« 2009年2月 | トップページ | 2009年4月 »

2009年3月

2009年3月30日 (月)

イースター2009(その1:It's So EGGciting!)

今日は、イースターイベントの第一弾として教会学校のイースターイベントがありました。

子どもたち用のクラフト、ゲーム、歌、お話、そしてEgg huntingをして遊び、夕食をみんなで食べるというお祭りイベントです。(費用は一家族10ドルのカンパ)

これに、今回はなんと49名もの日本人の参加がありました!
来て下さったみなさま、有り難うございました。happy02

今回も私たち家族は準備部隊としてキッチンのお手伝い。マカロニ&チーズ担当で200名分ほどのトレーをひたすらかき混ぜていました。お手伝いというより遊んでいる感じで楽しかったです。


20151

| | コメント (0)

2009年3月19日 (木)

同僚が病気になったら

普通、日本で同僚が風邪などで熱を出して欠勤したら、

「きっと、疲れがたまっているのでしょう。お大事になさってください。」

という丁寧な挨拶が返って来ることが多いはず。
しかし、私のラボではそうはいきません。

月曜日、なんだかフラフラするなーと思いながら出勤、午後から娘の学校の用事に外出すると発熱し始め、そのまま早退。火曜日は発熱が続き欠勤。

水曜日、まだフラフラする中を朝8時半のラボミーティングに出席すると、

みんな"よくなった?”というの挨拶から始まって、
nick(院生)”そっちに座っていてくれると助かるね”と少し敬遠。
kason(ボス)”それにしてもよく熱をだすわね”(心配というよりあきれ顔)

coldsweats01「日本のバイキンに慣れている私の免疫システムはこちらアメリカの病原体には不向きなようです。」

jane (スウェーデン人ポスドク)"きっと、運動不足よ”
jury (中国人ポスドク)”そうよ、そうよ。”

・・・まだしんどいのに、なんで責められなあかんねん・・・。

と思っていると、日本人の友達からメールが。

mailきっと仕事の疲れがたまっているのだと思います。

そうそう、普通はこういうふうに言うはず!
他の日本人ポスドクには負けているかもしれないけど、あの11時に出勤して5時に帰り、去年は一年の4分の1に迫る勢いで休暇をとっていたあのスウェーデン人ポスドクの倍は働いているぞ!と思いはじめました。

後日談:その後、また軽く風邪を引いてくしゃみをしていると、また同じようなhide-tanバッシングが中国人&スウェーデン人ポスドク連合軍から起こりそうになったので、

「日本では病人に対しては、『きっと働き過ぎなのでしょう』という労いの言葉がかけられる。病人に『運動しろ』と叱りつけることは、あまりありません。」

と丁重に抗議したところ、バッシングは止みました。
よかったです。それでも引っ込めない場合には、

「janeは運動しているかもしれないけど、そのために”11時出勤&5時帰宅”の生活に変更するつもりはないです。」

という迎撃ミサイルを打つ予定だったので、なんとか戦争は避けられました。

| | コメント (2)

2009年3月15日 (日)

Bodega Bay~Point Reyes (2日目後半)

19961Point Reyesの近くにある小さな街に道草をして、お昼過ぎにPoint Reyes National Seashoreへと進入。Img_4219
Img_4210
実は、Point Reyesの灯台まで行くには、バスチケットを購入せねばなりませんでした。
Point Reyesの海岸めぐりをしていて、それを知らなかった私たちが、チケット購入場所についたときには、すでに締め切りの午後3時を回っていました。

なので、これからPoint Reyesに来られる方は、まず早めにBear Valley Visitor Centerに行ってPoint Reyesについての情報を収集し、Kenneth C. Patrick Visitor Centerに行って、バスチケットを購入して時間まで海岸で遊んだり、展示物を見て時間を潰すと良いと思います。
20046

ところで、Bear Valley Visitor Centerには、1906年のサンフランシスコ大地震について学べるtrailがあります。ここは活断層が走っていて、100年以上前の大地震が生々しく迫って来るようなものでした。

| | コメント (0)

Bodega Bay~Point Reyes (2日目前半)

今日は、お目当てのPoint Reyesにはすぐに戻らず、さらにJennerという街まで海岸線を北上しました。19883
雄大な太平洋からの荒々しい波で削り上げられた、美しい海岸が続き、驚嘆の連続でした。

View Larger Map19885
Uターンして、再びBodega Bayに行き、Candy & Kitesに立寄り、蝶々の形をした凧とカラフルなSalty Water Taffyを旅の記念に買いました。19905そのあと、Hog Oysterで生ガキを1ダース購入(もちろん購入前には一人一個ずつで無料試食delicious)しました。19907


生ガキ試食で、食欲をそそられてしまった私たち。
再び、昨日のTony's Seafoodへ急ぎました。

なかなかPoint Reyesまでの道のりは厳しいです。
寄り道スポットが多すぎです!


| | コメント (0)

2009年3月14日 (土)

Bodega Bay~Point Reyes (1日目)

今日は妻nori-tanの誕生日なので、お祝いをかねて1泊2日の家族旅行に出かけました。
19837
行き先は、Point Reyes。仕事に一段落をつけた夕方からの出発でしたので、一日目の予定は、海岸ドライブをしてrvcar、牡蠣を食べてrestaurant、寝るconfidentことです。

ということで、まずは、ミュアウッズ国立公園の近辺の森をぬけて、海岸ドライブ。
Point Reyesの北にあるTony's Seafoodで、生ガキ、BBQオイスターを注文しました。
妻nori-tanはわさびをつけて食べる生ガキが気に入ったようですが、私は、BBQオイスターが、なんともいえない牡蠣の風味と旨味に舌鼓を打っていました。

19841
19843

宿泊先は、さらに北に進んだBodega Bay Innに決めました。(当日予約)

ホテルというよりは、民宿のような感じで、大きな家の一室を借りているような雰囲気でとても落ち着けました。子ども達は、大きなバスタブとジャグジーに大はしゃぎでした。

19851
19857

| | コメント (0)

2009年3月13日 (金)

反則!ママの誕生日パーティ。

明日は、妻nori-tanの誕生日です。birthday

実は昨日から、私は子どもたちと着々とプロジェクトを進めていました。昨日水曜日の夜は、クワイアー(聖歌隊)の練習に行く私と、教会のアクティビティに行く子どもたちで出かける日ですが、ちかくのドラッグストアでバルーンと誕生日カードを購入しました。

今日は、たまたま妻が教会のママさんグループの集まりで夕食会があったので、私が子守りをしていたので、その間にケーキと花束を買いにいき、子供部屋にセットアップしました。

そして、子どもたちに狸寝入りをさせ、ママが子供部屋に入ってくるときに”ハッピーバースデー”を歌うように示し合わせました。

かくして、サプライズパーティは大成功で、とても喜んでもらえたのですが、それもそのはず。
誕生日は明日なので、予想のしようもありません。

ちょっと反則のサプライズでした!smile

Happy Birthday, nori-tan!

| | コメント (0)

2009年3月10日 (火)

Mr/Ms. "Busy"?

私のラボのある研究棟では、いくつかのラボがいろんな実験機材やスペースを共有しています。
それで、誰がいつそれを使いたいかということを事前に予定表(sign-up sheet)に書き込んでおくのですが、とくに動物実験室などはその場所まで遠いこともあって、行ったのはいいが、予定が埋まっていたなんてこともあります。

そこで、近所のラボのjulietが、スタンフォードのオンラインカレンダーを共有する形でオンラインの予定表を組んでくれました。

それで、早速私も動物の手術室を確保。

・・・しようとすると、動物の外科医hide-tanの手術日である木曜日がすでに全部埋まっているではありませんか!
他の曜日は空いているのに何故?
しかも、お昼前からお昼過ぎの中途半端な時間に3時間だけとかいう確保の仕方で、完全に私の予定をブロックしています。
それなら朝早くとか、夕方からとかにお互いにゆずりあって双方とも使えるようにしようと思ったのですが、予約者の名前がなんと、”Busy(使用中)"になっています!

「名前を書かずに、Busyとだけ書くなんて、どういうこっちゃ!連絡取られへんやん。」

と少し憤慨し、このカレンダーを使用している全員にメール。

mail毎週木曜日に手術の予定をいれているのですが、なんか、Busyと名乗る彼か彼女にすべて押さえられて困っています。 そのBusyさんに連絡を取りたいので、名乗り出ていただけますか?

それと、みんなjulietが言うように、ちゃんとフルネームでサインアップしてね。

その後、自分の入れた予定を他の人が見ると、なんと私も”Busy"さんになっていることに気がつきました。どうやらデフォルトでそのように表示されるようです。

同時に、私がリクエストした「Busyさん」からメールが。

mailhide-tan。サインアップしたのは私だけど、その日はその部屋を使うだけで手術台は使わないから一緒に使いましょう。

とのこと。隣りのラボの研究助手の女性だったので、事情を話し、謝りに行くと、Busyさんの話題で大笑いしているところでした。私も入って、笑いながら謝りながら、みんなで大笑い。

julietには、二度とBusyさんが登場しないように、設定を変えてもらいました。

さて、スタンフォードのみなさまでオンラインカレンダーにご興味がある方はこちらをご参照してください。

| | コメント (0)

2009年3月 8日 (日)

最近のお気に入り

最近、Pandoraでよく聞いているのが、Fernando Ortega

YouTubeで、ちょっとプレイリストを作ってみました。


| | コメント (3)

2009年3月 7日 (土)

8th of March, 2009!

”あーそろそろ、一年でもっとも大事な日(妻nori-tanの誕生日)が近づいて来た!"とひとり言を言っていると、jane (スウェーデン人のポスドク)が、
「あーありがとう。」
”???・・・そうか、もしかして、 8th of Marchやん! 何も用意してないよ!"


今日ではないのですが、来る日曜日、3月8日は通称8th of Marchと呼ばれるInternational Women's Dayなのです。この日は中国やロシア(かつての共産圏)でよくお祝いされているそうです。

去年、ロシア人のrhodaから聞いていたのですが、すっかり忘れていました。

それでこんなメールを手作りの即席カードと一緒に女性陣に送りつけました。

mailFrom: hide-tan Subject: March 8th Date: March 6, 2009 3:36:21 PM PST

Dear the ladies in kason's Lab,

As a courtesy greetings from guys in this lab, we'd like to cerebrate International Women's Day of March 8th.
Please find the attachment in this e-mail.
Happy Women's Day and we appreciate all the warm atmosphere you are creating in this work place.

Sincerely,
hide-tan (For jin, nick, and hide-tan)

P.S. Because of the policy of Stanford University School of Medicine, we couldn't cerebrate this day as a official lab event.
Also, Stanford "Go Green" policy encourage us to make everything into electrical files instead of paper cards or any real thing.
So no real flowers or cards, but our appreciation is REAL!!

(書こうとしていたこと)
わがラボの男どもからの礼儀正しい挨拶のひとつとして、ここに3月8日のInternational Women's Dayのお祝いを述べさせていただきます。
添付のカードをご覧下さい。
Women's Dayおめでとう!いつも仕事場にあったかい雰囲気をかもし出してくれていることに感謝!

hide-tan (jin, nick, and hide-tanの3人を代表して)

追伸:スタンフォード大学のポリシーにより、公式なイベントとしてのお祝いはできません(=公費を使ったパーティはng)またスタンオードの環境保護ポリシーにより、紙のカードやら本物の花束の類いのものでなく、電子ファイルでのお祝いとさせていただきます。(注:もちろんジョーク)
ということで、本物のカードも花も無いけど、僕たちの感謝の気持ちは本物です!

Happy_womens_day_for_blog

さて、勤務時間内にも関わらず、こんなカードをセッセと作り、ちらっと
”勤務時間内にこんなことして、怒られないかな?まあ、怒られたらブログに書こう!”
と思いつつ、送信。

だれの反応が早いかと思いつつ待っていると、実験室にいるメンバーより先にボス(女性)からすぐさま返信が・・・。

mailFrom: kason Subject: Re: March 8th Date: March 6, 2009 3:39:16 PM PST To: hide-tan

Thanks you guys!!! (みんなありがとう!)
that is so nice! (とっても素敵!)

kason

その後、彼女はわざわざラボにも出向いて来て、お礼を言いに来ました。

そして、秘書さんからのメール。

mailFrom: jacklyn Subject: Re: March 8th Date: March 6, 2009 3:48:32 PM PST

Well, chivalry is alive and well. Very thoughtful and so green conscious, too. Can't ask for more, terrific. :-)
(あらあら、騎士道がこんなところにも息づいているのね。とっても思いやりがあって環境に優しいのね。これ以上は望めないわ!スバラシー!)

jacklyn

ラボの他の女性たちも、大笑いしながら喜んでいました。

Happy Women's Day!

| | コメント (0)

2009年3月 2日 (月)

結婚のエキスパート?

いつも教会では、礼拝のあとにカップルズクラスという夫婦向けの集いに顔を出していますが、今日はそこで(西洋の)結婚の歴史に関するテストがありました。

適当に勘を駆使して答えたところ、なんと全問正解。

今日の講師が「全問正解を自慢したい人!」と言ったので手を挙げると、
50名ほどいる中で、たった二人だけでした。
全問正解でしかも自慢したい人というくくりがあったので、たった二人だったのかもしれないですが、少なくとも私のテーブルでは、私だけでした。

クラスが終わって、雑談していると、結婚生活においては私より大先輩のRがやってきました。

wink"ヘイ、hide-tan。全問正解だったね。詳しいの?”
(* ̄ー ̄*)「そうそう、受験テクニックで、あてずっぽしたら見事正解。
 テストが満点=結婚生活も満点というわけではないけどね。」

| | コメント (0)

暗闇を歩むクリスチャン (1ヨハネ1章5-7節)

私が通うPeninsula Bible Churchの創立者である故Ray Stedman先生は、その昔、このようなメッセージを語られていました。(私の勝手な脚色も含みます。オリジナルは、こちら。)

聖書箇所 (1ヨハネ1章5-7節) 「神は光であって、神のうちには暗いところが少しもない。これが、私たちがキリストから聞いて、あなたがたに伝える知らせです。 もし私たちが、神と交わりがあると言っていながら、しかもやみの中を歩んでいるなら、私たちは偽りを言っているのであって、真理を行なってはいません。 しかし、もし神が光の中におられるように、私たちも光の中を歩んでいるなら、私たちは互いに交わりを保ち、御子イエスの血はすべての罪から私たちをきよめます。」

<<神と交わりがあるといいながら暗闇を歩んでいるというクリスチャンとは、隠れて罪を行っているクリスチャンということよりもむしろ、自分の罪を隠しながらあたかも正しいもののような顔をして”クリスチャンらしい顔”を繕っている人のことです。光の中を歩むとは正しい行いを完璧に行うということでなく、自分の罪深さを神の前に人の前に告白し、神の光に照らされて、弱いところ、傷つけるところを癒されながら歩むクリスチャンのことです。兄弟たち、姉妹たち。自分の罪を隠し暗闇を歩んで、”クリスチャンらしい顔”をすることは、神を嘘つき呼ばわりするものです。そんなことがあってはなりません。私たちは神の前に自分の弱さを認め、罪を告白しながら、癒され、きよめられながら歩もうではありませんか!>>

クリスチャンの集まりに来ると私は、クリスチャンらしく振る舞いたい、クリスチャンらしくない行為をしていることを隠しておきたいという誘惑にかられます。

私は、日曜日の朝に目覚めて教会に行くまでのあいだにやってしまうクリスチャンらしくないことがこれだけあります。

1:目覚めとともに「今日の日曜礼拝を祝福して下さい」と祈りながら、聖書を開くことよりも、朝食を摂ることを優先してしまう。
2:「教会への行き帰りの道中、ともにいて下さり、お守り下さい」と祈りながら、rvcar車を運転していて、いらつくことがあれば”早く行けや!”などと暴言を吐いてしまう。angry
3:交差点でジョギングをする人たちをやり過ごす時に、男性よりも女性の方に必要以上の注意を向けてしまう。run
4:教会に着いて、「私のもてるすべてのものはあなたのもの。神様、私のすべてをもって、あなたに礼拝を捧げます。」confidentと祈りながら「あー。献金のためのチェックを用意していなかった」dollarと、あわてて財布から現金をかき集める(アメリカはカード社会なので現金はあまり持ち歩かないのです)。moneybag

もし、自分がこのように歩んでいるということを隠さず、神の前に人の前に認めるのであれば、このようなことも無くなるはずです。上記のようなことも書いてみてはじめて自覚したことで、普段は”自然に”隠しています。そしてそのことに自分ですら気付いていないのです。

こうやって考えると、クリスチャンをしていると二通りのクリスチャンに成長していくことがわかります。一つは、自分のクリスチャンらしくない行為を自分にも気付かれないほどにうまく隠せるようになる暗闇クリスチャン。もうひとつは、常に神様の存在を意識し、自分が祈った祈りが聞かれると信じて、そのように歩むクリスチャン。そのようなクリスチャンは、自分が神様の前に正しくないことをしているときに敏感に感じ取り、すぐに神様にゆるしを乞い、神との交わりを絶やさない光の中を歩むクリスチャン。

こんなことを書くと、本当にクリスチャンとは窮屈な生き方だと思われるかもしれません。
でも、本当に神の愛がわかり、クリスチャンになると、そのような光の中を歩む者になりたいという強い願望が芽生えるものなのです。しかし、たとえ神の前に正しくないことをしてしまっても、神の前にそれを告白し、悔い改めるのであればその罪は何度でもゆるされることをいつしか信じなくなり、罪がわかっても心の押し入れの奥へと暗闇へと押しやってしまうようになるのです。

しかし、神の愛とあわれみは尽きること無く、たとえ私たちが暗闇クリスチャンであったとしても、いつでも光の中を歩むクリスチャンへと変えて下さるのです。神はあわれみ深く、私たちが本当になりたいと思っている自分へと変えて下さいます!

| | コメント (0)

2009年3月 1日 (日)

アメリカでのパスポートの更新

今日は、サンフランシスコの日本総領事館がサンノゼに出張してくるので、今年3月(妻)と4月(私)に有効期限が切れるパスポートの更新に行ってきました。

<持って行ったもの>
一般旅券申請書(会場に用意してありました。)
今持っているパスポート
写真1枚(タテ4.5cm×ヨコ3.5cm、当日に家で撮影しプリントアウトしました。)
*もし、在留届を出していなかったり、パスポートが切れてしまった人は戸籍抄本が必要。


これだけです。会場に行って、申請書を記入して、数分で終了。
あとは、3月21日に$142のマネーオーダー(郵便為替みたいのもの)を持って行って終わり。
とても簡単で助かりました。

あまりにも早く終わったので、Kelly ParkにあるHistory ParkJapanese Friendship Gardenに散歩に行きました。二つとも予想以上にみどころが満載でした。
19525
(昔のガソリンスタンド)

19541
(日本庭園での結婚式)

19557
19581

| | コメント (0)

« 2009年2月 | トップページ | 2009年4月 »