« 勇敢なマウスの物語 | トップページ | マルコの福音書(1):神の子イエス・キリストの福音のはじめ »

2009年6月25日 (木)

新連載!?hide-tanと読む「マルコの福音書」

聖書に興味を持ってくださった方に、まずはじめにお読みしたらいいですよ、とお薦めしているのが新約聖書の2番目にある書物「マルコの福音書」です。短くて簡潔にキリストの生涯の物語が書かれているので、はじめて聖書を読む人の入り口にちょうど良いからです。

とはいっても、クリスチャン歴22年の私にとっても、理解しにくいところもありますし、クリスチャン歴22年だからこそわかることもあります。

えっ?なんで?そんなに長いことクリスチャンしてたら、全部わかって当然ちゃうん?

・・・努力不足は認めますが、どんなに優れた神学者であっても、聖書を極めきることは不可能なのです。smileそれは、聖書は人の手によって書かれたとはいえ、人間の知恵によらない神のことばが収められているからです。scissors

私はクリスチャン歴にしては、聖書を読みこんでいない方かもしれません。特別な神学教育も受けていません。ただ毎週日曜日に教会に行って説教を聞き、たまにクリスチャンの友達と話し合ったりする程度の平凡なクリスチャンです。このブログを読めばわかりますが、普段の生活は、クリスチャンでない人と基本的に変わらない、普通の人間です。

というわけで、そんな平凡な等身大のクリスチャンがこの「マルコの福音書」をちょっと注意して読んだらどんな読み方になるのかを少しずつ(不定期)連載していきたいと思います。

Cocolog_oekaki_2009_06_24_21_31


マルコの福音書をじっくり読んで、聖書に興味をもった人に、等身大の平凡なクリスチャンの理解しうる範囲でご紹介したいと思います。プロテスタント信仰の教理から離れたことは書かないようにするつもりですが、わからないところは、はっきり”わからない”と書きますのでご容赦ください。

あきやすい私ですので、終わりきるか不安ですが、コメントやお祈りで支えていただけると幸いです。

|

« 勇敢なマウスの物語 | トップページ | マルコの福音書(1):神の子イエス・キリストの福音のはじめ »

マルコの福音書」カテゴリの記事

聖書・教会」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 勇敢なマウスの物語 | トップページ | マルコの福音書(1):神の子イエス・キリストの福音のはじめ »