« 読書感想文:「道ありき」 | トップページ | ボスが学会から帰って来た »

2009年10月22日 (木)

礼儀正しい不信仰クリスチャン

少しまえの話ですが、先日、いつものように『Men's Bible Study/Prayer Meeting』に参加してきました。 この集まりでは、2週間に1回、リーダー役lewisの家に5-6人の30-40代の男どもが夜な夜な上がり込んで聖書を学んだり、祈り合ったりするクリスチャンの集まりです。

いつもは、”子どもが学校に早くなじめるように”  ”妻と早く仲直りができるように”  ”旅行が楽しいものになるように”とかいう、具体的な祈りをするのですが、そのときは”家族や教会のことについて、神様しか変えることができないと思うこと”を祈りの課題に出そうということになりました。

以前、私のクリスチャンの友人が
”あの父がイエス様を救い主として受け入れるのは、たぶん無理。”
とがっかりした表情で語っていたのを思い出し、自分にとっても「たぶん無理」と思っていることがらについて話しました。あるメンバーからは、もっと複雑で難しい家族の人間関係、なかなか修復できない夫婦の思いのすれ違いなどがシェアされました。

これらの話を聞いて、

”あなたは、このような問題を解決するのは神にも不可能だと言うのか?”
”不可能に思えるようなことが、可能になるからこそ、神がされたことだと言えるのではないのか?”
”問題が大きければ大きいほど、難しければ難しいほど、解決をもたらされる神の栄光が大きく輝き出るでるのではないか?”

という御霊の語りかけを受けたように思いました。

聖書にはこう書かれています。
「神にとって不可能なことは一つもありません。」 ルカ 1:37

「人にはできないことが、神にはできるのです。」ルカ 18:27

また、子どもを直してほしいとイエスに願う父とイエス・キリストとのやりとりにこのようなものがあります。

...ただ、もし、おできになるものなら、私たちをあわれんで、お助けください。」

するとイエスは言われた。「できるものなら、と言うのか。信じる者には、どんなことでもできるのです。」

するとすぐに、その子の父は叫んで言った。「信じます。不信仰な私をお助けください。」

マルコ9:23-24

このあと、子どもの問題はキリストによって解決されました。
この父は、子どもを縛り付けている問題を自分の信仰の問題としてとらえ直し、不可能を可能にする神を信じたのです。私も自分の身の回りに起きている問題を解決できる神を本当に信じているのかと問われている気がしました。

このように、いろんな絶望的な問題が出されて、はじめはちょっとため息混じりの祈り会でしたが、

神には不可能なことはない

とう希望をいただくと同時に、自分たちの信仰を見つめ直し、”神はどのようなお方なのか”ということに目を向けることのできた感謝なひとときでした。

教会でも、他のクリスチャンの集まりでも、難しい問題や大きな問題が祈りの課題にあがると、

”それは、大変だな。一応祈ってみようか”的な態度で祈るようなこともしばしばあったのではないかと思わされました。
そんなときの祈りは、 ”ただ、もしおできになるものなら”と「礼儀正しく」、なんとも失礼で不信仰な、祈りの仕方ではあったのではないかと思います。

あなたには解決不能に思える問題はありますか?
もうあきらめて、ずいぶん前に心の引き出しの奥にしまっている問題はないでしょうか?

そのような問題を少し勇気をもって神の前に、私たちのためにいのちさえ惜しまなかった主イエス・キリストの十字架の下に持って来ませんか?

+++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++
神は不可能を可能にできるということ、それを信じる信仰をお与えください。アーメン。
+++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++

*上の記事は新約聖書からの引用です。アクセス数8万件突破記念、新約聖書無料プレゼントは継続中です。ご希望の方は私までメールをどうぞ。

|

« 読書感想文:「道ありき」 | トップページ | ボスが学会から帰って来た »

聖書・教会」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 読書感想文:「道ありき」 | トップページ | ボスが学会から帰って来た »