« Bible 101 in Japanese: 聖書に基づくアメリカでの子育て | トップページ | Big Gameのあとで・・・ »

2009年11月22日 (日)

「無駄遣い」でない衝動買い

Img_9893
パロアルトの隣町マウンテンビューの教会で、フェアトレードのセールのイベントがありました。これは、Trade as oneというキリスト教会を通じたフェアトレードの試みです。

フェアトレードとは、開発途上国の人たちが作ったものを適正価格で購入し、その利益は直接その人たちに行くという富の再分配と彼らの経済的自立を目的としたものです。

期待通り、アメリカや日本ではみかけないようなユニークなものがたくさんありました。
綺麗な色づかいの手作りのバスケットや、バッグ、ジュエリーの他に、チョコレートやコーヒーなども。
Img_0518
Img_0519


子ども達は、ニットの帽子を購入。
私たちは、オリーブオイル(これは、聖書の舞台になっているパレスチナ地方ーオリーブオイル発祥の地ーで採れたオリーブをスイスで加工、USDA公認のものです)とチョコレート、コーヒーのセットとストラップ、ノートを購入。
これらすべてで80㌦あまりでした。
安くはない額だと思いますが、有名大学のロゴマークや、人気キャラクターに支払うお金が、貧困から脱出しようと頑張っている方々のもとに届き、励みになるのであれば、よい買い物だと思います。

こういうセールイベントは、ついついいろいろ買ってしまっても「無駄遣い感」が残らないのがいいです。
Img_9898

|

« Bible 101 in Japanese: 聖書に基づくアメリカでの子育て | トップページ | Big Gameのあとで・・・ »

アメリカ生活」カテゴリの記事

聖書・教会」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« Bible 101 in Japanese: 聖書に基づくアメリカでの子育て | トップページ | Big Gameのあとで・・・ »