« ダライ・ラマ14世、スタンフォードで「思いやり」を語る | トップページ | 心からのおもてなし(Thanksgiving 2010) »

2010年10月18日 (月)

読書感想文:「ゲノムと聖書」"The Language of God" (フランシス・コリンズ)

以前、スタンフォードにも講演に来られたことのあるFrancis Collins氏の著書である「ゲノムと聖書」という本を読みました。ずいぶん前にほぼ読み終えていたのですが、巻末の補遺のところを読んでいなかったので感想文を載せていませんでした。実は、講演のときに原著は購入していたのに以前のブログ記事にあるように講演内容に少しがっかりする面もあり、それと、英語を読む労力ということもあって(こちらの方が大きいcoldsweats01)、手をつけずにいました。

今回、7月にお会いした翻訳者のはちこさんに訳書をいただき、読ませていただきました。難解な内容であるはずなのに読みやすくなっているのは、心理学を研究されていたはちこさんと夫のぼぼるさん(シカゴ大学地球物理学)がしっかり噛み砕いて、正確な記述でありながらやさしい口調で書かれたからだと思います。このような本を訳すのには本当にパーフェクトなお二人です。

本当に素晴らしい本で、おそらく☆5つ!という人が多いのではないかと思います。実際、本日の時点ではアマゾンのレビューでは、☆4つ半です。私にとっては、多くのポジティブなことに対して二点だけネガティブな点があって☆4つ。講演のあとの落胆を随分と回復させていただいた点で読んでよかったです。
Img_1679

もっとも感銘を受けたことは、内容がクリスチャンにもそうでない人にとっても議論を起こしそうな話題であるゆえに、真摯に科学と信仰と向かい合い、客観的なエビデンスを丁寧に書かれていて、謙虚に自分の考えをのべていること、その主張の根幹に世界の人々に対する愛が感じ取られたことでした。これは、はちこさんも著者の熱い思いに感涙だったと仰っていたことからもそのとおりだと思います。

そしてもっとも学んだこと。それは、クリスチャンが冷静かつ正確な知識に基づくようなものごとの捉え方をしないと、誰かがキリストと出会い、信仰をもつときの妨げになる可能性があるということ。なので、信仰の本質的なことにふれない部分で心を閉ざし、現在の科学的認識に反することを「神の意に反する」とか言って、声だかに叫ぶべきではないということ。

この本を読みながら、ひとつの確信が強くなっていくのを感じていました。それは「ダ・ヴィンチ・コード」が巷で話題になったときにも思ったときと類似していました。それは、科学を真摯に、丁寧にみつめていけば、いつかそこに神の指の跡を見いだすことができるという確信です。

残念な点は、次の二点。まず、有神論的進化論(神が天地を創造し、目的を持って生物を進化させて人類を誕生させたということ)をサポートするのがこの本のひとつの目的であるのに、一般向けの本ということもあって、それをサポートする科学的エビデンスをもう少し多く記述してほしかったと思います。たとえば、創造論者が提唱している化石の年代の測定法の問題点についての反論があるなら(はっきりした反論はしていないがそれを臭わせています)、ちゃんと紙面を割いて説明すべきであったと思います。次に、(ここは訳者であるはちこさんとぼぼるさんが、この著者の長所として挙げられている点なのですが、)「何を信じるのかは一人一人がよく考えて決めるべきだ」で終わっているところ。

私も、誰かに聖書の話をしたりするときには同じように「何を信じるかは、個人の自由です。ただ、人生で一度くらいは世界でもっともよく読まれている聖書にふれて、しっかりと考えてほしい。」と言います。でも、言い方にこそ違いはあれ、つい、こう付け加えてしまいます。「そうなんだけど、でもやっぱり、私としては◯◯さんにイエス・キリストのことを信じてほしい。なぜかというと、やはりこの世で終わりじゃなくて、◯◯さんも救いを受けて、天国でもおつきあいを続けたいと思うんです。」
フランシス・コリンズ氏も、せっかく最後まで読んでくれた読者に対して、最後にひとこと、このような思いを書かれてもよかったのでは?と思うのです。この本を読めば、彼の心に人々の魂の救いを願うあたたかい心は感じ取れます。なにかの圧力があったのか、ご自身でそのように判断されたのか真相は不明ですが、そのような個人的な思いを書かれてもよかったのではないかと思うのです。それは信仰の強要ではなく、読者に対する真実の愛の表れだからと思うのです。

これを読んで、以前のブログ記事から私の思いが変わったところは、コリンズ氏が深い考察のもとに「有神論的進化論」を支持するに至ったのだということです。他はおおむね、2年前の記事にあるのと考えは変わらないのですが、それでも上記に書いたように意識を変えられた部分もあり、ますます謙虚にそれでいて真摯に科学にとりくみ、そして慎重に思慮深いことばをもって科学をするものとしての信仰を弁明していきたいと思いました。

ゲノムと聖書:科学者、〈神〉について考えるBookゲノムと聖書:科学者、〈神〉について考える


著者:フランシス・コリンズ

販売元:エヌティティ出版
Amazon.co.jpで詳細を確認する

|

« ダライ・ラマ14世、スタンフォードで「思いやり」を語る | トップページ | 心からのおもてなし(Thanksgiving 2010) »

研究」カテゴリの記事

聖書・教会」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« ダライ・ラマ14世、スタンフォードで「思いやり」を語る | トップページ | 心からのおもてなし(Thanksgiving 2010) »