« 月夜のこうもり:Brannan Island SRA | トップページ | 入れ物を見れば中身がわかる?:教義と教会建築 »

2010年7月25日 (日)

カリフォルニアの野生動物について学ぶ:Walnut Creek, CA

今日(7月24日)は、今まで行きたいと思いつつ、ずっと先延ばしにしていた場所へ。
それはLindsay Wildlife Museum。(ここはOakland Zooのメンバーシップを生かして半額)
Img_3417
この博物館は、SFベイエリアにあるCoyote Point Museumの動物展示の部分は似ているのですが、ここはカリフォルニアの野生動物に保護や治療を施し、再び野生に返すこと、また野生動物の研究をしている機関です。ここには、野生に返ることが難しくなった動物のみを飼育して展示しています。

アメリカの象徴、Bald Eagle。 鎖につながれて可哀想ですが、どのような状態で保護されて、なぜ野生に帰れなくなったのかが書かれてあります。
Img_3419
Bob Catは赤ちゃんのときに保護されて、ここで育っているそうですが、餌を与えるデモンストレーションをしていました。
Img_3463
小規模ではありますが、スタッフの人たちが熱心にいろいろ解説してくれてよかったです。
Walnut Creekも素敵な街なので、街を散策するのに合わせて訪れるにはよいところだと思います。

Img_3471


Img_3473

|

« 月夜のこうもり:Brannan Island SRA | トップページ | 入れ物を見れば中身がわかる?:教義と教会建築 »

アメリカ生活」カテゴリの記事

家族」カテゴリの記事

旅行・地域」カテゴリの記事

育児」カテゴリの記事

コメント

hachi-tan
出ました!!次のブログ記事をお楽しみに!

投稿: hide-tan | 2010年8月 1日 (日) 13時24分

カリフォルニアに虎はいないんですか?
http://beye2.com/item_25589.html
http://d.hatena.ne.jp/mmesachi/20100717

投稿: hachi-tan | 2010年7月30日 (金) 09時10分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 月夜のこうもり:Brannan Island SRA | トップページ | 入れ物を見れば中身がわかる?:教義と教会建築 »