« ファミリーバイスタ(ノアの箱舟-5-)恐竜はノアの箱舟に乗ったのか | トップページ | ファミリーバイスタ(ノアの箱舟-6-)人類は兄弟姉妹!聖書は他の本と違う。 »

2011年1月21日 (金)

ラボでの公用語と日本人の感覚

昨日、スタンフォードメディカルスクールが主催の職場環境や人間関係についてのセミナー(出席が義務づけられている)に出ました。トラブルのケースは雇用者対雇用主という関係が多いようですが、この点は私のボスはよくできていると思いました。少なくとも私はボスを(大筋で)信頼していて、お互いに率直に意見を交換しあいながらこれまでやってきました。

さて、このセミナーのグループディスカッションで職場で英語以外の言語でしゃべりまくる同僚に悩まされているケースが例に挙げられていました。Img_7192

それって、まさに僕のことだけれど、「話してる内容がわからないから、無駄話なのか仕事の話なのかわからないから注意できない。」という意見が出ていました。

実は私にとってはそれはどっちでもいいのですが、ずっと隣で中国語を喋り続けられると気遣いがないと思ったりします。でもそういう風に思うのは日本人の感覚なのかもしれないです。中国人にとってはそういう気遣いは無用ということで失礼にあたらないのかもしれない。
いっぽうで、日本人がこちらの職場でまったく日本語を話さないのかというとそういうことでもなさそうです。私のラボには日本人はいませんが、日本人の友達が遊びに来たり、実験の相談に来たりしたときには日本語で会話します。ただ、話が長くなりそうで日本語で雑談したいというときなどは廊下に出たりします。

ネイティブでない者どうしが会話をするときに正確に意思疎通出来る言語を使うのも容認するべきものなのだといのも賛成です。そういうのは微妙なのですが、程度と心がけのバランスなんだと思います。たしかに「郷に入れば郷に従え」というのお一理ありますが、よりよい世界をつくるためには良いものは外からでも取り入れるというのもいいのではないかと思います。そういう意味で日本人的な微妙な気遣いは、国際的にも受け入れられる感覚ではないでしょうか。

ちなみにこのケースに関する私の中国人の同僚たちの意見は「だったら、このラボは中国語も公用語にするべきだ」でした。なんとも予想通りでアメリカ人の院生のnickと私は苦笑してしまいました。

|

« ファミリーバイスタ(ノアの箱舟-5-)恐竜はノアの箱舟に乗ったのか | トップページ | ファミリーバイスタ(ノアの箱舟-6-)人類は兄弟姉妹!聖書は他の本と違う。 »

アメリカ生活」カテゴリの記事

スタンフォード大学」カテゴリの記事

ラボのようす」カテゴリの記事

海外留学」カテゴリの記事

コメント

Do not enough money to buy a building? Don't worry, just because that is available to take the loan to solve such kind of problems. So take a term loan to buy everything you need.

投稿: MarquitaNOBLE | 2012年7月 8日 (日) 08時51分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« ファミリーバイスタ(ノアの箱舟-5-)恐竜はノアの箱舟に乗ったのか | トップページ | ファミリーバイスタ(ノアの箱舟-6-)人類は兄弟姉妹!聖書は他の本と違う。 »