« 大きなビジョンと小さな一歩。 | トップページ | マルコの福音書(8):ガリラヤ湖のほとり(その2) »

2009年11月 3日 (火)

はじめての眼科検診

今日は、子ども達をはじめての眼科検診に連れて行きました。
Img_0505_2

アメリカの小学校では、集団で眼科検診とかしないので、個別に自分たちで眼科に連れて行かないといけません。
本当は長女minoriはもっと早く連れて行かないと行けなかったのですが、今回は私が緑内障疑いのフォローアップのため、二回目の検診を受けるにあたって、一緒に検診に連れて行きました。

私の方は、眼圧や視神経の所見はボーダーラインのまま悪化していなくて一安心。
子ども達も、はじめてでしたが、検眼士(Optometrist)のインストラクションにちゃんと従って、いろいろ検査を受けていました。

「次女はあやしいかも・・・」

という私の指摘通り、ayumiは、視力検査がいまいちで、メガネを付けると2段階ほどよく見えるようになっていました。日常の生活には支障はないが、眼を凝らさないといけない場面が多いのならメガネをつけてもよいかもしれないし、来年からでもよい、とのでしたが、私の予想がayumiの目つきが気になっていたこと、本人が「メガネをかけてみたい!」と言ったことから、メガネッコになってもらうことにしました。
Img_0506_2

子ども用のメガネもたくさんかわいい種類のものがあって(プリンセス系がほとんど)、かわいく見えること、メガネをかけるとよく見えるということで、本人はメガネをかけないといけないというショックはなく、なんだか逆にハッピーな様子です。

夕食のときも、「やったあ、わたし、パパと同じメガネチーム!」happy01と本物のメガネをかけられることを喜んでいました。
なんとも前向き・・・。smile実は、私もメガネでもいいやんって感じなので、ayumiのメガネの仕上がりがちょっとだけ楽しみだったりします。

|

« 大きなビジョンと小さな一歩。 | トップページ | マルコの福音書(8):ガリラヤ湖のほとり(その2) »

アメリカ生活」カテゴリの記事

医療」カテゴリの記事

育児」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 大きなビジョンと小さな一歩。 | トップページ | マルコの福音書(8):ガリラヤ湖のほとり(その2) »