しました。

今年のクリスマス休暇は、働き詰めで結局データが出せなかった去年とは対照的に前半は仕事、後半は旅行と分けたのがよかったです。今年は、仕事でも余暇の過ごし方の面でも、動き方がわかってきたということもあるので、メリハリをつけた生活をしていきたいです。

| | コメント (0)

2009年1月 1日 (木)

ラスベガス&デスバレー5日目:絶景とはこのこと。

今日は、デスバレー3日目。本命中の本命のDante's Viewへと向かいます。Pc311375

朝。早々にチェックアウトして、やってきた道を南下。

まずは、1日目に時間切れでパスしたNatural Bridgeに向かい、”補習”。
Img_3363
Pc311362
Pc311366


次に、1日目に暗くてよく堪能出来なかったArtists Palette and Driveを”復習”。

ここは、ドライブが結構楽しかったこともあってのアンコールでした。

そして、お弁当で腹ごしらえをしてから、今度はZabriskie Pointへ行きました。ここもまた違った不思議で美しい風景が広がっていました。

Pc311392
Pc311396


そして、いよいよDante's View


Pc311400

写真では、この美しさのすべてが伝わりにくいかもしれません。
Dante's Viewの魅力は、地形や、色合いといったものではなく、その光景がかもしだす荘厳な”空気”です。

この空気、この静寂の中に何も言わずに横たわるデスバレー。
人間が住みつくことを拒絶する、このような究極の自然の中にあって形づくられたデスバレー。

この頂から、全景を見渡し、静寂の中にこの世界をつくられた神の偉大な栄光を仰ぎながら、その神が今日も与えて下さる、おいしい空気を思い切り吸い込み、まばゆいばかりに美しい光景に目が釘付けになり、そして、静けさの中に天使たちの奏でるオーケストラとクワイアーの壮大な賛美を心の中に聞きながら、やはりこの静かな空気の中にやさしく黙って語りかける神の臨在を感じたひとときでした。

これ以上、なにも付け足さなくてもよい、完成されたデスバレー。神の完璧な創造の業がここにあります。神の造られるものはみんなそうなのです。

それは、これを読んでいるあなたもそうですし、これを書いている私もそうです。神の御子であるキリストが来られ、わたしたちのために十字架にかかられたのは、本来の私たちを取り戻すためです。
このデスバレーのように何も足さなくても良い、何も引かなくても良いという神の子どもとしてあるべき姿、神が私たちを造られたときに意図された姿を取り戻すためなのです。

今年一年の締めくくりに、美しい自然に心を洗われ、そのような神が私と私の家族とともにいてくださることを心から感謝したひとときを与えていただきました。


| | コメント (0)

« 2008年12月 | トップページ | 2009年2月 »