« 2010年10月 | トップページ | 2010年12月 »

2010年11月

2010年11月28日 (日)

【保存版】SFベイエリア、クリスマスイベント(2010)

サンクスギビングが終わるとすでにクリスマスシーズンですね。

そこで、周りの友人へのお知らせもかねて入場無料のクリスマスイベントをリストにまとめました。(写真は去年のものです)

私たちが通うプロテスタント教会(Peninsula Bible Church) <PBC>のイベントもどなたも歓迎です。参加して下さる場合、前日までにお知らせいただけると幸いです。

Los Altos Festival of Lights Parade (本日!)
(ロスアルトスのパレードです。規模はまあまあですが、夜なのできれいです。)
Img_9964

Christmas In the Park (Nov 26-Jan 1)
(サンノゼでクリスマスのディスプレイがあります。)
Img_0197

San Jose Holiday Parade (Dec 5 8:30AM~)
(パレードがあるみたいです。朝が早いのでご注意。)

<PBC> Christmas Carol Sing & Dinner (Dec 5)
(クリスマスキャロルを歌うイベントです。そのあとでディナーがあります。食事代3㌦/人のカンパ)

Christmas Spectacular (Dec 10-12, 17-19)
(サンノゼにあるメガチャーチのとても豪華なショーです。これが無料とは信じ難いです。席上献金はありますがするしないは自由です。)
Img_0284

Bethlehem - Walk Through the Christmas Story (Dec 9-13)
(イエス降誕のようすを再現しているものです。当時の街並や暮らしを再現し、らくだやロバも本物で、ローマの兵士たちも凄みがあります。これはかなりおススメ!)
Img_0375

<PBC> Bible Study 101 in Japanese クリスマス会 (Dec 18)
日本語バイブルスタディのクリスマス会です。聖書からのクリスマスメッセージとケーキ、子どもたちのプレゼント交換(3ドルくらい)などでクリスマスのお祝いします。普段バイブルスタディに来ていない方も歓迎です。詳しくはhide-tanまで


Christmas Eve Service (Dec 24)
(クリスマスイブ礼拝です。お子様も参加できます。普段教会に来ていない方もどうぞ。)

問い合わせは、hide-tanまで。

| | コメント (0)

感謝祭のあと、黒金セール。

アメリカではThanksgivingのあと、いろんなところでセールがあります。
これをBlack Friday Saleと呼びますが、これは大抵、週末まで続きます。
(そして、そのあとでCyber Mondayというオンラインのセールがはじまります)

Thanksgivingは家族が集まって、定番の料理を食べるという面で日本の正月と似ています。
それで、そのあとでデパートやモールの福袋に並ぶという感じが、このブラックフライデーです。

今年はアメリカ最後のサンクスギビングになりそうなので、3年ぶりに行ってきました。
まずはじめは、オンラインのセールでNikon D7000を購入。

昨日は近くのショッピングセンターにある、Kohl'sGilroy Premium Outlet、そして最後にキリスト教書店(Berean)に行ってきました。

私は、ダウンベストと長袖シャツ(フォーマルとカジュアル)と通読用聖書(The Message)と、心拍モニター時計を購入。
Img_1874

妻nori-tanは、ル・クルーゼの商品をいくつか買ってご機嫌でした。(これはかなり安く買えたようでかなり興奮していました。)
Img_1872

で、今日は、子どもたちのダウンジャケットをCupertino Squareのモールで購入しました。
ここは、JCPennyMacy'sSearsという三つのデパートが入っているところで、今日のような雨の日にはインドアで効率よく買い物ができていい感じです。(もっと多くのお店で買い物したい場合は、Valley Fair Mallがおすすめですが、ここはセールのシーズンはかなり混みます)Img_1880それぞれJCPennyとMacy'sでお気に入りをゲットしたので、この2、3年は暖かく越せそうです。

| | コメント (0)

2010年11月26日 (金)

心からのおもてなし(Thanksgiving 2010)

今日はThanksgivingです。

これは、アメリカに移民した人々が、食料不足や病気で多くが亡くなっていくなかでNative Americanの人々の助けを借りてはじめの収穫をするに至った人々が、助けてくれた人々と神様に収穫を感謝するためにお祝いしたのが始まりです。

渡米当初は、日本人のお友達と夕食をし、1年後はディズニーランドに行って、2年後は日本語教会のサンクスギビングランチに出掛け、今年は教会の友達からお招きをいただきました。相変わらずどんなけ部屋があんねん!とあきれる程に広くて素敵なお家です。(写真は子ども用のテーブル。)

Img_1859

サンクスギビングでは、ターキーとマッシュドポテトがメインで、それにグレービーソースとグランベリージャムをかけるのが定番です。普通ターキーは少しクセがあるのですが、今日のはとても美味しくておかわりしました。

今夜はそれに加えて、友人の義母の手作りJell-O(これは市販のものと違って絶品)も加わりました。そしてデザートは同じく手作りのアップルパイとパンプキンパイでした。とくに後者はシナモンと生姜でスパイスを利かせていて美味でした。

Img_1865
今日は、その友人家族の家に、義理のお母さんとそのお友達、同じ教会の若い男性ともうひと家族(中国人の研究者)が招かれていました。新しくあった人どうしも打ち解けてとても楽しい会になりました。彼らのホスピタリティに脱帽でした。
友人がこのように大切なサンクスギビングの夕食に招いてくれたことは本当に嬉しかったのですが、それよりも

「なんとか、ここに残る方法はないのか?本当に来年帰国しちゃうのか?」

という問いかけが、私にとっては最もうれしいおもてなしでした。
おそらくアメリカで過ごす最後のサンクスギビング。美味しい料理とあたたかい交流に心からあたためられた気がしました。

| | コメント (0)

« 2010年10月 | トップページ | 2010年12月 »