« しないと「もったいない」献金の話 | トップページ | これも教育的配慮? What Stanford Web Cal tells me... »

2010年4月30日 (金)

嘆くのではなく考えよ。

先日、私たちの研究をサポートしてくれているMご夫妻の家で、ルーマニアの医師夫妻といろいろ話をするチャンスがありました。

日本でも大学病院で働いているときは、医師6-9年目という状態でも医員という立場だとファーストフードの店員と変わらないほどの給料でしたが、ルーマニアの医師の話はさらにひどい状態でした。

家賃が4万円くらいのところ、給料が2万円くらいらしいのです。
しかも、研修医のとくだけではなく、そこそこの高額所得(といっても他のサラリーマン程度)になるには教授や部長クラスにならないといけないらしいのです。高い知識と厳しい研修、そして求められる責任は大きいのに全然割りにあわない、やる気をもって医者になっても、多くの者はやる気をそがれるか、優秀なものは外国へと流出していき、ルーマニアの医療は全然向上しない、と嘆いていました。

それで、自分はここでポスドクをしてるが、貧乏ポスドクといえ、ルーマニアで医者なんかしてるよりずっといいとのことでした。彼の奥様は晴れて、来年度からスタンフォードのレジデントになることができたそうですが、彼自身ここまで来るのにかなり苦労があったようです。

というのは、彼は医学の研究を志して医学部に入ったけれど、医学部の研究室にはお金がなく、実験ができないので研究室で論文を読むのが研究活動だったらしいのです。そこで研究の心得のある医師が唯一やりかたを知っていたのがアミノ酸解析だったので、彼は自閉症に着目して、幼稚園の入り口でお母さんに声をかけて協力を募り、自閉症の疑いのあるお子さんを集めて、その先輩のポケットマネーでアミノ酸を分析して、それを海外のラボで論文に仕上げたそうです。ルーマニアからは論文が出しにくいのでわざわざ海外に出て行き英語論文にして、それをもとに研究資金を当てて、学部生の間に6本の論文を書いて、医学部卒業をもってポスドクの身分にしてもらい(アメリカではMDもPhDと同じくドクター。つまりMDでもポスドクになれる)スタンフォードに来たそうです。

彼は、まわりの環境が恵まれていない中で、どのようにすれば論文を書けて、どのようにすれば研究資金を獲得出来て、どのようにすれば海外に出てさらに研究を発展させられるかをつねに考えて行動してきたのです。彼に比べると日本人として日本の医学部を出て、大学院で研究させてもらって学位をとらせてもらった自分がなんとも生温い環境で来たのかと考えさせられました(といっても自分なりには頑張ってきたつもりではいるのですが)。その一方で、どんなに状況が悪くても知恵を働かせて目標をしっかり定めてそのために必要なことをひとつひとつこなしていけば、大きな山でも登ることができるのだということを教えてもらい、勇気をもらうことができました。

私もこれから言い訳はすまい、状況が悪ければ悪いなりにどうするか、考えて行動することができるように、目標を達成するためにはプライドを捨てて、ひたすら目標に向かって地道な努力を積み上げていきたい、と思わされました。

|

« しないと「もったいない」献金の話 | トップページ | これも教育的配慮? What Stanford Web Cal tells me... »

スタンフォード大学」カテゴリの記事

医療」カテゴリの記事

海外留学」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« しないと「もったいない」献金の話 | トップページ | これも教育的配慮? What Stanford Web Cal tells me... »