« Lake Almanor & Lassen Volcano NP (2日目-2) | トップページ | 今年度最後の日本語バイブルスタディ&お別れ会 »

2010年6月 1日 (火)

祝福された誕生日。今日と39年前と。

今日、5月31日は誕生日でした。
もうすでにアラフォーと呼ばれる(この呼称は女性限定なのかもしれませんが)歳になってしまいました。この30代最後の誕生日を北カリフォルニアの湖の畔の素敵なB&Bで迎えることができて最高でした。

”妻と子どもたちが寝静まったB&Bの一室で賛美を聴き、祈る。ラジオからエペソ4:12-13が朗読される。キリストご自身が私を「キリストの満ち満ちた身丈に達するため」に「私の内に住んで下さる」(エペソ3:17)とは・・・なんということだろう!と戸惑いながらたった今、39歳になった。(5月31日午前0時5分)”

そして今日はいつもより早起きして、誰もいないB&Bのリビングに腰を下ろし、この日を迎えられた感謝を神様に捧げました。

昨日あたりから、続々とTwitterFacebookを通じて50人以上の方々からお祝いメッセージをいただきました。とても感謝でした。

たくさんの方々がお祝いを言ってくれる中で、私は自分のはじめての誕生日のことを思い描いていました。

私は39年前の今日、38週で帝王切開で生まれました。骨盤位のため体半分が出て「男の子です!」と言われ、抱き上げた助産婦さんにピューッとおしっこをひっかけたそうです。 そのとき両親はどんな気持ちで私を迎えてくれたのだろうか。 神様はどのような面持ちで赤ちゃんの私を見ていたのだろうか。

きっと神様は私の誕生を手を叩いて喜ばれ、そして天のみ使いたちは、壮大な音楽で祝ってくれたに違いない。そして同時に神は、この赤ちゃんに私はみ言葉の種を植えよう、そして命の木を生えさせ、多くの実を実らせよう、そのように思われたのだと思う。キリストの祈りが捧げられたと思う。

そして今日も明日も明後日も、同じことが世界の至るところで起きているのだ。そして、きっとあなたが生まれたあの日にも神は同じように喜び、同じように願い、同じようにあなたに寄り添われたのだと私は思います。

生まれてくるいのちに神に感謝。生まれて来たいのちに神に感謝。あなたのゆえに感謝。

Lake Almanorは美しいところですが、あいにく今日は曇りでした。
P5310980
しかし、その曇り空から太陽が照り始めた午後の帰り道、太陽の周りに二重の虹の輪が出来ていました。
神様が私に二重丸◎をつけて誕生日を祝って下さっている!happy01
・・・勝手にそのように解釈出来るわたしは本当に幸せだと思いながらパロアルトへと向いました。

Img_2662

|

« Lake Almanor & Lassen Volcano NP (2日目-2) | トップページ | 今年度最後の日本語バイブルスタディ&お別れ会 »

家族」カテゴリの記事

聖書・教会」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« Lake Almanor & Lassen Volcano NP (2日目-2) | トップページ | 今年度最後の日本語バイブルスタディ&お別れ会 »