« イエローストーン/グランドティトン旅行記(1日目-2:モルモン教の特徴と起源) | トップページ | イエローストーン/グランドティトン旅行記(2日目-2)かつては湖だった。 »

2010年8月 9日 (月)

イエローストーン/グランドティトン旅行記(2日目-1)十字架を仰ぐ、天を仰ぐ。

おいおい、なかなかイエローストーンに辿り着かないやないかというお叱りメールは今のところ戴いていませんので、もうちょっと寄り道を。

今日(8月8日)は日曜日ですので、教会の礼拝に出席してからの移動です。
今回私たちは、ソルトレイクシティの北東、Park City, UTにあるMountain Life Churchという教会の礼拝に参加しました。
Img_1325
ここの、礼拝スタイルはインフォーマルでリラックスした感じでした。
なんと、礼拝の途中に休憩が入り、みんなコーヒーを飲んでしばし歓談。

そうか、そうやって歌を歌ってカラカラになった喉を潤し、隣に座った人に話しかけたい衝動を満足させ、生理的な用を足し、コーヒーでもう一回目を覚まさせてから、説教を聞くのか・・・。

色々な礼拝のスタイルがあるとはいえ、斬新。でも田舎らしいといえば田舎らしい。

旅先での礼拝は、慣れていていつも楽しみにしていますが、この教会は、ガラス窓を広くとっていて、チャペルの前部は十字架の向こうに青空。十字架を仰ぐと、自動的に天を仰ぐようになっています。素晴らしい・・・。
Img_1321
他の窓からものどかな田園風景が広がっていて、リラックスできます。
Img_1322
こうやって、縁もゆかりもないアメリカの田舎で、誰一人知らない教会で、妻とふたり並んで礼拝に出ていると不思議な気持ちになりました。学生時代に、クリスチャン学生の聖書合宿で出会った妻と、こんなところでこうやって、あのときに祈り、賛美を捧げていたのと同じ神を礼拝している。時を経て、場所は変わったけれど、同じ主イエスの十字架を見上げ感謝している。

私たちの神はたしかに、私たちを導いておられる。
この神は、私たちが天の御国に入るまでしっかりと手を握り守って下さる。

そんなことを感じた旅のはじまりでした。

|

« イエローストーン/グランドティトン旅行記(1日目-2:モルモン教の特徴と起源) | トップページ | イエローストーン/グランドティトン旅行記(2日目-2)かつては湖だった。 »

旅行・地域」カテゴリの記事

聖書・教会」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« イエローストーン/グランドティトン旅行記(1日目-2:モルモン教の特徴と起源) | トップページ | イエローストーン/グランドティトン旅行記(2日目-2)かつては湖だった。 »