« カリフォルニア育ち日本の味 | トップページ | アメリカで聞くナガサキの声 »

2009年8月 9日 (日)

非常事態のトマト炒飯

我が家の生活環境大臣である私の妻nori-tanが今週は体調を崩してダウンしていました。

研究者である強みを生かして?仕事を準夜〜深夜にシフトさせて、日中の送り迎えを手伝ったり、食事を用意したりしましたが、慣れないことをするのはちょっと疲れました。
さて当の本人には病識がなく、なんとか動こうとするのですが、動くと調子が悪くなり、回復を遅らせていたようです。

私としては、いつも毎日忙しいnori-tanの日常を少しは体験出来たこと、そして気まぐれに作った料理を家族に喜んでもらえたことなどがよかったです。

なぜか『トマト炒飯』が意外と人気でした。

トマトチャーハン(4人家族用)の作り方

〜用意するもの(というか冷蔵庫/冷凍庫から見つけてきたもの)〜

冷や飯(2合くらい)
海老(10尾)
イタリアンバジル(適量)
青ネギ(小口切り適量)
卵3つ
トマト1.5個くらい(今回使ったのは黄色いトマト)
しょうゆ(少々)
ウェイパー(少々)
サラダ油(キャノール油)
七味唐辛子

〜料理方法〜
フライパンにサラダ油を敷き、中火で卵を炒ります(塩こしょう)。
冷や飯を投入します、ひたすらかき混ぜます(塩こしょうとウェイパーを振りかけます)。
切っておいたトマトと青ネギを投入し、さらに5-10分炒めます。

別のフライパンで海老を塩こしょうで炒めます。

チャーハンに醤油を適当に加えます。(少しずつ味をみながら)
火を切る前にイタリアンバジルをパラパラ入れて、かき混ぜます。

チャーハンの上に海老を盛りつけて、七味唐辛子をパラパラかけて出来上がり。
(ただし子どもはイタリアンバジルと七味唐辛子は抜きました。)

下宿の学生が作る料理って感じですが、トマトを炒めると甘みが出るので子ども達もパクパク食べていました。nori-tanにも好評でしたが、ブログに登場すべき写真は撮られずじまいでした・・・。

|

« カリフォルニア育ち日本の味 | トップページ | アメリカで聞くナガサキの声 »

アメリカ生活」カテゴリの記事

グルメ・クッキング」カテゴリの記事

家族」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« カリフォルニア育ち日本の味 | トップページ | アメリカで聞くナガサキの声 »