« Sequoia & Kings Canyon National Park (3日目:洞穴探検、岩の上360度、木を通過) | トップページ | アメリカで迎える2回目の誕生日 »

2009年5月28日 (木)

その風格と使いやすさ




コネタマ参加中: あなたが好きなのは何円玉?

100円玉が群を抜いています。

使いやすさ、持った感じ、紙を押し付けて上から鉛筆でこすったあとに浮かび上がる模様の華麗さ、「100」という数字のもつ誇らしげな印象。
同じ理由からアメリカ在住の今は、25セントが好きですが、今このコネタマをみつけて、つい100円玉が恋しくなりました。

子どものときのおこづかいは、1日50円でした。
当時は1日100円のおこづかいをもらっている友達が、一緒に1個50円のアイスキャンデーを買った後でさらにおつりをもらっているのを羨ましく思ったものでした。

近くの散髪屋さんで髪を切ってもらうと帰りにもらえるのが100円玉。
親友のTくんの家に遊びに行くと、自営業を営んでいるお父さんからもらえたのが100円玉。

この100円玉を使って、この1日、なにをしよう?

100円玉を握りしめたときの、あのワクワクした感覚が、100円玉に対するあこがれに似た感情につながっているのだと思います。

その小さな体と肩書きに似合わぬ風格。
夢と希望を与えてくれるポテンシャル。
そして、それらのものを持ち合わせていながらも気楽に、便利に使うことができる小回りの良さ。

高学歴ワーキングプアと呼ばれるポスドクという立場を経験している今だからこそ、『100円玉のような人物になりたい』と思うのかもしれません。


|

« Sequoia & Kings Canyon National Park (3日目:洞穴探検、岩の上360度、木を通過) | トップページ | アメリカで迎える2回目の誕生日 »

ウェブログ・ココログ関連」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« Sequoia & Kings Canyon National Park (3日目:洞穴探検、岩の上360度、木を通過) | トップページ | アメリカで迎える2回目の誕生日 »