« Bodega Bay~Point Reyes (2日目後半) | トップページ | イースター2009(その1:It's So EGGciting!) »

2009年3月19日 (木)

同僚が病気になったら

普通、日本で同僚が風邪などで熱を出して欠勤したら、

「きっと、疲れがたまっているのでしょう。お大事になさってください。」

という丁寧な挨拶が返って来ることが多いはず。
しかし、私のラボではそうはいきません。

月曜日、なんだかフラフラするなーと思いながら出勤、午後から娘の学校の用事に外出すると発熱し始め、そのまま早退。火曜日は発熱が続き欠勤。

水曜日、まだフラフラする中を朝8時半のラボミーティングに出席すると、

みんな"よくなった?”というの挨拶から始まって、
nick(院生)”そっちに座っていてくれると助かるね”と少し敬遠。
kason(ボス)”それにしてもよく熱をだすわね”(心配というよりあきれ顔)

coldsweats01「日本のバイキンに慣れている私の免疫システムはこちらアメリカの病原体には不向きなようです。」

jane (スウェーデン人ポスドク)"きっと、運動不足よ”
jury (中国人ポスドク)”そうよ、そうよ。”

・・・まだしんどいのに、なんで責められなあかんねん・・・。

と思っていると、日本人の友達からメールが。

mailきっと仕事の疲れがたまっているのだと思います。

そうそう、普通はこういうふうに言うはず!
他の日本人ポスドクには負けているかもしれないけど、あの11時に出勤して5時に帰り、去年は一年の4分の1に迫る勢いで休暇をとっていたあのスウェーデン人ポスドクの倍は働いているぞ!と思いはじめました。

後日談:その後、また軽く風邪を引いてくしゃみをしていると、また同じようなhide-tanバッシングが中国人&スウェーデン人ポスドク連合軍から起こりそうになったので、

「日本では病人に対しては、『きっと働き過ぎなのでしょう』という労いの言葉がかけられる。病人に『運動しろ』と叱りつけることは、あまりありません。」

と丁重に抗議したところ、バッシングは止みました。
よかったです。それでも引っ込めない場合には、

「janeは運動しているかもしれないけど、そのために”11時出勤&5時帰宅”の生活に変更するつもりはないです。」

という迎撃ミサイルを打つ予定だったので、なんとか戦争は避けられました。

|

« Bodega Bay~Point Reyes (2日目後半) | トップページ | イースター2009(その1:It's So EGGciting!) »

ラボのようす」カテゴリの記事

コメント

??さん
貴重なアドバイスありがとうございます。
私のラボはアメリカ人(やアメリカナイズされた人)が少ないインターナショナルなラボなので、それぞれの国の風習を言い合ったりして楽しんでいます。(つまり、「郷」がない状態です。)
このやりとりも笑いながらの冗談まじりに日本人の良さを少しアピールしたかったのでした。
でも話をする相手や人間関係によっては不愉快に思われるのかもしれないですから気をつけたいと思います。

投稿: hide-tan | 2009年4月11日 (土) 15時21分

>「日本では病人に対しては、『きっと働き過ぎなのでしょう』という労いの言葉がかけられる。病人に『運動しろ』と叱りつけることは、あまりありません。」

こういうこと言うのってどうなんでしょうね?
私は日本にいたときに他国からの留学生が
「私の国では〜私の国では〜」って言うのを聞いて
「そんなに自分の国がいいなら出てくんなよ」
と思った覚えがあります。
あまり気分はよくありませんでしたね。
実際、体調管理ができなかったのは自分の責任なんですし
郷に行っては郷に従った方がよいのでは?

投稿: | 2009年4月11日 (土) 13時47分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« Bodega Bay~Point Reyes (2日目後半) | トップページ | イースター2009(その1:It's So EGGciting!) »