« アボガドの食べ方が示す教訓 | トップページ | Fleet Week SF 2009(前半:SF Ferry Building Market Place) »

2009年10月10日 (土)

ノーベル平和促進奨励賞?

オバマ大統領がノーベル平和賞を受賞したとのこと。
早すぎる・・・というのが率直な感想。

”なにもしていない人にあげてもいいのか?”
”理想とか理念を賞賛してもらえるのなら、誰でも貰えるのでは?”

というのが、私たちのラボでも全員一致の意見。

ブッシュ元大統領にたいする当てつけであるとか、平和主義の象徴として担ぎ上げるとか、平和賞をアメリカの軍事行動の抑止力につなげるためとか、いろいろ言われていますが、そのような理由であればなおさら、ノーベル平和賞は単なる政治的な目的に使うプロパガンダのようななものにしかなりえないと思います。
なかには、ムハマド・ユヌスさんとかワンガリ・マータイさんとか本当に値するような受賞者がいるだけに今回のノーベル平和賞は受賞した人というより、そのタイミングに残念さが残りました。

”これで、ノーベル平和賞がたいした賞ではないことが証明されたわ”
同じラボのチャイニーズポスドクのjuryの感想。
彼女が、ダライ・ラマ14世がこの賞を受賞したのを今も怒っていることを差し引いても、そう言わざるをえないと思いました。

受賞のきっかけとなった、オバマ大統領のプラハでの”核廃絶スピーチ”ですが、前のブログにも書いたように本当に行動に移す気があるのであれば、ヒロシマ・ナガサキで献花をし、アメリカ大統領として核使用の誤りを認めるところから出発してほしいです。

でないと、飲酒運転ひき逃げから逃げている警官が交通事故撲滅運動をしているようなものではないでしょうか。

オバマ大統領のヒロシマ・ナガサキ訪問。来月の訪日で叶えばいいですが。
(以下は、昨日たまたまサンノゼの紀伊国屋書店で見つけた本。メッセージが秀逸です。)

オバマ大統領がヒロシマに献花する日 (小学館101新書)Bookオバマ大統領がヒロシマに献花する日 (小学館101新書)

著者:松尾 文夫
販売元:小学館
Amazon.co.jpで詳細を確認する

|

« アボガドの食べ方が示す教訓 | トップページ | Fleet Week SF 2009(前半:SF Ferry Building Market Place) »

アメリカ生活」カテゴリの記事

ラボのようす」カテゴリの記事

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

kwadaさん

まだヒロシマ・ナガサキの核使用を正当化しようとする考えが根強く残っているアメリカの代表として被爆地でひざまずくことは非常に勇気のいる行為です。でもそれは、オバマ氏自身が言った「核廃絶」を本当にするためには必要だと思うんです。どのような場合であっても核使用の正当性を論じることができなくするためには、被爆の悲惨さをぜひ学ぶべきで、そのようなことを論じるアメリカ人がいるのはひとえに無理解、無知のなすべきところだと思います。そういう意味では、オバマ氏がひざまずけなくても、被爆地訪問だけでも半歩前進くらいにはなると思います。

投稿: hide-tan | 2009年10月12日 (月) 06時32分

Hide-tanさん

日本でも同じような反応のようです。まだ、なにもしてないやん、プレッシャーかけるための授与かな、そんなところです。おりもおり、広島長崎が2020年のオリンピックに、非核のアピールを込めて開催立候補計画を発表しました。選ばれなくともアピール効果はあるでしょうね。でもそんなお金をかけずとも核について世界中のひとに考えていただきたい。私の数少ない経験ですが、学会でこられた客人に、HIROSHIMAにいくにはどうしたらよいかと聞かれたのは1回や2回ではありません。オバマさん、京都でお茶をいただくより、どうぞHIROSHIMAで。
kwada

投稿: kwada | 2009年10月11日 (日) 21時14分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« アボガドの食べ方が示す教訓 | トップページ | Fleet Week SF 2009(前半:SF Ferry Building Market Place) »