« パロアルトで本物の寿司 | トップページ | ノーベル平和促進奨励賞? »

2009年10月 8日 (木)

アボガドの食べ方が示す教訓

今日、同じラボのポスドクと、自分は食わず嫌いかどうかという話になり、二人とも、とりあえず試してみることが好きだということがわかりました。それは研究者としてはい良いことかもしれません。

それで、二人とも、
「始めてアボガドを食べた時は、まだ固いときに、しかも何もつけずに食べてまずかった」
という同じ失敗をしていたことが判明。

よく考えると、研究もそんなものかもしれません。
はじめての実験をしたり、はじめて見る現象を試したりする場合、予想に反した結果がでたときには、
1:予想が事実と違っていた
2:実験のやり方がまずかった

のどちらかです。

なので、アボガドの食べ方と同じように、実験もよくリサーチしてやり方を吟味して始めないといけないね、と当たり前のことを確認しました。アボガドの食べ方から、新しいことを始める時の教訓を得た午後のひとときでした。

|

« パロアルトで本物の寿司 | トップページ | ノーベル平和促進奨励賞? »

ラボのようす」カテゴリの記事

研究」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« パロアルトで本物の寿司 | トップページ | ノーベル平和促進奨励賞? »