« クリスマスメッセージ(1):イエス・キリストの系図 | トップページ | クリスマスメッセージ(2):イエス・キリストの誕生 »

2009年12月23日 (水)

人生の意味ーある中学生との問答

先日、ある知り合いに頼まれて、「人生の意味」についてのインタビューを受けることになりました。
カトリック系の学校に通うSくん(アメリカで育った日本人)の神学クラスの宿題だそうです。

英語で質問されて、日本語で答え、それをSくんが英語に訳してレポートにして学校に提出。
彼は、仏教徒のアメリカ人とクリスチャンの日本人という、その国民にしてはマイナーな信仰を持つ二人にインタビューしたようです。

では、わたしがお話した内容を紹介したいと思います。

質問1:人生の意味とはなんでしょうか?
>What is the meaning of life?

人生に意味というものがあるのでしょうか?

もし神がおられず、いのちの誕生や様々な人々との出会いが偶然によって起きていたら、人はどのように人生に意味を見いだすことができるでしょうか?旧約聖書にはすべては空(くう)であり、労苦には意味がないと言っています。(伝道者の書1章2-3節)しかし、この作者は最後に気付いてこういうのです。

あなたの若い日に、あなたの創造者を覚えよ。わざわいの日が来ないうちに、 また「何の喜びもない」という年月が近づく前に。(伝道者の書12章1節)

わたしは神がおられると思いますし、それゆえにわたしの人生には大きな意味があると思っています。
私にとって人生とは、私をお作りになった神の目的にかなったことをすることです。この世の人々を愛してやまない神が私を通して行いたいと願っておられることをすることです。
そして、その第一が神を知らずに、ひとりぼっちで人生を歩んでいる人たちに神様のことを紹介することです。

質問2:道徳や価値観はどこから来るものでしょうか?
>Where do morals and values originate?

道徳は、究極的には神から生じていると思います。どこの国でも殺人は犯罪ですし、他の人のものを盗んだり 、他の人の奥さんを勝手に自分の奥さんにするとかは認められません。なので、その社会で培ったルールであると言う考えは成り立たず、なにかユニバーサルな基準があるはずなのです。そしてそれは脳科学では証明できません。そのような心は神が人間の心に残した“神が人間をつくられた”という証拠だと思います。
価値観というのは、人それぞれの育った環境や信じていることがらにもよると思うのですが、わたしの価値観は、永遠に残るなにかというものを大切にするということです。自分の評判や名声のためにしたことは残りません。ただ神への愛ゆえにしたこと、神の前に捧げた何かに価値が生じると思います。イエスは「天に宝を積みなさい」と言われましたが、同時に「この小さなものにしたことは私にしたのです」とも「私のゆえに水いっぱいでも誰かに飲ませてあげるなら、それは神の前に覚えておかれる」とも言っています。


質問3:なぜ、この世にはなにもないのではなく、なにかが存在するのでしょうか?
>Why is there something and not nothing?

永遠の昔から存在する神が造られたからです。創世記1章には、“はじめに神は天と地を造られた”とあり、ヨハネの福音書1章には“はじめに言(ことば=神のみことば)があった。その言は神であった。この方によってすべてが出来た”と書かれてあります。また神はご自分の名前を“私はある=I AM”と述べています。神は永久(とこしえ)の昔からただ存在され、その神からすべてが生じたのです。それは、神がお造りになるものいにょってご自身の栄光を現し、造られたものが神の栄光を仰いで満ちたりるようになるためです。

神はご自身で、完結しておられたのですが、愛である神は、愛の対象として私たちを造り、そこに愛を現すこと、そして被造物が神との交わりに入ることを必要とするようにご自分をしむけられたのです。
そして、わたしたちも神との関係を保つことでその存在が満たされるのです。

「 まことに、水が海をおおうように、地は、主の栄光を知ることで満たされる」(ハバクク 2:14)

質問4:宇宙の彼方から、赤ちゃんの誕生に至るまで、世界がこのように複雑でかつ美しいのはなぜでしょうか?
> The universe- from the far reaches of space to the birth of a little baby - exhibits such complexity and beauty. Why is this so?

ケプラーは、天体の法則を見いだした時に、神の存在を確信したそうです。この世界が美しくコーディネイトされ、あらゆるものが秩序と法則によって存在し、今の人間の英知をもっても解明しえない様々なことがらが存在するのは、わたしたちの英知を越えたものの意志によって目的をもってこの世界が造られたのだと考えられます。

質問5:なぜこの世には多くの宗教が存在するのでしょうか?
> Why do so many different religions exist on earth?

“神の、目に見えない本性、すなわち神の永遠の力と神性は、世界の創造された時からこのかた、被造物によって知られ、はっきりと認められる(ローマ1:18)”
自分たちが造った覚えのない、また人間が作り出すことのできない世界を見る時に人は自分たちの能力、英知を越えた神の存在を考えるようになったのだと思います。人は神によって造られたので、神を否定することや嫌悪することはできても、まったく考えずに行きて行くことは不可能なのだと思います。
それで、それぞれの地域で、自分たちの理解に合うような神というものを考えだしたのが多くの宗教だと思いますが、新旧約聖書に書かれている三位一体の神は、神の方からの語りかけであり、人間の悟りによらないこと、聖書の書かれ方、書かれている内容がそれをサポートしていること、そして、それが当時の世界の中心ともいえる文明の発達したメソポタミアやエジプト、そしてローマ帝国といった地域をも舞台にして起きたという点でユニークです。

質問6:あなたの信仰心(あるいは無信仰)は、あなたの世界観にどのような影響を与えていますか?
> How does your faith or no faith inform your view of the world?

偶然のうえに成り立っているわけではなく、自然環境も世界情勢も、神の主権のもとに動いていると考えます。わたしたちは自然環境を大切にすることも、社会的秩序に従うことも神への愛ゆえに大切なことだと思います。


質問7:あなたにとって、どのようなものが美しく、どのようなものが醜いと考えますか?
> What determines something as beautiful and something as ugly?

どのように貧しく、また病気に冒されて働けない人でも、神の前に砕かれた心は美しいと思います。いっぽうで、どれほど素晴らしい社会貢献をしていても自分が自分の人生の神であるとするような高ぶった心、自分こそが知者だと思う愚かさは醜いものだと思います。イエスも、貧しいやもめを褒め、当時の宗教学者たちをその心の高ぶりゆえに非難しました。

質問8:人生の意味についての考えを変えたできごとは何ですか?
> What experience had influenced/changed your meaning of life?

神を信じるようになったことです。


質問9:これまで人生観を変えられたことは何回ありますか?
> How many times have you changed your meaning of life? If you haven't
changed it before, have you been tempted?

2回あります。幼い頃に信仰を捨てた時。そして高校生のときに再び神を信じるようになったときです。神を信じていなかったときは、生きて行くことが不安で、死ぬのがコワいと思いました。


質問10:あなたの信仰はあなたの人生にとって助けになっていますか?それとも重荷になっていますか?
> Has your belief of the meaning of life helped you in your life, or has it been more of a burden?

大いに助けられています。自分が目的をもって生きるためにこの世に生まれ、その目的をなしていくときにともに歩んで下さる神様がいてくださることは大きな喜びです。

質問11:人は、究極的には善であると思いますか、悪であると思いますか?
> Do you think that men are ultimately good or bad? Why or why not?

たしかに人間には神から与えられた道徳心のようなものはあるのですが、残念ながら、後者であると思います。人は悪いこと(嘘をつく、人のものを取るなど)は小さな子どもでも自然に身につけますが、よいことをするためには、教育やルールが必要です。聖書にも、「人の心は陰険である」とか「義人はいない」と言っています。神の要求する正しさには到達できないので、イエスの十字架が必要だったのです。
Img_0298

<感想>
質問をはじめて渡されたときには、こんな質問に答えられるだろうかと不安でした。
でもインタビューを受けてみて、多くの日本人から見ればかなり偏った考えに見えるかもしれないけれど、自分なりに答えをもっているということがわかりました。そして、それは神様なしでは語られないであろうということも。これらの質問と自分の答えを読み返してみると、わたしの存在というのは、神様なしでは考えられない、もし神が自分の人生にいないのであれば、わたしの人生は空虚なものであると考えざるを得ないのでした。だからわたしの出した答えはこれです。

Lord, I am nothing without You.
主よ。あなたがいなければ、私の存在には意味がありません。

にほんブログ村 海外生活ブログ サンフランシスコ・ベイエリア情報へ
にほんブログ村

にほんブログ村 哲学・思想ブログ プロテスタント(クリスチャン)へ
にほんブログ村

|

« クリスマスメッセージ(1):イエス・キリストの系図 | トップページ | クリスマスメッセージ(2):イエス・キリストの誕生 »

聖書・教会」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« クリスマスメッセージ(1):イエス・キリストの系図 | トップページ | クリスマスメッセージ(2):イエス・キリストの誕生 »